本文へ移動

過去の住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2018年10月11日 (木) 雨 11月下旬の寒さとのこと

〇今日の念仏所感
 法務は、午後(13時樹徳寺発つ・15時20分帰寺)、入善での月忌2軒だった。
 準法務として、福井の観光女性へのご朱印があった。
 
 午前中法務がなく、肌寒いので、「先ず、身体を温めよう。」と冷え気味の身体と念仏対話し9時台温泉入浴した。
 
 フルートは入浴後、温まった身体を快く感じて10時30分から1時間ほどした。
更に、午後、法務後1時間弱することが出来た。
 
 17時以降は、集中力なく体調と念仏相談しつつラジルラジルを聞いたり、個人会計を整理したり・・何となく、モタモタと過ごした。
 
 今日は、急に寒くなったこともあり、風邪に気を付けようと、体調との念仏対話の一日だった。
 
〇今日の言葉
 体の発する「身体語」を学べば、人は孤独ではありません。 考えてみれば、自分の体は生まれてきてから いちばん 長く付き合ってきているつれあいのようなものです。
 夜寝る ときに「調子はどうだい?」「 実はこうなんです」などと会話 ができれば理想です。  
  五木 寛之. なるだけ 医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣     
(中経出版) (Kindle の位置No.221-230).
 
〇明日(12日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  9時30分~11時 入善方面
  13時台 温泉入浴

2018年10月10日 (水) 晴れ→曇り→雨

〇今日の念仏所感
 法務は、入善での百か日勤めと月忌(1軒)で樹徳寺を8時30分に発ち11時前の帰寺だった。
 準法務として黒部市生地の方(男性)へのご朱印があった。
 
 早朝日課では、10日なので樹徳会10月会費に口座振替依頼書作成をし、併せて樹徳寺会計の整理をした。
 
 温泉入浴は午前中に済ませ、フルートは十分に時間を掛けることが出来た。
 
 今日はこのように順調に時間が流れた。
特に、
〇ご朱印の方のご来寺は入浴帰寺直前で、「まるで、私が帰る時間を知っておられたみたいだな。」とタイミングの良さを不思議に感じ念仏した。
 〇朝日町羽入からの打ち合わせ来寺の方については、フルート練習の中間休みで念仏仮眠中だった。「もうそろそろ起きなければならないが、起きづらいなあ・・」とモタモタしていた時来寺チャイムが鳴りベッドを離れさせスッキリさせてていただいた。「もうそろそろ起きなさいよ。」との催促のチャイムみたいだったなあと念仏した。
 
「今日はいろいろなご縁によって一日をスムーズに、穏やかに、ゆったりと過ごさせていただいたことなあ。」との思いを深め、「五濁悪世の有情の 選択(せんじゃく)
本願信ずれば 不可称不可説不可思議の 功徳は 行者の身に満てり(正像末和讃)」を口ずさび、念仏した。
 
〇今日の言葉
ちょうどのときにちょうどのことがおこって因縁というものは不思議なもので ああ 因縁よ ナムアミダブツ いんねん不思議 いんねん不思議 いんねん不思議
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p164いんねん不思議】
 
〇明日(11日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
  11時台 温泉入浴
  13時~15時 入善方面

2018年10月9日 (火) 晴れ→曇り

〇今日の念仏所感
 法務は、入善での月忌1軒(10時30分に発ち、12時帰寺)のみだった。
 早朝2時間掛けて、樹徳寺たより103枚印刷・103人宛名印刷した。「この方々の何名に喜んで読んでいただけるかなあ。一人でも多くご参集していただきたいなあ。」とはがきをお読みになる姿と28日のフルート法話にお集いの姿を念仏イメージした。
 9時から住所録との最終チェックを慎重にして投函した。「これで28日に向けての準備の第一段階終了だ。」とほっと念仏。
 
 13時台はいつも通り、のんびりと温泉入浴。
 14時30分からフルートを3時間強(正味2.5時間)した。基礎練習メニューをしっかりと終えて、レパートリー曲に移った。1曲進むごとに曲を奏でる楽しさを実感。「十分に基礎練習した後は、音が滑らかで気持ちよく曲が吹けるなあ。」と基礎練習(ロングトーン・音階練習等)の大切さを実感念仏。気分爽快に練習を終えることが出来たことを喜び念仏した。
 
「今日は、樹徳寺たより投函までは張り詰めた気持ち・投函後はゆったり気分の充実した一日だったなあ。」と振り返り念仏をする。
 
〇今日の言葉
〇今日の言葉
日々を丁寧に生きていれば、その仕事は完成しなかったかもしれないけれども、丁寧に生きた、という実感は確かに残るのです。
【真宗会館発行ザインVol.3(作家天童荒太の言葉)】
 
〇明日(10日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
 8時30分~11時 入善行き
 11時台 温泉入浴

2018年10月8日 (月) 晴れ

〇今日の念仏所感
法務は、地元月忌2軒(9時台)のみだった。
法務後、約2時間フルート(基礎メニュー90%)。
午後は温泉入浴をゆったりと済ませて14時から16時過ぎまで樹徳寺たより10月号作成にかかり果てた。
 特に「今月の言葉を何にしようか?」と悩んだ。いろいろな言葉が浮かび検討したが、なかなか『皆さんに共感していただく言葉』『今の私が、本当に納得できる言葉』が見当たらず念仏しつつ苦闘の1時間。「そうだ、『毎日を丁寧に』だ。これが、私が今、一番心がけていることだ」と作家天童荒太の言葉を掲載することに念仏決着した。
 16時過ぎ試し印刷が念仏イメージどおりに出来上がると、ドッと疲れが出て「あとは明日だ。フルートに向かう気力もない。」と居間へ行へ行き気分転換に、テレビを入れた。その後2時間半、昨夜録画の松本清張「誤差」を観て清張推理ドラマの面白さを満喫、リラックスさせていただいた。
「午後予定していたフルートは出来なかったっが、緊張の後のリラックスは必要なこと。」と念仏しつつ自分に言い聞かせた。
 
〇就寝 20時30分 (手書き日記記載漏れ)
 
 
〇今日の言葉
〇今日の言葉
〇怠けてはいけない。
     しかし時には、
       怠けを許す余裕も必要
〇知識は外から、
     知恵は、心の奥深くから
         やってくる
 【三行の知恵 生き方について」葉祥明著日本標準発行)
【註】 葉祥明(よう しょうめい)
1946年、熊本県生まれ。『ぼくのべんちにしろいとり』(至光社)、『イルカの星』(佼成出版社)、『おつきさま』(文・やすいやえこ、フレーベル館)、『星空のシロ』(文・井上夕香、国土社)などの絵本のほか、画集、詩集、エッセイなど、著書多数。
人間の心を含めた地球上のさまざまな問題をテーマに創作活動を続けている。北鎌倉と阿蘇に美術館がある。
 
〇明日(9日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
10時30分~12時 入善行き
13時台 温泉入浴

2018年10月7日 (日) 雲り 時折 雨 台風24号の影響少なし

〇今日の念仏所感
法務は、地元月忌1軒(11時30分)と入善での法要2軒(9時 小杉TS家13回忌・10時入膳KA家49日)だった。
 この内、TS家法要は平成17、18年、半年の間に相次いでご逝去されたご尊父・ご母堂の13回忌だった。お葬儀のことが印象深く、その後の同家と法務のかかわりが深い。「7月には同家と11時の約束をしていたが、9月に養照寺様との49日法要が入り、9時への時間変更をお願いした。参集の皆さんに無理をかけるなあ。9時から約30分だが、お勤めの丁寧さは損なわぬようにしたい。」と朝から「同家の願いに応えて心してお勤めしよう。」としっかりと念仏イメージ・心の準備をした。
 その甲斐あって、丁寧にお勤めが出来、5分間ほどの法話も出来た。同家ご主人からはお布施と共に手書きコメント(礼状)「これで、心に区切りがつきました。今後ともお導きを・・」もいただいた。とても、ほっとした気
持ちになり、次の49日法要宅に向かった。
 
 午後は、14日に迫った黒部市議会議員選挙に立候補予定の小柳はじめ氏の事務所開きの集会だった。集会は15時30分から40分程だった(40名ほど参集・熱気があった)が、スタッフは13時40分頃から準備に来られ、集会後の後片付けが終わってお帰りされたのは16時30分だった。その間、ずっと落ち着かなく、「皆さんに快く本堂を使っていただきたい。」
と心配りして念仏しつつモタモタと過ごした。
 
16時40分から、ようやくフルートに1時間強集中出来たことに喜びの念仏。
 
18時から(週唯一の)日曜お楽しみ時間を今週も取ることが出来たこともありがたく嬉しく念仏した。
 
 
〇今日の言葉
同じ世界へいって同じ心にとけあわねばならない、それが念仏の教えでしょう
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ4」p40】

〇明日(8日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)
 13時台 温泉入浴
TOPへ戻る