真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 

序文

序文
 
私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
   
今日の仏教讃歌  衆会(しゅうえ)
 
フォーム
 
2018年4月29日(日)晴れ
2018-04-29
起床 3時30分(7.5時間睡眠)
早朝日課 計量(63.8㎏=昨日比+0.5㎏)・日記付け・HP更新→6時15分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(6時45分) 本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索→フルート練習(ロングトーン・7曲)
・8時 朝食→念仏仮眠(寝室)
・9時 フルート公開練習(本堂前部屋)①
・10時30分 (坊守協力運転)入膳11区MY家行き
・11時 同家月忌→(坊守協力運転)11時50分帰寺
・12時 本堂チャイム。糸魚川の女性朱印紙依頼に来寺→朱印紙作成、お話ししつつお渡しする。→(坊守、昼食の用意をして外出)一人昼食→念仏午睡
・13時台 総湯会館湯めどころ 入浴
・14時台 ラジルラジル(聞)・休憩
・15時台 (正信偈徒歩)地元3区SH家祥月
・16時~17時40分 フルート公開練習(本堂前部屋)②
・17時45分 お夕事・閉障
・18時~17時30分 ゆったりと晩酌【日本酒250cc・副食4品】しつつBSで大河ドラマ「西郷どん」・BS時代劇「鳴門秘帳」を観る【週1回の、のんびりテレビ鑑賞が出来たことを喜び念仏】
・19時30分 日記付け
就寝 ・21時
○今日の念仏所感  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  法務は午前 入善での月忌・午後 地元での祥月だった。あとの時間はフルート・温泉入浴を中心にゆったりと過ごすことが出来た。穏やかな念仏生活を賜わったことを喜び念仏する。
   特に、午後の祥月は同家ご夫妻と小学3年のお孫さんがお参りされた。お孫さんは末代無知のお文が終わると「『これすなわち』ってどういうことなの?」と質問された。「『これすなわち』とは『これはねえ、すなわちねえ・・・のことだよ』ということだよ」と答えたが分かったであろうか。それはともかく、素直にお勤め・お文を聞い下さったことが、とても嬉しく「始めから終わりまで、よく聞いてくれて、ありがとうね、おりこうさんだね」と褒め、仏壇に向き直って念仏、心爽やかにお暇(いとま)した。
○所感記しつつ読み直した言葉
   なんまんだぶつ なんまんだぶつ ちいさな子どもと手をあわす 数えきれない 人たちに 願われ生まれたおまえだよ いまもたしかに聴こえくる しんらんさまの 子守歌【「なんまんだぶつの子守歌」の3番】
 
2018年4月28日(土)晴れ
2018-04-28
起床 4時30分(6時間睡眠)
早朝日課 計量(63.3㎏=昨日比+0.3㎏)・日記付け・HP更新→6時30分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7時) 本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索→フルート練習(ロングトーン・4曲)
・8時 朝食→休憩(パソコン室)
・9時 (坊守協力運転)入善町東五十里FI家行き
・9時30分 同家四七日勤め→(坊守協力運転)途中文具店で筆ペン等購入・11時ごろ帰寺
・11時20分 (郵送依頼のあった)朱印紙作成中、入膳9区MK家から「11時に祥月勤めを約束してあったのですが・・・」の電話。「すっかり忘れていました。直ぐ、そちらに向かいます。」と応対し、(坊守協力運転)同家行
・12時 同家祥月【同家お二人お参り。「いつも、正確に来られるので、いつも通り待っていました。しかし、11時をだいぶ過ぎても来られず、何かあったのかと心配し、電話しました。」とのお気遣いのお言葉に慰められ、お勤めする。】→(坊守協力運転)12時50分帰寺
・13時台 昼食→(長野の方依頼)朱印紙作成(総湯会館へ行くとき投函する)
・14時台 総湯会館湯めどころ 入浴
・15時30分~17時50分 フルート公開練習(本堂前部屋)
・18時 お夕事・閉障→晩酌(日本酒200cc 副食3品)
・19時 日記付け
就寝 ・20時
○今日の念仏所感  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  法務は午前 入善での七日勤め1軒・祥月1軒だった。
  祥月勤めの方は(昨年11月の同家お勤めの折り約束したいたのに)すっかり失念。同家からの電話によって、昨年末、新手帳へ書き写すのを怠っていたことに気づく。恐縮しつつ1時間遅れでお勤めした。同家のお2人の寛大なご様子に癒され、お勤め終えてホット安堵の念仏をする。
○所感記しつつ読み直した言葉
   またひとつ  しくじった  しくじるたびに 目があいて世の中 すこし広くなる【榎本栄一著『群生海』(難波別院発行)しくじる】
 
2018年4月27日(金)晴れ
2018-04-28
起床 3時30分(6.5時間睡眠)
早朝日課 計量(63.0㎏=昨日比-0.3㎏)・日記付け・HP更新・RT先生双光瑞宝受賞へのお祝い状作成に時間が掛かる→6時50分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7時20分) 本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索→フルート練習(ロングトーン)
・8時 朝食→念仏仮眠(寝室)・ラジルラジル(聞)
・9時30分 (坊守協力運転)入善町幸町YU家行き
・10時 同家二七日勤め→(坊守協力運転)入膳12区TT家行き
・10時30分 同家月忌→(坊守協力運転)第一銀行黒部支店で所用→12時帰寺
・12時台 昼食→念仏午睡(寝室)
・13時30分 養照寺声明会の資料準備(今日から正信偈の書き下し分の素読を少しずつする予定)
・14時30分~16時20分 フルート公開練習
・16時30分 養照寺声明会の準備
・17時 (坊守協力運転)入膳8区ON家行き
・17時30分 同家月忌→(坊守協力運転)養照寺行・同寺で念仏しつつ声明会へ向けて心身の姿勢を整える
・19時 養照寺声明会 【お勤め稽古担当。三帰依文・仏教讃歌3曲(真宗宗歌・衆会・み仏は)・正信偈書き下し分(6句)の素読】
・20時20分 (坊守協力運転)帰寺→お夕事・閉障→晩酌(日本酒100cc 副食1品)
・21時15分 日記付け
就寝 ・22時30分
○今日の念仏所感  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  法務は午前 入善で月忌・七日勤め各1軒。夕方 入善で月忌1軒。夜は養照寺声明会だった。
  「どのようにしたら、楽しく、生き生きしたお勤めの稽古になるだろう?」と朝から声明会の進め方を念仏対話し、「正信偈をお勤めする喜びを深めてほしい。」との思いから書き下し分を少しずつ繰り返し読んでいただくことにした。今日は最初の6句だけだったが、念仏イメージどおり皆さん楽しそうに素読してくださった。
○所感記しつつ読み直した言葉
  声明(しょうみょう)や歌を通じて、ことばに関心をむけるのも、また世界を広げてくれて楽しいことではないでしょうか。【岩田宗一著「声明(しょうみょう)は音楽のふるさと」声明・歌・ことばp94】
 
2018年4月26日(木)早朝雨・7時頃から晴れ(爽やか)
2018-04-27
起床 4時(8時間睡眠)
早朝日課 計量(633㎏=昨日比+0.3㎏)・日記付け・HP更新→6時30分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7時) 本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索→フルート練習(ロングトーン・レパートリー曲6曲程)
・8時 朝食
・8時30分 (坊守協力運転)入善町幸町YM家行き
・9時 同家四七日勤め→(坊守協力運転)入膳13区OU家行き
・9時30分 同家月忌→(坊守協力運転)同区AA家行き
・9時50分 同家月忌→(坊守協力運転)黒部市舌山YK家行き
・10時40分 同家月忌→(坊守協力運転)途中、宇奈月自動車整備工場で、代車から修理完了自家用車に乗り換え・11時30分帰寺
・11時40分 総湯会館湯めどころ 入浴
・12時40分 昼食
・13時 (JA様姉妹迎えに来寺・妹様善意運転)JA家行き・同家で(黒部市植木妹宅への)仏壇移転奉告の勤め
・13時30分 (妹様善意運転)黒部市植木妹宅行
・14時 仏壇安置奉告の勤め→(妹様善意運転)14時50分帰寺→念仏午睡(寝室)
・15時30分 フルート公開練習(約50分 基礎練習で終わる)
・16時30分 (坊守協力運転)黒部市吉田NY家行き
・17時 同家二七日勤め→(坊守協力運転)18時10分帰寺
・18時15分 お夕事・閉障→晩酌(日本酒100cc 副食2品)
・19時20分 日記付け
就寝 ・21時
○今日の念仏所感  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  法務は午前 月忌3軒と七日勤め1軒。午後 某家(平成23年にご母堂が二人の娘さんを残して命終された。今まで長女さんが仏壇お給仕されていたが、5月に県外へ転出とのことで仏壇は次女さんが引き継ぐことになり)長女宅で仏壇移転・次女宅で安置奉告の勤め。【お二人がご母堂と共にお歩みの姿を尊く感じお勤めする】夕方には黒部市で七日勤めだった。今日は一日中、お勤めをしていたような気分で過ごせたことありがたく念仏。更に、「運転免許返納前は、このような日は運転に疲れて空き時間は仮眠ばかりしていたのになあ。今は、疲労感・怠惰感がなく、効率よく温泉入浴・フルート時間がとれてありがたいなあ。」と喜び念仏。
○所感記しつつ読み直した言葉
  山も山 道も昔にかわらねど 変わり果てたるわが心かな【板敷山にある石碑の歌。弁円が親鸞の弟子となり、各地を布教して歩いていて、この場所を通った時、昔ここで師と仰ぐ親鸞に危害を加えようとしたことを悔い、懺悔した歌とのこと。】
 
2018年4月25日(水)雨
2018-04-26
起床 3時30分(6.5時間睡眠)
早朝日課 計量(63.0㎏=昨日比+0.5㎏)・日記付け・HP更新→6時30分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7時) 本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索→フルート練習(ロングトーン・レパートリー曲10曲程)
・8時 朝食
・8時30分 (坊守協力運転)入膳13区TO家行き
・9時 同家月忌→(坊守協力運転)時間調整して、9時55分入膳8区KI家行き
・10時 同家7回忌法要【4名参集】→(坊守協力運転)宝田医院行き
・10時45分 同院で血圧月例検診・血液検査・処方箋を頂く→(坊守協力運転)帰寺【坊守、そのまま所用で富山行18時30分帰寺】
・12時台 総湯会館湯めどころ 入浴【帰途滝村薬局で処方箋薬購入】
・13時 一人昼食→念仏午睡(寝室)
・14時~15時20分 フルート練習(パソコン室=電話番を兼ねる)
・15時40分 (桜井交通タクシー)黒部市牧野たまの外科クリニック行
・16時15分 同クリニックで両膝にヒアルロン酸注射→16時30分(桜井交通タクシー)電鉄黒部駅行
・16時48分 同駅乗車→17時30分宇奈月温泉駅下車→(正信偈徒歩)17時40分帰寺
・17時45分 お夕事・閉障→夕食準備→18時過ぎ 一人晩酌【日本酒250CC、副食2品、果物】
・19時 日記付け
就寝 ・20時
○今日の念仏所感  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  〇法務は午前 月忌1軒と7回忌法要(いずれも入膳)だった。7回忌法要のお家は4年ぶりの訪問。とても懐かしく回想念仏し、お勤め、終わって参集の4名とわずかの時間だが親しくお話しできた。「声は仏事を作る」を実感念仏する。
  〇今朝の自由時間に真宗宗歌など仏教讃歌中心に10曲ほど演奏した。通りがかりのお姿から、皆さんの耳に届いていることを感じて嬉しい。「明日からも7時台仏教讃歌演奏を続けたい。」と明日からの自由時間を念仏イメージする。
○所感記しつつ読み直した言葉
  (音楽は)本質において清揚(しょうよう)哀亮(あいりょう)微妙(みみょう)和雅(わげ)であり念仏念法念僧の声を持っているものでなければならない。【タイトルの典拠】雄山閣出版発行 菊村紀彦編「永遠の親鸞ー金子大栄のことば」仏教と音楽p69】

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710
──────────────
浄土真宗
──────────────

<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710