真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 
フォーム
 
2018年11月5日(月)
 
 
 
 
 
 
〇今日の念仏所感
 
ご本尊への報告)
法務    月忌は地元2軒(9時・14時30分)、持専寺報恩講(結願日中)・17時(今朝連絡を
受けた)地元HK家「49日前日勤め」(明日、黒部市生地お手次寺院で49日・納骨とのこと)・
夕方に死去案内のあった浦山KN様(享年84・女性、交通事故死)の枕勤めでした。
 
準法務   11時に東京から観光女性に朱印帳対応でした。
 
温泉入浴   10時台にゆったりと温まりました。
 
フルート  15時過ぎから順調にスタートしたのですが、16時30分から次々と3件の電話で落ち着
かなく中途半端に終わりました。(以上報告終わり)
 
今日は15時過ぎフルートを始めるまでは、ほぼ念仏イメージどおり順調に法務等に勤しんでいた。
しかし、フルートを始めて1時間たったころ続けて3件の電話。すっかり気分が変わり、念仏も忘
れて忙しく動き回った。
1件目の電話では、先日お渡しした法名軸が釈利生とすべきところ釈利行になっていたとのご指摘。
「十分、元の法名を確認しなかったなあ。」と自分のミスを悔やみ落ち込んでしまった。(丁寧に
お詫びし、11日訂正に伺うことにした。)
2件目の電話では、予定より30分早く、「49日前日勤め」に行くことになり、フルート片付けに大
慌てをしてしまった。
3件目の電話は懇意の方の交通事故死の案内。驚き慌てた。電話受けて1時間半後念仏しつつセレ
モニーホール黒部に出かけ、どうにか枕勤めと打ち合わせをした。
 
 このように振り返ると、念仏を忘れている自分、失敗を悔やむ自分、慌てふためく自分が見える。
と同時に、自分に注がれているお呼びかけを実感し念仏する。そして、少し心を穏やかにさせてい
ただく。
 
 
〇今日の言葉
いつもお念仏の外に居る 外に居るのに内に居る こんなおかしいことはない こんな不思議なことは
ない 外に居るのは私の性(しょう) 内に居るのはご恩徳 ナムアミダブツのご恩徳
ナムアミダブツ ナムアミダブツ
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p165ご恩徳】
明日(6日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい) 
   11時台 温泉入浴
   13時~15時30分 入善方面(円林寺報恩講)
 
    
 
 

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710

──────────────
真宗大谷派
──────────────

030861
<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710