真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 
フォーム
 
2018年11月2日(金)
 
 
 
 
 
 
〇今日の念仏所感
 法務は8時半に地元月忌を勤め、朝日町羽入五七日・入善で月忌を勤め
12時前に終えさせていただきました。
 
準法務は一昨日受付の金沢市男性宛て朱印紙作成、投函しました。
 
13時台は温泉入浴で快く念仏しつつ身体を温めました。
 
フルートは2時40分から、じっくりと始めましたが、DSブランドさんか
らリニューアルHP(12月上旬に切り替え予定)の電話指導を16時頃、
30分以上受けました。この間、中断のため、正味練習は2時間弱となって
しまいました。
(ここまでは、本尊への報告であることを意識して 「・・・ました」調に
してみた。)
 
HPは念仏日記を中心に2010年から毎日欠かすことがなく更新している。
(この間、数年前、一度リニューアルした。今回二度目、トップページ等大幅に
変わり、毎日の編集も能率的になりそう。)11月はその移行期間で現在のHP
と未公開のリニューアル用HP両方更新していく予定。
 
 こんなにしてまでHPを更新することについて念仏思索。次のようにHPに対
する今の気持ちを整理してみた。
 〇念仏日記は、住職としての一日の念仏生活を本尊に報告することに意義がある。
(「ナンマンダブツナンマンダブツ」と念仏して報告する中にご本尊からの、「ご苦
労さん」という、声なき声が聞こえてきて、気持ちがスッキリし明日の念仏生活の糧
となっている。)
 
 〇したがって、HPにしなくてもよいはずだが、公開することで、他の方に読んでい
ただけ、念仏生活のありのままを共感していただいているように実感している。
(大げさに言えば)住職としての自信教人信の活動と受け止めている。そのように念仏
イメージすると作成に励みが付く。(HPの利点と思っている。)
 
〇毎日HPを続けていると住職物語の主人公を演じている気がして楽しい。
 
 
〇今日の言葉
自分はこの家の主ではない、自分はこの家に置いて貰うているのである、一
軒の主は仏であると思わしめられることは、一つの大いなる救いとなるので
あります。・・而して何一つするにも、主人なる仏にお聞きしてゆくことに
なるのであります。・・自分の家に仏様を安置するのではない、仏様の家に
置いて頂くのである、ということは尊いことと思うのであります。
【コマ文庫発行金子大栄著「観無量経講話」仏の家に住む身p223】
明日(3日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい) 
   9時~12時30分 入善方面
   13時台  自坊で法要
   15時台 温泉入浴
 
    
 
 

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710

──────────────
真宗大谷派
──────────────

030861
<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710