真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 

序文

序文
 
私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
   
今日の仏教讃歌  なんまんだぶつの子守歌
 
フォーム
 
2018年6月21日(木)曇り/晴れ
2018-06-21
起床
3時30分(7.5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.3㎏=昨日比-0.4㎏)HP更新、編集→5時30分(本堂へ移動) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 
自由時間(6:05
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・6時45分
朝食(孫SちゃんK君の登校に合わせ、一緒に頂く)
・7時台
フルート公開練習(本堂前部屋)①
・8時
(木曜日)可燃ゴミ出し(8時20分頃収集車着)
・8:30~9:20
フルート公開練習(本堂前部屋)②
・9時30分
(坊守協力運転)入善町上野TS家行
・10時
同家月忌→(坊守協力運転)帰途に・総湯会館前で下車(坊守そのまま帰寺)
・11時台
総湯会館湯めどころ 入浴
・12時台
昼食→念仏午睡(寝室)
・13時
(正信偈徒歩)地元羽黒理容店で調髪(14時50分帰寺)
・15時台
フルート公開練習(本堂前部屋)③
・16時台
河田自治振興会長・羽柴太子会会長・T振興会事務局さん来寺。7月22日の「宇奈月ゆかりの太子さま迎え(会場 樹徳寺)」行事について打ち合わせ会【この行事は、黒部市徳法寺に御安置の聖徳太子の宇奈月ゆかり南無太子仏(1603年宇奈月谷で発見された)をお迎えしてご披露する、今回初めての宇奈月の歴史と文化を楽しむ会・宇奈月自治振興会・宇奈月太子会共催行事】
・17時20分
おりこうブログの方に電話で、HPの編集【トップページの改良】について指導していただく。
・18時台
家族5人で賑やかに夕食・赤ワイン300cc頂く
・19時台
日記付け・HP更新、編集【19時30分、中断、お夕事・閉障(18時台にするべきだったが忘れいた)】
就寝
21時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
法務は10時入善での月忌1軒だったが、温泉入浴フルート、調髪、会合、さらに、ブログ編集電話指導を受けるなど変化にとんだ一日を賜わった。
特に、来月7月22日の「宇奈月ゆかりの太子さま迎え」行事の打ち合わせ会では、「聖徳太子様は宇奈月にとてもご縁の深いお方」と私自身深く敬い、毎朝(雪・雨の時以外)お参りし太子和讃を一首称えているので「この行事が、ありがたい仏縁の行事となりますように。」と念仏イメージしつつ話し合いに加わった。
○今日の言葉
 
 
 
太子の御一生は世間虚仮唯仏是真の往相道であったのですが、そのまま「和国の有情」とためには還相利他の大悲でありました。しかれば真実の法の道理を明らかにせられたものは高僧方でありましたが、それを身の実際として示されたものは聖徳太子であると(親鸞聖人は)仰がれたことでありましょう。【東本願寺難波別院発行金子大栄著「和讃日々」p86和国の教主
 
2018年6月20日(水)曇り→(夕方)雨
2018-06-20
起床
3時30分(5.5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.7㎏=昨日比-0.2㎏)HP更新、編集→5時50分(本堂へ移動) 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 
自由時間(6:15
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・6時45分
朝食(孫SちゃんK君の登校に合わせ、一緒に頂く)
・7時台
念仏仮眠
・8:15~10:45
フルート公開練習(本堂前部屋)①
・11時
(正信偈徒歩)地元3区MI家月忌→同家で法衣を脱ぎ、隣の総湯会館湯めどころ行き
・11時40分
総湯会館湯めどころ 入浴→(正信偈徒歩)12時40分帰寺
・12時45分
昼食
・13時10分頃
名古屋からの観光の方へ御朱印・お話し
・13:45~15:20
フルート公開練習(本堂前部屋→本堂)②
・15時40分
(坊守協力運転)黒部市牧野たまの外科クリニック行
・16時20分
同クリニックで両膝にヒアルロン酸注射→(坊守協力運転)途中、坊守所用・17時30分帰寺→お夕事・閉障
・18時20分
家族5人で夕食・赤ワイン200cc頂く
・19時台
日記付け・HP更新、編集
就寝
20時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
法務は地元月忌1軒だった。後はいつものように念仏しつつありがたく楽しく温泉入浴・フルートで大半の時間を過ごさせていただいた。御朱印のご来寺も(モタモタ気分を転換させていただき)ありがたかった。
  今朝は、(いつもより30分早く)3時30分起床。この30分早い起床によって本堂へは6時前に行ことが出来、自由時間(私の至福時間)を取ることが出来た。30分のレバレッジ(てこの効果)に喜びの念仏。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
 私たちに与えられた時間は有限です。体力にも集中力にも限りがあります。・・重要な仕事にできる限りの労力を投入するのです。そのことによって、結果に大きなレバレッジ(てこの効果)を効かせることができます。【WAVE出版発行佐々木常夫著「働く君に贈る25の言葉」事の軽重を知る、それがタイムマネジメントの本質だp94】
 
2018年6月19日(火)晴れ
2018-06-19
起床
4時(6時間睡眠)
早朝日課
計量(63.9㎏=昨日比+0.3㎏)HP更新、編集→6時10分 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 
自由時間(6:30
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・6時45分
朝食(孫SちゃんK君の登校に合わせ、一緒に頂く)
・7時台
念仏仮眠
・8:00~9:45
フルート公開練習(本堂前部屋)①【9時頃、富山市の女性来寺御朱印・お話し】
・10時
(正信偈徒歩)地元3区SU家月忌
・10:45~12:00
フルート公開練習(本堂前部屋)②【11時30分河上事務機N氏・リコーサービスセンターの方来寺、バックアップの更新作業】
・12時
昼食→念仏午睡
・13時台
総湯会館湯めどころ 入浴
・14時台
『休足日』で足裏マッサージ(今日2回目)・モタモタと過ごす
・15時
(正信偈徒歩)地元3区SH家月忌
・15:40~18:10
フルート公開練習(本堂前部屋→本堂)③
・18時15分
お夕事・閉障→家族4人で夕食・シャンパン400cc頂く【坊守はお友達と湯快リゾート宿泊】
・19時台
28日東京行きのためホテル検索・予約、不慣れで時間を費やす
・20時
日記付け・HP更新、編集
就寝
22時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 法務は地元月忌2軒(午前・午後)だった。
  2軒だが、始まりから終わりまで(途中空き時間があっても)法務モードであり、午後の1軒が終わってようやく解放気分となり、フルートに集中した。
 「今日は10時から15時30分までズーっと僧職としての、勤めをしていたのだな。」と納得の念仏。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
【無表業〈むひょうごう〉=表現していなくても、実はしている無表の業(ごう)】 現在働いておらないでも、ご商売する人はご商売して居られる訳であるし、書物を読む人は、今書物を読まんでも書物を読んでいる、という働きをして居るのでありまして、一遍、業(わざ)というものが表れますと、表業(ひょうごう)としては時々でありますけれども、無表業(むひょうごう)としましては一生涯行っているのである。【コマ文庫発行 金子大栄著「人・仏」業と煩悩p137】
 
2018年6月18日(月)晴れ
2018-06-18
起床
4時(6時間睡眠)
早朝日課
計量(63.6㎏=昨日比-0.1㎏)HP更新、編集→6時 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 
自由時間(6:20
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索
・6時50分
朝食(孫SちゃんK君の登校に合わせ、一緒に頂く)
・7時台
念仏仮眠(寝室=20分程で起きようと思っていたが、ズルズルと小一時間寝る)
・8時台
(月曜日)可燃ゴミ出し(8時25分頃収集車着)→法衣等準備
・9時
(高松葬祭スタッフA様善意運転)朝日町ひすい野ホール行き
→同ホールで念仏しつつ葬儀に向けて心身の姿勢を整える
・10時
入善町八幡MS様(享年79女性)葬儀 養照寺様の助音(じょいん)を勤める
・11時
(高松葬祭スタッフA様善意運転)東部斎場行き→斎場勤行→(坊守協力運転)入膳13区SU家行
・11時40分
同家月忌→(坊守協力運転)入善町新屋円林寺で所用後12時40分帰寺→昼食→念仏午睡15分
・13時20分
総湯会館湯めどころ 入浴
・14:40~18:20
フルート公開練習(本堂前部屋)休憩を入れ、ゆったりと練習。「やはり、フルートと向き合っている時間が至福の時間だなあ」と念仏対話しつつ練習に集中する。
・18時25分
お夕事・閉障→家族5人で夕食【3女Wさんからの父の日プレゼントシャンパンを300㏄程頂く。とてもおいしい。】
・19時
NHKでニュース「今朝の大阪地方の震度6強地震」を観る話
・19時20分
日記付け・HP更新、編集
就寝
21時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
法務はひすい野ホールでの葬儀・入善での月忌1軒で午前中に午後は温泉入浴・フルートで過ごさせていただいた。
一昨日(土)・昨日(日)の不完全燃焼のフルート練習とは違い、存分に練習できた。練習が進むにつれて「フルートが私の心を浄土に遊ばせてくれている」と実感し喜びの念仏をする。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
(音楽は)本質において清揚(しょうよう)哀亮(あいりょう)微妙(みみょう)和雅(わげ)であり念仏念法念僧の声を持っているものでなければならない。【タイトルの典拠】雄山閣出版発行 菊村紀彦編「永遠の親鸞ー金子大栄のことば」仏教と音楽p69
 
2018年6月17日(日)晴れ
2018-06-17
起床
4時(7.5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.7㎏=昨日比+0.4㎏)HP更新、編集→6時 晨朝・剣玉、閉眼片足立ち 
自由時間(6:30
本堂前部屋でCD(仏教聖典)聞きつつ『休足日』で足裏マッサージ・念仏思索→7時フルート朝練・7時40分頃埼玉県久喜市からの観光の方お二人に御朱印・お話しする
・8時
朝食→法衣等準備
・8時50分
(坊守協力運転)養照寺で本尊をお受けして入善町上田HU家行
・9時30分
同家お骨前に本尊奉掛し準備をする
・10時
同家ご母堂49日法要 養照寺様の助音(じょいん)を勤める
・11時
同家横の墓に納骨・奉告の勤め→(同家用意のジャンボタクシーで)清八楼行
・12時
同料亭でお斎
・13時
(坊守協力運転)帰途に、坊守途中所用・14時過ぎ帰寺
・14時過ぎ~16時
念仏仮眠・モタモタ過ごす【お斎の酔いを醒ます】
・16時台
日記付け・通夜行きの準備
・17時
(高松葬祭スタッフA様善意運転)朝日町ひすい野ホール行き
→同ホールで骨ガメ書き入れ・念仏しつつ通夜に向けて心身の姿勢を整える
・18時
入善町八幡MS様(享年79女性)通夜 勤行・(キーワードいつも通りの)法話
・18時45分
(高松葬祭スタッフA様善意運転)帰寺→19時10分お夕事・閉障
・19時15分
BS時代劇「鳴門秘帖」・20時大河ドラマ「西郷どん」を観る
・21時
日記付け(続)・HP更新、編集
就寝
22時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
法務は10時 49日法要・お斎(13時終了)と18時の通夜だった。いずれの法務も、集中力をもってお勤めさせていただいたが、お斎終了から通夜までの3時間ほどは、日中なのに(酔いもあり)ダラダラと念仏仮眠を中心に何もせずモタモタ過ごしてしまった。「もっと気を引き締めて30分程でもフルートをすれば良かったなあ。」と振り返り念仏する。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
私は、真実信心に生きるということは、念仏によって育てられた仏の生命を生きる新しい私と、いまもなお地獄の生命を生きる古い私との、かぎりない葛藤、闘いに生きていくことであると思いとっております。その現実は、いつも古い地獄の生命が勝って、新しい仏の生命が負けることの多い日々ですが、いっそう念仏を大切にして、仏の生命をいっそう強く育てつつ生きていきたいものと念じています。【信楽峻麿著「真宗聖典学〈4〉正信念仏偈 (真宗学シリーズ)」p123信心と現実生活】

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710

──────────────
真宗大谷派
──────────────

028402
<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710