本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年11月15日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①9時30分 朝日町舟川新 KY家で祥月をお勤めしました。
②14時 入膳12区YY家で祥月をお勤めしました。
 
 
フルート練習 
①6:40~7:10  ② 15:30~17:00 と、二回に分けて基礎メニュー(80%)・24日フルート法話予定曲6曲・同24日のデュオ3曲を練習しました。
 
温泉入浴  11時台 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
(以上、報告終わり) 
今日の法務は、午前(朝日町)午後(入膳)1軒ずつの祥月だった。そのため一日をゆったりのんびりと過ごさせていただいた。
今日は青空で紅葉が映えた。10月は月末になっても紅葉が赤みが冴えず、くすんで淋しかった。しかし11月に入り(特に10日頃から)赤・黄が鮮やかになってきた。今日は秋光に照らされてとてもきれいだった。
また、宇奈月~入善・朝日の途中で見える後立山連峰(鹿島槍~白馬岳)の冠雪がくっきりきれいで、車中から念仏しつつ見とれた。【朝日岳も少し白くなってきた。】 
 
〇今日の言葉
雲みれば雲の呼びかく 水みれば水の呼びかく ものみなに呼びかけられつ ものみなとしたしみ生くる ああ 幸(さち)幸(さち)
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p149 ああ 幸】
 
〇16の外出予定
  9時30分~11時 入善
  11時台 温泉入浴
  

2019年11月14日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①9時30分 黒部市中新 JU家で月忌をお勤めしました。
②10時25分 入善町幸町YU家で月忌をお勤めしました。
③10時55分 入膳9区MK家で祥月をお勤めしました。(17回忌に当たるので、伽陀阿弥陀経正信偈をお勤めしました。
④15時 地元3区TI家で月忌をお勤めしました。 
 
フルート練習 
①6:30~7:10  ② 13:30~14:45 ③ 15:40~17:00 と、三回に分けて練習しました。①の朝練では浜辺の歌の移調練習を楽しみました。
 
温泉入浴 12時台 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ、冷え切った身体を十分に温めていただきました。
 
(以上、報告終わり) 
去る10月21日のあいの風運営推進会議の折、浦山地区ボランティア代表として出席のYN氏から、「正信偈を勤めています。でも、中身が分かりません。書き下し文が欲しいです。」と頼まれた。今朝ようやく、法蔵館の「真宗勤行聖典」の正信偈には下段に書き下し文のあることに気づき、両面コピーし見やすく編集した。
「きっと、喜んでいただけるだろう。正信偈に親しんでいただきたいなあ。」「これが縁でフルート法話にも参加していただきたいなあ。」と念仏イメージしつつ、正信偈・フルート法話案内状を郵送した。
 
〇今日の言葉
正信偈、和讃は、米のご飯のようなものである。その他のご教化は餅や赤飯のようなもので飽きてしまう。ご飯は飽きることがない。【砺波の庄太郎の言葉】概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】
 
〇15の外出予定
  9時~10時30分 朝日町舟川新
  11時台 温泉入浴
  13時30分~15時 入膳
  13時台 温泉入浴
  

2019年11月13日(水)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①9時30分 黒部市吉田NY家で月忌をお勤めしました。
②10時30分 入善町上田KY家で二七日をお勤めしました。
③11時20分 入善町野中FA家で二七日をお勤めしました。
④14時 入膳12区YY家で祥月をお勤めしました。
⑤16時 黒部市浦山からKT様ご来寺。寺内月忌をお勤めしました。 
 
フルート練習 
①6:15~7:00  ② 16:40~17:40 と、二回に分けて基礎メニュー(80%)・24日フルート法話予定曲3曲・同24日のデュオ3曲を練習しました。①(朝練)は大変気分良く集中できました。
 
温泉入浴
 
(以上、報告終わり) 
今日は坊守協力運転で9時に自坊を発って、黒部入善で①~④を勤め、入善タクシーで15時過ぎ帰寺となった。更に自坊で16時に⑤を勤めた。
1回のお勤めは正信偈を中心に20分ほど(つまりお勤めの時間は1時間40分)だが、移動時間調整で9時から16時30分まで7時間半かかった。お勤めに比して移動等の時間が長く、なんとなく不完全燃焼気分だった。
しかし、念仏しつつ振り返り、「お勤めの時は親鸞聖人からのご説法を聞くつもり集中したし、途中の時間も念仏対話しつつ自由・自在に過ごしていはずだ・・」と思い直し、少し完全燃焼気分にさせていただいた。】
 
〇今日の言葉
仏道を学んでそれを身につけた人は、いかなる状況にあろうとも、決して他人の評価に左右されることもなく、また他人からの援助をもとめることもなくて、いついかなる時間と場所においても、まさしく自ら由って立つところの自由人として生き、また自らにおいて在るところの自在人として生きていくことができる。【信楽峻麿著「真宗学概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】
 
〇14の外出予定
  9時~12時 黒部・入善
  13時台 温泉入浴
  

2019年11月12日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 11時 入膳10区HY家で月忌をお勤めしました。 
      今日の法務はこの1軒でした
 
準法務 
  ①14時  魚津市の男性がご参詣。ご朱印帳に記帳、押印しました。
  ②15時 愛知県の女性がご参詣。ご朱印帳に記帳、押印しました。
 以上2件、和やかにお話をしつつ朱印応対しました。
 
 
温泉入浴  9時、総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。  
 
フルート練習 13時15分から17時40分まで練習開始しました。
しかし途中、ご朱印応対2件、農協保険担当の方の所用来寺があり、更にコーヒータイムを取ったりしましたので、正味3時間強。特に前半は集中力なく、後半になってようやく落ち着いて練習しました。基礎メニュー(80%)・レパートリA16曲B7曲・24日のデュオ3曲を浚いました。
 
(以上、報告終わり) 
5日前(11月7日)に、入善町芦埼KI様(男性)宛にご朱印紙(11月1日留守中申し込みいただいた)を郵送した。
すると、今日、同氏から分厚い封書が届いた。「何だろう?」と開封した。
「御朱印ありがとうございました。切手使って下さい。」のコメントとともに大量の切手が入っていた。
切手の内容は、80円切手や50円記念趣味切手シート、お年玉切手(昭和46年、平成23、24、25、26、30、31年)、2円、10円、20円切手シート・・・等々で金額を集計すると4200円以上
になる。
「ご朱印紙がご縁でこのようにたくさんの切手をいただいた。なんとありがたいことよ。今後の、ご朱印紙申し込み50名分の郵送に充てよう。」「それよりも先ず、この切手を使って、明日はKI様(お会いしたことのないだが)にお礼状とともにフルート法話の案内状を送ろう。これがご縁となって、つながりが深まればいいなあ。」と念仏イメージした。
 
〇今日の言葉 
ちょうどのときにちょうどのことがおこって因縁というものは不思議なもので ああ 因縁よ ナムアミダブツ いんねん不思議 いんねん不思議 いんねん不思議
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p164いんねん不思議】
 
〇13の外出予定
  9時~15時 黒部・入善
  

2019年11月11日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 今月になって初めての法務皆無の日でした。
 
準法務 13時30分 女性グループ5名が参詣されました。3名のご朱印帳に記帳・押印しつつ、「どちらからお越しですか?」と尋ねるとお一人の方が「富山市からです。私は、小学生のころ宇奈月に住んでいました。このお寺でそろばん塾があり、通っていました。塾の部屋は本堂を通り抜けて、裏の建物だったように思います。」と語られた。【確かに何年も黒部市石田からそろばんのT先生が来ておられた。庫裡の部屋をお貸ししていた。】
当時をよく覚えておられることに感心して、当時の同級生のお名前などお聞きするうちに、昭和45年ごろ(今から50年前=私が25歳ごろ)のことと分かってきました。
とても懐かしくお互いに当時の思い出話をしました。他の4名も喜んで聞いておられました。最後にフルートを披露し、「またゆっくりお出で下さいね。」と別れました。
とても楽しい時間をいただいたことを喜び念仏しました。
 
温泉入浴  9時、総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。  
 
フルート練習 ①10:30~12:00  ②13:00~13:30  ③14:00~17:40の3回に分けて正味3.5時間、じっくりと練習しました。久しぶりにレパートリーB12まで行きました。
 
(以上、報告終わり) 
今日は温泉入浴以外ずっと自坊での念仏生活をゆったりと楽しませていただいた。
今日の生活にアクセントをいただいたのは、50年前の当時この地で小学生だった女性が、立派になってご朱印記帳に来てくださったことだ。
この方のことは全然記憶にないが、旅館名やお友達について共通することがあり、話が弾んだ。
50年前、沢山の人が住んでいて活気にあふれた宇奈月温泉を懐かしく心楽しく回想し、念仏した。
 
〇今日の言葉 
思い出に生きる、なんていうと、ひどく後ろ向きなこととしてとらえられる方もいるかもしれません。しかし、私は、回想や空想は人間、特に様々な身体的不自由や親しい方との別れを抱えた老年期の方にとっては大事なことだと思うのです。
 精神世界というか、空想なり妄想の世界を遊んだり、その世界を豊かに広げていくことは、高齢者にとって幸福感に直結します。
(中略)空想の世界に生きることは決して悪いことではないし、むしろ人生を豊かにしてくれることじゃないか。・・・と私は思います。
【宝島社発行 五木寛之著「元気に下山 毎日を愉しむ48のヒント」】
 
〇12の外出予定
  9時 温泉入浴
  10時30分~12時 入善
TOPへ戻る