真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 

序文

序文
 
私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
   
今日の仏教讃歌  みほとけは
 
フォーム
 
慈光はるかにかむらしめ 光のいたるところには 法喜をうとぞのべたもう 大安慰
2010-10-18
朝7時保護司会研修旅行に自坊を出発、今日は笠松刑務所で研修、昼神温泉で懇親会と宿泊でした。運転手さん含めてわずか12名でしたが、かえってゆったり気分を味わいました。ホテルの造りもゆったり感があり、今日は一日ゆったりと念仏申しつつ、ゆったり感が浄土感情を生み更生も可能になると実感しました。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ

【タイトルの典拠】浄土和讃
 
宗教感情は殿堂における儀礼によりて養われる
2010-10-17
今日は私にとって今年度寺院報恩講始まりの日でした。来月9日まで10ヶ寺ほど参勤の予定です。今日は滑川S寺でした。お勤めできること声朗らかに念仏が響くことに喜びを感じました。またS寺から思い浮かぶ方々を偲びました。市議会選挙も終わり明日から心新たに本堂で念仏出来そうです。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ

【タイトルの典拠】法蔵館発行 「意訳聖典 金子大榮編著」 p255 (真宗概説)
 
冥衆護持の益・諸仏護念の益
2010-10-16
午前中入善でT家49日午後は黒部カトレヤホールでY・T氏葬儀、更に自坊での I いとこ会追悼法要ととても忙しい一日でした。しかし事前に十分今日の流れのイメージを深めいたので順調でした。特に坊守には七条着付けに会場まで来てもらい大変助かりました。多くの支えを実感しつつ念仏申しています。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ

【タイトルの典拠】教行信証「信巻」真宗聖典p240
 
お念仏というものは、なにごともなにごとも善意に受けとめるという働きをもつもの
2010-10-15
今日は東京へ出かけ明朝早く戻る予定を組んでいました。ところが昨日のT氏の死去案内で一転、月忌1軒とT氏通夜のみとなり時間的にゆとりある一日となりました。明日・明後日の混んだ日程を考えれば、死去案内は「今回の東京行きは止めたら。」とのお催促と念仏申しつつ受けとめています。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ

【タイトルの典拠】東本願寺出版部発行 現代人の信仰問答シリーズ5 13p
 
專精に心かけしめてつねに念仏せしむれば 諸障自然にのぞこりぬ
2010-10-14
午前 相伴の葬儀(内山K・Y様) 午後 O家葬儀が大きな流れでした。正午頃A氏からY・T氏死去と拙寺を会場にとの相談があり現在S氏選挙事務所となっている由説明、A氏の心中を察し しばし困惑。しかし15時T家より正式葬儀依頼ありkホールとのこと。T家の穏便な対応に、ホッとして念仏申しています。
ナムアミダブツ ナムアミダブツ

【タイトルの典拠】岩波文庫親鸞和讃集p113(高僧和讃)

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710
──────────────
浄土真宗
──────────────

<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710