本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年11月10日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①9時 地元2区SH家で月忌をお勤めしました。
②11時30分 入膳13区SU家で三七日をお勤めしました。
③12時10分 入膳16区KY家で月忌をお勤めしました。  
 
フルート練習 17時台 ロングトーンと24日フルート法話のつどいでのH氏とのデュオ1曲を練習しました。(全く、申し訳程度の練習となりました。)
 
温泉入浴  9時30分、総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
【会館スタッフが「まだ男風呂は十分に温まっていません。我慢して入ってください。入浴券は要りません。」と謝って、只で入浴させて下さった。
 最初少々、温ぬるめだったが、ゆっくり入っているとだんだんいつもの熱さになってきた。「無料で、入れていただき、ありがたいことよ。」とスタッフのお気遣いを尊く思い念仏しました。】
 
 
(以上、報告終わり) 
〇早朝日課は、HP(9日念仏実感日記等)の編集に手間取り、7時ごろようやく公開となった。【早朝ルーティンワークはほとんどできなかった。】
〇先月の入膳16区KS家月忌のとき、同氏(入善混声合唱団代表)から「ぜひ聞きに来てください。」と同団第8回定期演奏会のチケットを2枚頂いた。今日は、坊守と、心待ちにして入善コスモホールに出かけた。皆様のこの演奏会に掛ける気持ちを尊く感じて聞かせていただいたので、あっという間に2時間が過ぎた。
 演奏会前後には、何人もの、久しぶりの懐かしいお顔に接した。帰寺後、お顔思い浮かべつつ無相さんの念仏詩「一期一会のみんな悲しく懐かしく。」を口ずさみ念仏した。
 
〇今日の言葉 
宇宙に響く音声がきこえてくると、わたしたちの心は極限までたかめられ、全身が感動につつまれます。・・・・
・・・・声にして歌うと心は高まり、その心が他の人々にも伝わり、人も空間も澄みきった清らかなものになってゆくから不思議です。【海野公子著「ばあばあのおめめは仏さまー老病死に向き合った“信”のあゆみ」自照社出版】
 
〇11の外出予定
  9時 温泉入浴
  (終日地元での念仏生活)

2019年11月9日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 11時 入膳17区AT家で月忌をお勤めしました。
   今日の法務はこれだけでした。  
 
準法務  13時30分から30分の間に、次の3組が相次いでご参詣、ご朱印応対をしました。
      ①滑川の男女ご参詣 女性の方にご朱印紙作成しお渡ししました。
      ②6,7名の女性グループがご参詣。茨城県(だったと思う)富山のお二人のご朱印帳に記帳・押印しました。話が弾みフルート(ふるさと)を聞いていただきました。
      ③富山県八尾の女性お一人ご参詣。ご朱印帳に記帳・押印しました。
      更に
      ④15時30分(外出直前)愛知の男女ご参詣。女性の方のご朱印帳に記帳押印しました。
 
フルート練習 14時台、基礎メニュー(40%)と24日フルート法話のつどいでのH氏とのデュオ3曲を練習しました
 
温泉入浴  9時過ぎ、総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
 
(以上、報告終わり) 
〇起床と同時に(このところ、ずーっと心にかけ、念仏イメージしていた)11月24日のフルート法話の案内状作成集中した。4月に年間計画票を送付したのだが、今月は法友NH氏(ギター)と私(フルート)のデュオがあり、終了時刻が30分ほど遅くなるので、改めて案内状を配布することにした。
 7時過ぎ、ようやく、はがき185枚の宛名印刷を終えた。
 8時台に、改めて、185名の宛名の確認、チェックをし、9時過ぎ、総湯会館へ行く途中投函。ホッと念仏して、気分を切り替えさせていただいた。
  もう14枚、宛名印刷のしてないはがき(内1枚は郵便番号未記入で保留)がある。これは数日中に心当たりの方へ送りたいと思う。
 〇今日は坊守の75歳の誕生日だった。滑川の長女Sさんに数日前に呼びかけ、Sさん、孫Aちゃんとともに富山市のレストラン「ぬきえ」でお祝い会食をした。
私がこのように毎日法務・フルート・温泉入浴の三本立て念仏生活を送れるのも、坊守があってのこと。特に坊守協力運転があってこその法務となっている。坊守にとっても、この協力運転が一日の生活を活性しているようだ。「二人三脚の法務が一日も長く続きますように。」と願いつつ念仏した。
 
〇今日の言葉 
当相敬愛(とうそうきょうあい)ということがあります。夫婦の愛も敬う心がなければ愛になりません。・・愛は人間愛とかヒューマニズムとかいって大切にされますが、それに敬うというものがともなわねばなりません。その敬うことの根源は朝夕の礼拝というものによって養成されるのであります。
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ3」日々のつとめ p66】
[註]当相敬愛 真宗聖典p59に 「当相敬愛無相憎嫉 」当(まさに)相敬愛して相憎嫉することなかるべし。とある。
 
〇10の外出予定
  9時30分 温泉入浴
  11時~16時30分 入善

2019年11月8日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 9時30分 地元2区ST家で月忌をお勤めしました。
   今日の法務はこれだけでした。 
  
 
準法務  9時頃 群馬県男性宛ご朱印紙(11月3日受付)をようやく作成。9時30分郵送しました。
 
フルート練習 ①6:30~7:00 ②13:30~16:15の2回に分けて、基礎メニュー(80%)と24日フルート法話のつどいでのH氏とのデュオ3曲・レパートリーA8曲を練習しました
 
温泉入浴  10時30分総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
その他 8時45分 樹徳会11月月例事務をして、9時30分頃 会費振込依頼書を北銀へ届けました。
 
  
(以上、報告終わり) 
10月18日から続いていた組合報恩講が昨日で終わり、法務は地元月忌1軒なので終日地元だった。
外出は、9時半~11時50分(銀行→月忌→総湯会館→郵便局)の1回だけ、後はのんびりと一人で自坊念仏生活を楽しんだ。
久しぶりに、じっくりとフルートができたこともありがたかった。
 
〇今日の言葉 
ゆったりとお気に入りの椅子に座って音楽を聴く、読みたい本を読む、ひとりで旅をする・・・。どれも私にとって最高に楽しい、幸せな時間です。(中略)このようにして、あなたなりの「ひとりで楽しむ文化」という心の引き出しを増やしていきましょう。それは、あなたらしい人生の歓びをさらに充実させる大切な引き出しとなると思います。 
【あなたの人生を誰かと比べなくていいp48(五木寛之著 PHP研究所発行)】
 
〇9の外出予定
  9時台 温泉入浴
  10時30分~12時 入善

2019年11月7日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
  ①9時30分 地元3区YT家で月忌をお勤めしました。
  ②10時30分 入膳10区HY家で月忌をお勤めしました。
  ③11時 入善町上田HU家で月忌をお勤めしました。
  ④12時30分 入善町新屋 円林寺報恩講(満日中)に参勤しました。(組合7ケ寺参勤)
 
準法務  8時30分入善町男性宛ご朱印紙(11月1日受付)をようやく作成。9時30分郵送しました。
 
 
フルート練習 5:30~7:00 基礎メニュー(80%)と24日フルート法話のつどいでのH氏とのデュオ3曲を練習しました
 
温泉家庭風呂入浴  就寝前久しぶりに家庭風呂に入りました。
 
  
(以上、報告終わり) 
〇円林寺の満日中で今年度の組合7ケ寺報恩講が終了した。「今年は14日間皆勤。私なりに精一杯お勤め出来て、ありがたかったなあ。坊守の協力運転のお陰だなあ。」と念仏しつつ振り返った。
〇法友(90代の大先輩、S寺前坊守)YU様から10月下旬に「11月7日にバリトン歌手河野克典様をお招きしました。少人数でじっくりと楽しみましょう。同伴は良いのですが、他の方誘わないでください。」とのお招きのお便りをいただいた。【YU様は河野歌手を全国各地追っかけされ、親交を深められたご様子。それがこの催しとなったのだろう。】
今日、コラーレのリハーサル室でリサイタルがあった。坊守とともに出かけた(10数名参集)。
「荒城の月」~「まちぼうけ」まで日本の歌を四季を追ってお聞かせいただいた。涙が出るほど素晴らしかった。
「今、これらの歌の30%ほどしか教科書に残っていません。世代を超えて伝わる歌がなくなりつつあります。」とのお言葉が印象的だった。「世代を超えた心のつながりがなくなってきていることかなあ。私も、フルート法話で仏教讃歌・日本の懐かしい叙情的歌を皆さんと楽しむようにしたい。」とフルート法話の在り方を念仏イメージした。
 
〇今日の言葉 
日本音楽はそれを伝える人の人格やその人の生きた時代の文化そのものを口伝えに受け取って次代に伝えるという音楽の本質を、私たちの祖先は的確に捉えていたと考えるべきだと思います。【法蔵館発行岩田宗一著「声明(しょうみょう)は音楽のふるさと」声明のはなしp18】】
 
〇8の外出予定
  10時台 温泉入浴
  終日地元での念仏生活

2019年11月6日(水)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  月忌勤め皆無で次の法務だけでした。
 14時 入善町新谷 円林寺の報恩講(お逮夜)に参勤しました。(組合7ケ寺参勤)
  
フルート練習  ①6:20~7:00 ②15:40~17:30 の2回に分けて基礎メニュー(60%)とレパートリーA4曲・24日フルート法話のつどいのH氏とのデュオ3曲を練習しました。②では睡魔に襲われ16:30から30分マッサージチェア念仏休憩仮眠をしました。
 
温泉入浴  朝は厳しく冷え込みました。「こういう時は温泉だ。」と9時10分早々と総湯会館湯めどころへ行きました。念仏ルーティンワークしつつ心身を温め、今日のエネルギーをいただきました。
 
  
(以上、報告終わり) 
 総湯会館から戻ると、待望の事務室仕切り戸が建具屋さんによって入れてあった。
早速、事務室内の雑多なものは外に移動して事務室らしくスッキリさせた。「仕切りが入って、小部屋となった。パソコン・コピー機・事務机・本棚がそろい事務室らしくなったなあ。」と喜びの念仏。
「み仏と念仏対話し、父・祖父の護念を感じて、この小部屋で、念仏実感日記や種々の作業をさせていただこう。」と(先のパソコン室にあった)三つ折り本尊を机上に安置し、父、祖父の写真を本棚に飾った。
 
 
〇今日の言葉 
煩悩具足のボロ家にナムアミダブツがすみついてあかりがついてボロ家の おんボロボロが見えまする ナムアミダブツと見えまする
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p120 あかり】
 
〇7の外出予定
  10時~17時 入善(報恩講)・黒部(コンサート)
TOPへ戻る