本文へ移動

過去の住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2018年9月13日(木)晴れ→曇り→16時頃から雨

〇今日の念仏所感
 法務は午前黒部で1軒、午後 寺内で1件の月忌と10時からセレモニー東部での入善町一宿(いちやどり)MY様(享年81男性)の葬儀だった。
 MY様は地域のお世話をよくされた方であり、地域のつながりが強いことで、地域の参列の方が多く厳粛な葬儀になった。私自身もとても親しくお付き合いさせていただいたので、(優しい遺影を眺めつつ)労い、感謝、(諸仏として)敬いの念仏・勤行させていただいた。
 あとは、念仏と共に温泉入浴・フルート練習で穏やかに過ごさせていただいた。
 
〇今日の言葉
西方は父いますみ国 西方は母いますみ国 西方は親しきものの往きませるみ国 ああ相あわんただ一つの道にてナムアミダブツなるただ一つの道にて
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p113 ああ 相会わん】
 
〇明日(14日)の外出等予定
(ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  9時~12時 黒部・入善方面 
  13時台  温泉入浴
 

2018年9月12日(水)曇り→(15時頃から)時々雨

〇今日の念仏所感
 法務は午前、入善での月忌1軒・祥月1軒。夕方 入善町一宿(いちやどり)自宅での納棺勤めだった(この地方の習わしで通夜勤めはなく、明日10時からセレモニー東部で葬儀の予定。)
 準法務として奈良県からの観光女性2名がご朱印に来寺、応対しフルートも吹いた。
今日は、昨日から坊守が北陸連区坊守研修会参加で17時頃まで一人生活だった。やはり坊守がいないと生活リズムが次のように不規則になった。
〇早朝、15日からのモーツァルト祭備え本堂整備をしたが、一人なので時間を忘れて1時間程没   頭してしまい、晨朝(おあさじ)等が大幅に遅れ、早朝日課・自由時間が乱れたこと。
〇午前中の入善往復、夕方の一宿(いちやどり)往路 の3回タクシー利用になったこと。(復路    は坊守に迎えに来てもらった。)
〇午後、留守にするのが気になり温泉入浴を止めてフルートのみにしたが何となく落ち着けなかったこと。
 
「やはり、樹徳寺は坊守と二人で守らせていただいているのだなあ。」と念仏しつつ、坊守の存在の尊さを改めて認識し、二人生活のありがたさを思った。
 
〇今日の言葉
「いのちあることは、当たり前でなく素晴らしい」と気付いて感動するところに、真の生きがいと人生の意義があります。(中略)「当たり前」と思うとき、その人のいのちは削られていきます。それは寿命が短くなるというのではなく、グチばかりのつまらない人生になるという意味です。
「当たり前」でないことに一つ一つ気付いていけば、より豊かな人生を授かります。当たり前が増えると、不平不満も増えます。当たり前が減ると、感動が増えて毎日の楽しさが増します。毎日の出来事を「これは当たり前ではない」と意識してみましょう。今まで見えていた世界が、変わるかもしれません。 【文芸社刊 河合清閑著「スカッ!!と念仏」】
 
〇明日(13日)の外出等予定
(ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  8時~12時 黒部・入善方面 
  13時台  温泉入浴
 

2018年9月11日(火)晴れ/薄曇り

〇今日の念仏所感
 法務は皆無だった。と言うよりも、午後、入善での月忌2軒の日だが、坊守が北陸連区の坊守総会で居ないこと・午後 DSブランドの方と撮影来寺を約束してあることで、お休みさせていただいた。
  準法務は、東京からの女性ご来寺。御朱印紙3枚作成だった。
 「今日は、月忌2軒をお断りしたので、午後のDSブランドさんへの応対のみだ。のんびりした一日になりそう。」と一日を念仏イメージしていた。
  しかし、午前は、思いがけない二組の来寺、午後はご朱印来寺(一人)・DSブランドさんの撮影応対と、4件応対となった。念仏イメージどおりにはならなかったが却って、心賑やかに過ごさせていただいたことを喜び念仏する
  特に、DSブランドさんは、同行プロカメラマン(女性)によって、新HPトップページ等のために本堂や私の勤行の姿等、たくさん撮影された。(宇奈月周辺も撮影された。)
  年末か年明けに樹徳寺HPはリニューアル公開の予定。樹徳寺のモットー(多くの人に開かれた寺。親しんでいただける寺。念仏の香り漂う寺。)の助縁となりますようにと、念仏イメージを膨らませていただいた。
 
〇今日の言葉
 活気のある寺、そこには必ず、檀家も地域社会も寺に期待し、寺もそれに応えるという、気持ちの良い循環が築かれている。期待もしない、期待されないから努力もしないという悪循環をたち切ることが、今、求められているのである。
だからこそ、私は言いたいのだ。寺に期待しよう、そして、志ある寺を応援しよう、と。
【上田紀行著「がんばれ仏教!」NHKブックス】
 
〇明日(12日)の外出等予定
(ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  10時~12時30分 入善方面 
  13時 温泉入浴

2018年9月10日(月)雨(県下全域 大雨警報)

〇今日の念仏所感
 法務は午前、地元・入善で月忌勤め各1軒、午後は寺内へ下呂温泉、名古屋からご姉妹来寺、お二人の間の姉妹RS様の追恩勤行だった。
 RS様は宇奈月温泉で出生、途中(中学時代)から下呂温泉移住、成人され再び宇奈月温泉に嫁いで来られ67歳でご逝去された。私の一人導師、樹徳寺での葬儀だった。「葬儀から早や4年たったのだなあ。」とRS様を偲び丁寧にお勤めさせていただいた。
 また今日ご来寺のお2人の内、姉さんSK様は小中時代の同級生であり、お勤め後、宇奈月温泉の近況等を含めて懐かしくお話しさせていただいた。「RS様から、このような懐かしく心楽しい時間を頂いたのだなあ。」とありがたく念仏する。
 今日は、法務途中空き時間に温泉入浴し、法務後フルート(2時間強)も十分に楽しませていただいた。
 一日、穏やかにそして懐かしく過ごさせていただいたことを喜び念仏する。
 
〇今日の言葉
一期一会(いちごいちえ)の みんなかなしく なつかしく
  【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p106 一期一会】
 
〇明日(11日)の外出等予定
(ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  9時台 温泉入浴 (10時30までに戻ります) 
  13時~15時 来寺(アポイントあり)の方への応対
 

2018年9月9日(日)雨

〇今日の念仏所感
  法務は、自坊での祥月勤め(願主毎年9月に婦中町からご来寺される。今年はご夫妻と共に岡山からの大学4年お孫さんがご一緒)・入善での七日勤め・月忌(1軒)だった。
 準法務として御朱印対応1名・一昨日不在中ご朱印申し込みへのご朱印作成(1件)だった。
 このうち、寺内でのKS氏ご母堂、ご祖母の祥月については、お勤め・念仏する中にお2人からとても心をかけていただいた様々のことが浮かんできてありがたく、励ましを実感した。
 昨日のお斎痛飲で、朦朧気分の起床。早朝日課は乱れ、自由時間もとることが出来なかった。しかし、一生懸命、HP更新作業や晨朝(じんちょう=お朝じ)に取り組んでいるうちに気分がスッキリしてきて、9時からは法務・温泉入浴・フルート練習にいつもの通り勤しむことが出来た。
 今回は痛飲の影響の少なかったことがありがたく念仏し、日曜日のお楽しみ(BSテレビ、のんびり晩酌)によって明日への気分を前向きにしていただいたことを喜び念仏する。
 
〇今日の言葉
  私は、真実信心に生きるということは、念仏によって育てられた仏の生命を生きる新しい私と、今もなお地獄の生命を生きる古い私との、かぎりない葛藤、闘いに生きていくことであると思っております。
 その現実は、いつも古い地獄の生命が勝って、新しい仏の生命が負けることの多い日々ですが、いっそう念仏を大切にして、仏の生命をいっそう強く育てつつ生きていきたいものと念じています。
【信楽峻麿著「真宗聖典学〈4〉正信念仏偈 (真宗学シリーズ)」p123信心と現実生活】
 
〇明日(10日)の外出等予定
(ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  9時~11時 入善
  11時台 温泉入浴  
 
TOPへ戻る