真宗大谷派 樹徳寺|富山県黒部市宇奈月温泉|浄土真宗|

 

住職の念仏実感日記

 

序文

序文
 
私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
   
今日の仏教讃歌  衆会(しゅうえ)
 
フォーム
 
2018年5月24日(木)雨→9時頃から晴れ
2018-05-24
起床
3時30分(7時間睡眠)
早朝日課
計量(62.8㎏=昨日比-0.6㎏)・HP更新・編集→6時30分晨朝・剣玉、閉眼片足立ち・『休足日』で足裏マッサージ (10分=今朝で3日目)
自由時間(7:00)
本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索・フルート朝練
・8時台
(月曜日)可燃ゴミ出し(8時25分頃収集車着)→朝食→法要かばん等準備
・9時
(正信偈徒歩)地元3区YT家月忌
・9時40分
(坊守協力運転)黒部市吉田NY家行→同家で念仏しつつ49日法要に向けて、準備し心身の姿勢を整える。
・10時30分
同家ご母堂49日法要【養照寺様の助音(じょいん)を勤める】
・11時20分
同家墓碑に納骨・奉告のお勤め
・12時台
同家でお斎・10名で和やかに歓談・飲食【お酒2合ほどいただく。】
・13時10分
(坊守協力運転)帰途に・14時帰寺
・14時台
念仏午睡(寝室・酔いを醒ます)
・15:10~16:20
フルート公開練習【本堂前部屋→2曲のみ本堂】
・16時30分
(坊守協力運転)入善町八幡SS家行
・17時
同家月忌→(坊守協力運転)17時50分帰寺
・18時台
簡単夕食(番茶・副食2品、晩酌抜き)
・19時
お夕事・閉障→日記付け・HP更新・編集
就寝
21時
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
〇法務は、10時の黒部NY家49日法要を中心に、9時地元での月忌1軒・17時入善での月忌1軒だった。49日法要後のお斎はNY家だった。最近のお斎は料亭がほとんどなので大変珍しい。仕出し料理に加えて、いくつもの同家の手料理をおいしく・「昔はこのようなお煮しめ・和え物が中心だったなあ」と懐かしくいただいた。「やはりご自宅でのお斎は、仏事そのものだなあ。」とありがたく念仏実感した
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
お斎(とき)とは、仏教における法要が終わった後の会食のことを言います。
法事とは本来、故人の供養のため僧侶による読経等を行うことが「法要」であり、その法要の後の会食である「お斎(とき)」を含めた全体の儀式のことを指します。
つまり、お斎とは単なる会食の場ではなく法事の一部であり、僧侶や参列した方々への感謝を込めた席でもあり、遺族・参列者一同で故人を偲び供養するための行事でもあります。【インターネット「お斎」検索】
 
めでたさと言う物が本当の食物の本質・・・ご飯を食べることによって炊いてくれた人の心尽くしを食べるのである・・食べ物の本体というものが浄土の生活である【タイトルの典拠】コマ文庫発行 金子大栄著「大無量経講話(下)」p111 飲食に対する仏教の思想
 
2018年5月23日(水)曇り→小雨→雨
2018-05-23
起床
3時30分(7時間睡眠)
早朝日課
計量(63.4㎏=昨日比+0.3㎏)・HP更新・編集→6時25分晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7:00)
本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索・フルート朝練
・8時
朝食
・8時30分
(坊守協力運転)地元2区NN家月忌
・9:20~11:50
フルート公開練習(本堂前部屋)①【途中10時ごろ黒部市栃屋NF氏来寺お互いの近況等話し合う・お墓取り壊し時のお勤めの相談を受ける(30分程練習中断)】
・12時台
昼食→念仏午睡(寝室)
・13時台
総湯会館湯めどころ 入浴
・14:00~14:30
フルート公開練習(本堂前部屋)②→休憩・移動
・14:40~15:20
フルート公開練習(本堂)③
・15時50分
(坊守協力運転)黒部市牧野たまの外科クリニック行
・16時20分
同クリニックで両膝にヒアルロン酸注射→(坊守協力運転)途中坊守所用・17時50分帰寺
・18時
お夕事・閉障→簡単夕食(番茶・副食1品、晩酌抜き)
・18時30分
日記付け・HP更新・編集
就寝
20時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
〇法務は、8時30分地元月忌1軒のみだった。あとは、フルート(延べ3時間強)・温泉入浴(1時間)・たまのクリニック行(2時間)だった。淡々とではあるが、一日を念仏と共に丁寧に過ごさせていただいた。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
要するに日常生活を、ほんとうにお念仏を申して喜んで生活をしておるならば、日常生活すなわち六度万行なのでないのでしょうか。【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p163(心多歓喜の益)】 〈註〉六度万行=お釈迦さまは、私たちが実行しやすいように、善を6つにまとめられました。それが、六度万行(六波羅蜜ともいう)です。
その六つを挙げ、現代語で表現すると次のようになります。 1)布施=親切  2)持戒=言行一致  3)忍辱=忍耐  4)精進=努力  5)禅定=反省 6)智慧=修養  この6つに数え切れないほどの善がおさまっています。 しかも、どれか1つでも実行すれば、 6つ全部したと同じことになるのが六度万行の特色です。
 
いま目の前にいる誰かと会っている時間とか、いま食べているもの、いま家で休めることの幸いなど、そういう一つひとつをもっと丁寧に感じてもいいのではないでしょうか。【真宗会館発行 ザインVol.3 P24】
 
2018年5月22日(火)晴れ
2018-05-22
起床
4時(6.5時間睡眠)
早朝日課
計量(63.1㎏=昨日比-0.9㎏)・HP更新・編集→6時50分晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7:10)
本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索・フルート朝練
・8時台
朝食→念仏仮眠(寝室)
・9:00~10:20
フルート公開練習(本堂前部屋)①
・10時30分
(正信偈徒歩)地元3区MS家月忌
・11:00~11:50
フルート公開練習(本堂前部屋)②
・12時台
一人昼食(坊守は9時半から高校ミニ同級会でバーデン明日行き)→念仏午睡(寝室)
・13時
富山市の女性2名来寺。「御朱印をお願います。」とこと。「朱印帳に関するブログで樹徳寺を知りました。御朱印が目的で宇奈月温泉へ来ました。」の言葉がうれしく念仏しつつ喜び勇んで記帳する。記帳の間、本尊前でご焼香、掲示物などお二人で話しながら見ておられた姿が印象的。
・13:30~14:30
フルート公開練習③【本堂前部屋】
・14:45~15:45
フルート公開練習④【本堂で、音響装置を入れて練習。前部屋より響きがよく、快い。「暖かくなったから、これから少しでも本堂練習の時間を持ちたいなあ。」と念仏イメージ】
・16時
(正信偈徒歩)地元4区NK家月忌→(同家奥様善意運転)16時20分帰寺
・16時30分
(坊守協力運転)黒部市越湖YN家行
・17時
同家月忌→(坊守協力運転)17時50分帰寺
・18時
お夕事・閉障→簡単夕食(番茶・坊守がミニクラス会でいただいてきたおはぎ1個、晩酌抜き)
・18時30分
日記付け・HP更新
就寝
20時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
〇法務は午前、地元で月忌1軒 、午後、地元・黒部で月忌各1軒だった。総湯会館休館日で入浴無し。フルート中心に過ごした。そのような一日の中で僅か30分だが富山市からの女性2名に朱印記帳をしたことを、念仏しつつ嬉しく振り返らせていただいている。どんなご縁であろうと若い方が参詣してくださることが嬉しくありがたい。「もっともっと多くの方にこの寺に入っていただきたいなあ。そして宗教的雰囲気に浸っていただきたいなあ。思わず知らず合掌したくなり、何かを感じていただけるような宗教的情緒あるお寺になるよう私ももっともっと精進しよう。」と寺院の在り方への念仏イメージを膨らませる。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
宗教感情は殿堂における儀礼によりて養われる。われらはそこに聖なる空気にふれ、日常生活の悩みから救わるるのである。【法蔵館発行 「意訳聖典 金子大榮編著」 p255 (真宗概説)】 
 
宗教というものは本当の人間の純粋なる感情を教養するものであるといってよいと思います。感情の教養には芸術もあります。・・その純粋感情があってこそ浄土というものを身近に感ずることが出来るのであります。【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ3」往生浄土の道p23】
 
2018年5月21日(月)晴れ
2018-05-21
起床
4時(6.5時間睡眠)
早朝日課
計量(64.0㎏=昨日比+0.9㎏)・HP更新→6時50分晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7:15)
本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索・フルート朝練
・8時台
(月曜日)可燃ゴミ出し(8時25分頃収集車着)→朝食【コーヒー・ヨーグルト・小皿1品】
・9時
(坊守協力運転)入善町上野TS家行き【坊守、そのまま友達との昼食会のため三日市行き】
・9時30分
同家月忌→(TS様善意運転)10時40分帰寺
・10:45~11:55
フルート公開練習(本堂前部屋)①
・12時台
一人簡単昼食→念仏午睡(寝室)
・13時台
総湯会館湯めどころ 入浴【昨年前半まで宇奈月国際ホテル会員入浴をしていたが、そのころ時折お会いしていた糸魚川市の方と出会う。この方は久しぶりに宇奈月温泉来られたとのこと。しかも総湯会館は初めてとのこと、奇遇に思わず握手をする。入浴後 休憩室のご夫妻と数分楽しくお話しを交わす(ジュースをおよばれする)。ご主人は「宇奈月温泉に来る度、ご貴方のことを思っていました。今日このように会えたのは、仏様のお引き合わせとしか思えません。」と喜んでくださった。「何と縁の深い方だろう」と不思議な出会いを喜び念仏する。】
・14:45~17:50
フルート公開練習②【17時頃まで休憩を入れて本堂前部屋・その後、本堂】
・18時
お夕事・閉障→簡単夕食(番茶・副食1品、晩酌抜き)
・18時40分
(正信偈徒歩)宇奈月公民館行き
・19時
同館で公民館運営審議委員会【運営審議委員として出席なので、今までと違いとても気が軽かった。】
→20時30分終了・(正信偈徒歩)帰寺
・21時
日記付け・HP更新
就寝
22時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
〇法務は入善での月忌1軒、10時40分で終わった。あとは温泉入浴・フルートで過ごし、夜は公民館運営審議委員会だった。充実の一日に喜びの念仏をする。
 
〇温泉入浴では、糸魚川の方との奇縁に、人との出会いの不思議さ・楽しさを喜び念仏する。
 
〇公民館長時代は、公民館行事が近づくと気が重かった。今日の会合は、運営審議委員としての出席なので、とても気が軽かった。念仏しつつ、自由人・自在人としての喜びをほのかに感じさせていただいた。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
ちょうどのときにちょうどのことがおこって因縁というものは不思議なもので ああ 因縁よ ナムアミダブツ いんねん不思議 いんねん不思議 いんねん不思議【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p164いんねん不思議】
 
仏道を学んでそれを身につけた人は、いかなる状況にあろうとも、決して他人の評価に左右されることもなく、また他人からの援助をもとめることもなくて、いついかなる時間と場所においても、まさしく自ら由って立つところの自由人として生き、また自らにおいて在るところの自在人として生きていくことができる。【信楽峻麿著「真宗学概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】
 
2018年5月20日(日)晴れ
2018-05-20
起床
3時30分(8時間弱睡眠)
早朝日課
計量(63.1㎏=昨日比+0.2㎏)・HP更新→6時40分晨朝・剣玉、閉眼片足立ち
自由時間(7:00)
本堂前部屋でCD聞きつつゆったり念仏思索・フルート朝練
・8時
朝食→念仏仮眠(パソコン室)
・9:00~9:50
フルート公開練習(本堂前部屋)①
・10時
(坊守協力運転)富山市豊田東NT家行【坊守、そのまま魚津行】
・11時15分
同家月忌→(正信偈徒歩)豊田口バス停へ行ったがバス到着まで40分程あるので(再び正信偈徒歩)下富居口行き・ここで20分待機
・12時35分
下富居口バス停で地鉄バス乗車→12時50分富山駅前下車
・13時
富山駅マルシェで白エビ刺身・冷酒1合
・13時39分
地鉄電車に乗る【車内で、マルシェで買ったお酒(270CC)とおつまみいただく。】
・15時30分頃
宇奈月温泉駅下車→循環電気バス(エミュー)で帰寺
・16:00~17:50
フルート公開練習(本堂前部屋)②
・17時50分
お夕事・閉障
・18時
BSで大河ドラマ「西郷どん」・BS時代劇「鳴門秘帳」を観つつ、晩酌(赤ワイン300cc・副食4品)
・19時
日記付け・HP更新
就寝
21時30分
○今日の念仏所感
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
〇法務は富山での月忌1軒だった。行きは坊守協力運転だったが、帰りは富山駅まで地鉄バス、富山駅から地鉄電車、宇奈月では電気バスだった。マルシェと車内でお酒をおいしく頂く。天気も爽やかで半日旅行気分を満喫できたこと喜び念仏する。今日は日曜なので、テレビと晩酌を喜びの念仏しつつ楽しんだ。
 
〇今日の北日本新聞みんなの伝言板「るんるん」欄に「5月27日 フルート法話のつどい」(上の画像)が掲載された。「多くの方の目に触れますように。この案内によって、ご来寺の方がありますように。」と願い、念仏する。
○所感記しつつ読み直した言葉
 
 
 
 雲みれば雲の呼びかく 水みれば水の呼びかく ものみなに呼びかけられつ ものみなとしたしみ生くる ああ 幸(さち)幸(さち)【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p149 ああ 幸】
 

樹徳寺
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉129-1
TEL.0765-62-1621
FAX.0765-62-1710
──────────────
浄土真宗
──────────────

<<樹徳寺>> 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉129-1 TEL:0765-62-1621 FAX:0765-62-1710