真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 

序文

序文
 
私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
   
今日の仏教讃歌  光はみちて
 
フォーム
 
2018年7月6日(金)雨
2018-07-06
起床
4時(6時間睡眠)
早朝日課
計量(63.7㎏=昨日比+0. 1㎏)HP更新、編集→5時45分 (本堂行き) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(6:30)
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・7時
フルート朝練
・8時
朝食→念仏仮眠(寝室)
・9時
(坊守協力運転)セレモニーホール東部行き→念仏しつつ葬儀に向けて心身の姿勢を整える
・10時
入善町東狐NO様(享年91女性)の葬儀【導師養照寺様の助音(じょいん)を勤める】
・11時台
(坊守協力運転)東部斎場で火屋勤め→11時50分帰寺
・12時台
昼食→念仏午睡
・13・14時台
パソコン室で「ひまわりの約束」のフルート練習・おりこうブログの方に電話で、HPの編集の指導を受ける【朝のお勤めサイトを全面改良・スマートホンから毎朝のお勤めを聞いていただけるようにする。来週月曜日のお勤めから本格化の予定】
・15時
(正信偈徒歩)地元2区NY家月忌
・16・17時台
13・14時台の電話指導に基づき1週間分の朝のお勤めサイトを改良。【その日の曜日をクリックすれば、お勤めが流れて、和讃をクリックすればその日の和讃等を観ることができるようにしたい。ほぼその見通しが立つ。来週月曜日からはスマートホンでも聞けるようにしたい。
・18時20分
お夕事・閉障→晩酌【白ワイン300CC・副食3品】(坊守は滑川Aさん宅泊り・一人晩酌
・19時
NHKニュース【九州地方の大雨特別警戒・麻原彰晃はじめオウム真理教元信者死刑執行のニュースをみる。
・19時30分
日記付け・HP更新・編集
就寝
21時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は、午前、セレモニー東部ホールでの葬儀、15時地元月忌だった。
あとは、フルート少々、残りの時間はHP「朝のお勤めサイト」改良に時間を費やした。
 毎日更新のHPはご本尊への法務等報告と私自身の念仏生活を深めるためだが、「少しでも多くの方に共感していただき、読む方の生活念仏・リビング念仏のヒントになれば。」との思いもある。「今回の改良によって『朝のお勤め』を一人でも多くの方にきいてもらえたらなあ。」と願いつつ念仏する。
○今日の言葉
 
 
 
日々の世俗にまみれた日暮らしの中で、笑ったり泣いたりし、また腹をたてたり、喜んだりしながら、ともかく仏を思うて称名念仏する、その生活念仏によっても、まことの「めざめ」体験をひらき、仏になっていく道が開けてくることを、わが身をかけて明かしてくれたのが親鸞であります。・・真宗の行道、仏道とは、こういう生活念仏によって、まさしく「めざめ」体験、信心をひらいて、仏に成っていく道をあかすものであります。【法蔵館発行信楽峻麿著「真宗の大意」生活念仏・リビング念仏の道】
 
2018年7月5日(木)雨 【音沢線雨量100mm超で通行止め】
2018-07-05
起床
4時(7時間睡眠)
早朝日課
計量(63.6㎏=昨日比±0㎏)HP更新、編集→6時20分 (本堂行き) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(6:40)
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・7時10分
フルート朝練
・8時
(木曜日)可燃ゴミ出し(8時40分頃収集車着)【カラス番しつつ剣玉、閉眼片足立ち
・8時40分
朝食
・9時
(正信偈徒歩)地元5区MH家月忌
・9:40~11:50
フルート公開練習(本堂前部屋→本堂)
・12時台
昼食→念仏午睡
・13・14時台
パソコン室で「ひまわりの約束」のフルート練習①【8月4日岩隆寺様での暁天講座にこの曲の演奏を昨年の暁天講座の折り、頼まれる。今日はユーチューブで聞き・ICレコーダー録音。粗々と練習、メロディーを耳に残すようにした。「これから、毎日少しずつ丁寧に練習しよう。」と念仏イメージ。
・15時
(正信偈徒歩)地元3区SH家月忌
・15:40~17:00
パソコン室で「ひまわりの約束」のフルート練習②
・17時
通夜の準備
・17時40分
(坊守協力運転)途中円林寺に寄り所用・セレモニーホール東部行き
・18時15分
同ホールで骨ガメ書き入れ・念仏しつつ通夜に向けて心身の姿勢を整える
・19時
入善町東狐NO様(享年91女性)の通夜【前回と同じパターンで法話】
・19時50分
(坊守協力運転)帰寺
・20時30分
お夕事・閉障→晩酌【白ワイン200CC・副食3品】
・21時
日記付け・HP更新・編集
就寝
22時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は、午前、午後 1軒ずつ地元月忌。夜 通夜勤め。
 あとは、フルート練習中心に過ごした。(午後から「ひまわりの約束」の練習を始めた=「今月中にレパートリーに加えたい」と念仏イメージ。)
 昨日の疲れの残りを感じることなく一日中 元気に念仏生活を出来たことを喜び念仏する。
○今日の言葉
 
 
 
息災延命にさせていただいたお陰でまだまだ聴聞できる。・・と冥衆護持の益をいただいてゆくことができるであろう。【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p27(冥衆護持の益)】
 
2018年7月4日(水)曇り/雨→(夕方から)雨
2018-07-04
起床
3時30分(6.5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.6㎏=昨日比+0.3㎏)HP更新、編集→5時30分 (本堂行き) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(6:00)
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・6時30分
朝食
・7時
(正信偈徒歩)宇奈月温泉駅行き
・7時15分
同駅乗車→越中舟橋駅下車の予定だったが、新黒部駅過ぎたころからお腹の調子が変になり、電鉄黒部駅過ぎから便意激しくなる、我慢の限界を感じ新魚津で下車(7時50分)。トイレへ急ぐが、ドアーを開けた途端少し粗相。しかしどうにか便器にたどり着き排便する。汚れた下着はごみ箱に捨て、身なりを整える。(お腹の異常はすっかり治まる。)
・8時頃
新魚津駅前でタクシー乗車→(運転手さんが道を間違え)9時頃ようやく越中舟橋駅前下車。(「道間違えて申し訳ない。」とタクシー代7千円にしていただく。)同駅で着物を整え(正信偈徒歩)無量寺行き(9時10分着)→「間に合って良かった。」と安堵の念仏しつつ晨朝・第二日中の準備
・9時40分
晨朝(正信偈同朋奉賛式和讃回向)第二日中(伽陀・阿弥陀経・短念仏・三淘念仏讃・和讃十方微塵・回向)の助音(じょいん)を勤める
・10時10分
埴山先生の法話を拝聴したり休憩したりモタモタと過ごす(約2時間)
・12時
無量寺特別下付の教如上人寿像のご開帳勤め(嘆仏偈・短念仏・三重念仏・和讃十方微塵・回向願以此功徳)
・12時20分
昼食
.13時
 
(地鉄電車で帰る予定だったが)埴山先生(砺波市)が「宇奈月温泉大原台にある供養碑の字『宇奈月をひらく』は私の祖母の兄庵勝運(福光 本敬寺元住職)の字。10年以上も前には何度か見に行ったが、久しぶりに見に行きたいので、送ります。」とのこと。平成5年宇奈月温泉開湯70年のおり、当時振興会主事であった私が、富山別院輪番退職されて間もない庵勝運先生にお願いしたことを思い出し、不思議なご縁を喜び、埴山先生のお車に乗せていただく。供養塔「宇奈月をひらく」で合掌・礼拝・念仏→樹徳寺まで送っていただく。(15時帰寺)
・15時30分
総湯会館湯めどころ 入浴→念仏仮眠
・17:10~18:00
フルート公開練習
・18時
お夕事・閉障→晩酌【赤ワイン200CC・副食3品】
・18時30分
日記付け・HP更新、編集
就寝
21時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は、無量寺様の祠堂経会(第2日)のみだった。今回は行き、帰りに思いがけないことがあった。
(行きのハプニング)
 電車内で腹に異常の痛みがきた。急きょ下車、トイレに駆け込んだ。下着を汚したが、どうにか、治まった。その後タクシーで無量寺に向かったが運転手さん道不案内で時間が掛かり、ギリギリで無量寺さんへ、たどり着いた。【この間、終始あまり慌てることなく、対応できた自分を振り返り「私の口から出る念仏は時折。しかし、私はいつもみ仏に念じられていたのだなあ。」「『南無阿弥陀仏をとなうれば 三世の重障みなながら 必ず転じて 軽微なり。』だなあ」と喜ぶ。】
(帰りの思いがけない喜び)
埴山先生(砺波市)が同氏大叔父の書かれた供養塔「宇奈月をひらく」に遇うことを目的として宇奈月まで送ってくださった。私も久しぶりに供養塔で念仏した。【諸仏「庵 勝運様」の護念を実感し念仏する。】
○今日の言葉
 
 
 
いつもお念仏の外に居る 外に居るのに内に居る こんなおかしいことはない こんな不思議なことはない 外に居るのは私の性(しょう) 内に居るのはご恩徳 ナムアミダブツのご恩徳 ナムアミダブツ ナムアミダブツ【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p165ご恩徳】
 
2018年7月3日(火)晴れ→曇り(真夏日)
2018-07-03
起床
3時30分(5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.3㎏=昨日比-0.6㎏)HP更新、編集→6時 (本堂行き) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(6:30)
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索・健康飲料・駄菓子で朝食とする
・7時
舟橋村無量寺祠堂経会の準備【土産は地ビール6缶セット】
・7:30~7:50
フルート公開練習(本堂)ロングトーンのみ
・8時
(入善タクシー)北陸道滑川インター・8号線経由で無量寺行き(8時40分着)
・9時
祠堂経会晨朝に向けて、念仏しつつ心身の姿勢を整え・沈香を焚く
・9時30分
晨朝 助音(じょいん)を勤める
・10時台
埴山先生の法話を拝聴
・11時
フルート演奏の準備
・11時45分
無量寺特別下付の教如上人寿像のご開帳勤め(嘆仏偈・短念仏・三重念仏・和讃十方微塵・回向願以此功徳)
・12時
昼食
.12:50~13:20
 
フルート演奏(「月の砂漠」「浜辺の歌」「ヤシの実」「花の街」「夕焼け小焼け」「千の風になって」「なんまんだぶつの子守歌」「ふるさと」)
・13時40分
 祠堂経会日中勤行 助音(じょいん)を勤める
・14時23分
越中舟橋駅乗車【無量寺役員の方にフルート演奏関係の重い荷物を駅まで運んでいただく・駅ではギリギリだったが駅員さんの計らいで停車延長していただく。=「諸仏護念だなあ。ありがたいなあ。」と念仏しきり出る】→15時31分 新黒部駅下車
・15時40分
(入善タクシー)16時過ぎ帰寺→疲れて念仏仮眠(40分)
・17時台
(地元2区KN家善意運転)同家行→同家ご母堂3回忌のお勤め
・18時台
総湯会館湯めどころ 入浴→帰寺後・お夕事・閉障
.19時
晩酌(缶ビール・KN家で頂いたますずし)【坊守 研修旅行から元気に戻ってくる】
・19時20分
日記付け・HP更新、編集
就寝
21時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は、(平成6年から恒例の)舟橋村無量寺様の祠堂経会初日(8時出発16時帰寺)と17時の地元3回忌だった。
今回の無量寺行きは「坊守不在。フルート演奏関係の荷物が重い。行き帰りをどのようにしよう。」と数日前から念仏イメージしていた。その甲斐あってスムーズに事が運んだ。念仏しつつ喜ぶ。(特に、無量寺様から駅までの移動・同駅乗車には思いがけないお助けを頂いた。)。
心配していたフルート演奏も、(最近連日の基礎練習重点のお陰か)音の響きに快さを感じ、参集の皆様の喜びの様子も伝わってきた。ホッと安堵の念仏をする。
○今日の言葉
 
 
 
”しかれば み名を称するによく衆生一切の無明を破しよく衆生一切の志願を満てたもう”念仏一つに迷いなくー念仏ひとつに腹ふくるー【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p71 念仏一つに】
 
2018年7月2日(月)晴れ(真夏日)
2018-07-02
起床
4時(7時間睡眠)
早朝日課
計量(63.9㎏=昨日比-0.4㎏)HP更新、編集→6時20分(本堂行き) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 【坊守、5時30分 黒部市更生保護女性会研修旅行(東京 迎賓館見学 一泊)に出かける】
自由時間(6:40)
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・8時
(月曜日)可燃ゴミ出し(8時25分頃収集車着)
・8:30~10:45
フルート公開練習(本堂)
・11時
(正信偈徒歩)地元4区NK家月忌
・11時30分
一人早めの昼食(サンドイッチ・牛乳)
・12時
入善町小杉での御影様迎えの仏事の準備
・12時40分
入善町小杉TS様が迎えに来寺・同氏善意運転で小杉公民館行→念仏しつつ御影様迎え仏事に向けて心身の姿勢を整える
・13時30分
御影様迎えの仏事(15名ほど参集) お勤め→御消息拝読→法話=フルート【真宗宗歌・浜辺の歌・千の風になって・恩徳讃】
・14時45分
(再びTS様善意運転)帰寺
・15時台
総湯会館湯めどころ 入浴
・16時30分
(夜は会合・坊守もいないので早目の)晩酌→念仏仮眠
・17時30分
日記付け(ここまで)
・18時40分
(正信偈徒歩)宇奈月公民館行き
・19時
第1回 宇奈月公民館を考える会 【新公民館の場所、内容等について自由に意見交換。場所は「3、4区のどこかにしよう。樹徳寺も候補地と考えよう。」ということまでは意見がまとまる。あとは次回以降の課題となる。(21時終了)
・21時
(YK委員の善意運転)帰寺→お夕事・閉障→日記付け(続)・HP更新、編集
就寝
22時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は、午前 地元月忌1軒、 午後 入善町小杉で御影様迎だった。
御影様迎えは、昨年は他の仏事と重なりお断りしたので2年ぶりだった。しかし平成6年から毎年お勤めしているのでスムーズに進み、乗如上人を偲ばせていただいた。1801年から続いているこの仏事を勤めさせていただいたことがありがたく念仏し「法義相続」に思いを致した。
 宇奈月公民館を考える会で、私は「樹徳寺は私の代で終わることを理解していただきたい。樹徳寺は皆さんにとって気安く集える場所にある。今の本堂を取り壊し小さな礼拝堂=樹徳堂(仮称)又は庵=樹徳庵を建て、残りの大半の地に観光地に溶け込んだ公民館を建てたらどうだろう。(その場合、私と坊守は、元気な間は庫裏で生活。日中、住職は礼拝堂に詰める)」と提案し、2名ほどの賛同の意見をいただいた。「樹徳寺は無くなっても、念仏の香り漂う象徴的建物(礼拝堂又は庵)が残りますように。」と念仏イメージする。
○今日の言葉
 
 
 
乱れる心を静め、濁れる心を浄めるものは礼拝念仏の他ありません【東本願寺出版部発行金子大栄著 現代人の信仰問答シリーズ6 p31】

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710

──────────────
真宗大谷派
──────────────

029309
<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710