真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

 ◇日々法語(1)

 

日々法語(1-50)

日々法語(1-50)
 
人間界の悩みに随順していく態度=念仏生活=菩薩行
48願講義p225
 
自分の衷心願いになりきって正直に進む そこにしか成就なし
48願講義p257
 
五通力は内部に満たされる幸福を与える本願であろう
四十八願講義p52
 
草草のよびかわしつつ枯れていく
愛欲・名利をかみしめる念仏によって功徳の体となる(問答2p28)
 
念仏申せ、念仏申せば限りなき力が与えられる
金子先生み言葉集 9日のページ
 
称名は能く衆生一切の志願をみてたまう
行巻p161
 
至徳の風静かに衆禍の波転ず
行の巻p192
 
精神とは働いているそこにあるものだ(信仰問答1−13)
衆生仏を憶すれば現前当来遠からず
 
日常生活が念仏一つで大悲心の行われる機縁となる
常行大悲の益(p222)
 
自己に満足して求めず争わず、天下これより大なるなし
信仰問答2 p77
 
相互に敬愛すべしということが現代に必要
信仰問答4 p25
 
礼拝称名は人間生活の姿勢である
信仰問答6 p30
 
念仏して姿勢を調えれば(内なる)原動力の妨げるが除かれる。そのとき与えられて
信仰問答6 p32
 
無碍光如来の光に包まれて生きる尽きせぬ喜び安らかさ
摂取不捨の利益(寺川ご本(19日)
 
いきいきと如来を感ずる行い=本願に目覚めた感動をおおらかに南無阿弥陀仏と表白
寺川先生p46
 
念仏に「まこと」が溢れるようにはたらき出てくださる
寺川先生 p49
 
念仏に賜る真実が、私を生かす
寺川先生p61( 私見 生かす=揺り動かす=鼓舞する)
 
煩悩を具足しながら至無上大涅槃という一道に立つ
寺川先生p73
 
摂取不捨は私たちを光の中に生きるものとする大悲のはたらきです
寺川先生p84
 
釈尊の教えでおおらかに念仏するものになっていくのです
寺川先生27日真の仏弟子p117
 
今日を生きる勿体なさ
人間と生まれたありがたさ、仏法に遇える忝なさ
 
ムカッパラを立てるボロクソを言うイジワルをする
念仏詩抄p127 、フイっと地金が(出る)
 
いつも念仏の外に居る外に居るのに内に居る
念仏詩抄p165ご恩徳
 
み名がヒタヒタうちよせる乾いた胸に乾いた心に
念仏詩抄p84 じかづけに
 
六波羅蜜は智慧の念仏、念仏の信心の働きから具わる
念仏することによって与えられる六波羅蜜というものがあるに違いない
 
譬如日光覆雲霧   雲霧之下明無闇
み名呼べばみ仏の心流れ来て我が心身暖かし(愚作)
 
念仏が与えられば 人間生活がみんな味となる。世間の内にありながら佛教の徳が与
問答2p28
 
おんはからいに任すという感情を抱かせるのが念仏
問答5p36
 
浄土は念仏の中に受容する今の私の精神世界(私見)
私の浄土には先人が多く賑わっています(これも密かな私見)
 
正覚大音響流十方
覚りのみ声はるかにも、あまねく四方にひびくなり
 
凡夫は煩悩の泥の中に居る生活を省みながら念仏申す
現生十種の益p111のー2行の読み替え
 
冥衆護持とは目に見えない神々・祖先の魂の護りである
現生十種の益p124の3〜4行の読み替え
 
睡眠懶惰なれども二十九有に至らず
現生十種の益p157(不退転)
 
念仏して行えば日常生活というものそのままが行である
現生十種の益p160(−3行)
 
涅槃界の光に照らされて苦しみながら苦しまない境地あり
現生十種の益p213
 
経と仏語に従えば外の雑縁さらになし
現生十種の益p72
 
念仏申せば万の仏はそれぞれの徳においてお護り下さる
現生十種の益p84の要約
 
阿弥陀仏の名において感じさせていただくところにまします
現生十種の益p86 朱線部分要約 
 
亡くなられた人の行方を問う=宗教的要求=後生菩提
現生十種の益p92の要約
 
受施を作したもうとは私の気持ち受けて徳を与えたもうこと
現生十種の益p98の要約
 
心多歓喜の益
信心は火 歓喜は煙のようなもの
 
冥衆護持の益   諸仏護念の益
 
名号称ずるに行住座臥もえらばれず時処諸縁も障りなし
 
憶念の心 常にして仏恩報ずる思いあり
 
多くの煩悩を解いてそこに柔らかさを与えるものが音楽
 
信心は火 歓喜は煙のようなもの
 
煩悩無尽大悲無倦と雪が降る
 
冥衆護持・心多歓喜の益
 
光明てらして朗らかにいたらぬところはさらになし
 
念仏は疲れた私に大悲無倦常照の身を知らせ下さる

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710
──────────────
浄土真宗
──────────────

<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710