本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年4月28日(日)

 
〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
〇9時30分自坊発。10時から、入善町青木TT家で、旧仏壇廃棄奉告勤めと新仏壇おわたましのお勤めをしました。新仏壇の飾りつけに、仏壇屋さんの到着が大幅に遅れ、11時過ぎようやくおわたましのお勤めとなりました。11時15分、次の法務に急ぎました。
〇予定より30分遅れを謝り、入膳MK家祥月を勤めました。
〇16時~17時30分 「花まつりフルート法話のつどい」をさせていただきました。35名以上参集(福多屋菓子舗ご用意の35名分が全部出て、スタッフ等別のお菓子で補ったよう)。本堂が活気にあふれました。平成最後のフルート法話が、賑々しく終わり、ホッと安堵の念仏をしました。
〇(15時過ぎ入膳KI家からの死去案内によって)18時30分KI家でHIちゃん(1歳7ヶ月 女のお子さん)の枕勤めと打ち合わせしました。お悔みのお言葉も出ないような悲しい空気の中、しめやかに念仏、、悲しいお勤めとなりました。
 
準法務 フルート法話の途中休憩中、千葉県から3人(女性2人、男性1人)、ご朱印ご来寺。後半のフルート法話を聞いていただいた後、ご朱印帳2冊記帳、ご朱印紙1枚作成しお渡ししました。「フルート法話が聞けて良かった。良い旅の思い出になります。」と喜んでいただきました。 
 
フルート  14時台粗々と基礎練習後、今日の予定曲の一部を浚いました。本番は、「真宗宗歌」「花まつりの歌」「花まつり行進曲」(休憩後)「北国の春」「千の風になって」「なんまんだぶつの子守歌」を演奏しました。  
 
温泉入浴
 
就寝   22
 
(以上報告終わり) 
〇・今年の「フルート法話のつどい」が35名以上参集で、盛会裏に終わりホッと念仏。
・今回、仏教聖典朗読を試みた。繰り返し朗読練習した。そして本場、感情移入して朗読した。「声が仏事を作る」だなあ」と念仏。
・全体的には「楽しいフルート法話になりますように」の念仏イメージどおりに進めることが出来た。
〇『フルート法話』を中心に、いくつもの法務をさせていただいた。最後の、枕勤めのお宅は、2階だったので、今日の足の疲れが急増した。晩酌後、念仏仮眠したが、疲労回復せず、お夕事・閉障だけ済ませて、寝室へ急いだ。
 
〇今日の言葉
私たちはとかく、こう体が弱くてはとか、こう生活が困難では生きてゆけぬとかいいますけれども、念仏にはそういうことはない。念仏申せ、念仏申せば限りなく力があたえられる。その限りなくおのれにかえる念仏の力によって、体の弱いことも、生活の困難なことも、あらゆることに耐えて生きてゆくことが出来るのである。【(樹徳寺パソコン内保存)金子先生み言葉集】
 
〇明29の外出予定
9時30分~15時 入善
17時~18時30分
19時 温泉入浴
 
 
 
   

2019年4月27日(土)

 
〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 ・9時入善で月忌1軒を勤めました。
     ・10時 入善町荒又MA家で49日法要(養照寺様の助音)、続いて11時半バーデン明日あけびでお斎でした。
     ・19時 養照寺声明会。今夜は持ち時間が30分程なので、特別編として(明日のフルート法話のリハーサルも兼ねて)仏教聖典の釈迦誕生の部分を朗読、花まつり行進曲をフルートに合わせて歌っていただきました。
 
準法務 16時過ぎ相次いで3組(福井、長野の女性二人連れ・千葉ご夫婦・東京女性二人)ご来寺。ご朱印帳6冊記帳・押印しフルート(ふるさと)2回披露しました。
 
フルート  15時30分から基礎練習開始しました、基礎練習途中、足湯入浴された黒部市フルーティスト二本松 守氏が「フルートの音にひかれて寄りました。」とご来寺。ご持参の木製フルートを披露していただき、併せて、氏のフルートへの思いを聞かせていただき、私のフルートへのアドバイスを頂きました。「素晴らしい同好のかたが、訪ねてくださるとは・・!」と忝かたじけなく念仏しました。
 
温泉入浴
 
就寝   23時30分
 
(以上報告終わり) 
今日は15時台、1時間足らずの念仏午睡のほかは、一日中フル念仏生活させていただいた。
特に16時~17時30分はモーツァルト祭常連のフルーティスト(アマチュア)二本松様の思いがけない訪問・ご朱印希望の方3組(6名)来寺と相次ぎ、忙しかった。
しかし、「短時間に7名の相次ぐご来寺は嬉しいなあ。皆さんから元気を頂いた。」とありがたく念仏した。
「さあ、明日は、『花まつりフルート法話』だ。楽しい気分で進めさせていただこう、皆さんと聞法の喜びを共に出来ますように」と念仏イメージした。
 
〇今日の言葉
息災延命にさせていただいたお陰でまだまだ聴聞できる。・・と冥衆護持の益をいただいてゆくことができるであろう。
【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p27(冥衆護持の益)】
 
〇明28の外出予定
9時30分~11時30分 入善
 
 
 
   

2019年4月26日(金)

 
〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 8時30分に自坊を発って、入善で3軒(9時、9時40分、10時)、黒部市1軒(10時40分)の月忌を勤めました。4軒とも、1~2名参集、歓待を受け、朗々と正信偈等お勤め出来たことを喜び念仏しました。
 
温泉入浴 法務を終えて、総湯会館前で下車。11時30分から小一時間、念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。
 
フルート  午後、前半(13時30分)と後半(15時30分)に分けて、前半は基礎練習メニュー・午後はレパートリー6曲を浚いました。
 
就寝   20時30分
 
(以上報告終わり) 
〇「坊守の回復は何時になるだろう。」と心配だったが、今日は朝から予定通り運転協力した頂いたことを喜び念仏。
〇フルート法話のつどいが明後日に迫り、何をしていても気がかりな一日だった。午後のフルートは時間を掛けた割に集中力がなかった。モタモタと過ごした時間がかなりあった。
 
〇今日の言葉
モタモタ苦にすることはない モタモタやめろは聖道門 モタモタのままが浄土門  モタモタめあてのご名願(みょうがん)モタモタのままナムアミダブツ ナムアミダブツ ナムアミダブツ【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p155 浄土門】 
 
〇明27の外出予定
8時30分~14時 入善・バーデン明日あけび
18時~21時 養照寺声明会(行き帰りの時間を含める)
 
 
 
   

2019年4月25日(木)

 
〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 10時 入善町荒又MA家五七日勤め1軒だけでした。坊守、朝の挨拶時、「右肩が痛くて、辛い。運転できそうにない。」とのことでビックリしました。念仏思案・・・・、8時半、同家に、行きはタクシーにして、帰りは、宝田医院まで送っていただくことにするつもりで電話しました。すると、「そちらまで迎えに行きます。」とのありがたい言葉をいただきました。お言葉どおり、奥様が9時20分迎えに来寺されました。善意運転で同家行、お勤め後、しばらく歓談して、再び宝田医院へ送っていただきました。(坊守は鎮痛剤でお昼前に、痛みが治まったようでした。)
 
準法務 22日に東京男性から申し込みのあったご朱印紙を晨朝じんちょう・剣玉・閉眼片足立ち終了後、作成。8時30分投函しました。
  
フルート 13時から正味1時間半、基礎練習メニューをして、レパートリーA9曲を浚いました。
 
温泉入浴 調髪終了が17時となり、18時過ぎには晩酌をしたいので、近隣、湯快リゾート宇奈月グランドホテルで手早く念仏ルーティンワークしつつサウナと温泉入浴しました。
 
就寝   22時30分
 
(以上報告終わり) 
〇朝、坊守、右肩の痛みで辛そうだった。その姿をみて、「今日の、入善荒又MA家行きをどのようにしようか。」と念仏しつつ思案した。結局、MA家奥様のありがたい善意運転で、無事お勤め出来た。更に、宝田医院まで送っていただいた。(帰りは、タクシーだった。)
 MA家奥様の心遣いがありがたかった。、恐縮しつつ、嬉しく念仏した。
坊守の肩の痛みは、お昼前に鎮まったようで、「大事にならず良かったなあ。」と安堵の念仏をした。
〇4月の花まつりフルート法話が三日後(28日)に迫ってきた。ここ数日「どのように進めようか。」と念仏しつつ頭を悩ませてきた。今日、「そうだ、仏教聖典(仏教伝道協会発行)の史上の仏(ご誕生から御出家前まで。)を朗読し、皆さんとお釈迦様への思いを深めさせていただこう。」と念仏の中にひらめいた。そして「明日明後日は一生懸命朗読練習しよう。」と念仏イメージした。
 
〇今日の言葉
南無阿弥陀仏と念仏申せば万の仏はそれぞれの徳においてお護り下さる
【弥生書房発行 金子大栄著現生十種の益p85(諸仏護念の益)の要約】
 
〇明26の外出予定
8時30分~12時 入善
13時台 温泉入浴
 
 
 
   

2019年4月24日(水)

 
〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  〇11時入善町小杉実家へ富山からKN夫妻がお骨を持って来られ、そのお骨が仏壇前に安置され、荘厳してありました。ご尊父35日に当たり、仏壇前で(2週間早い)中陰明けお勤めをしました。ご親戚の方5名参集。その後皆さんで納骨され、同実家はこれでお仕舞になさるとのこと。今後は、富山市のKN家へ、お近くの寺院(かつて私が紹介)に月忌勤めをしていただくとのことでした。「同家とは、これで、縁が切れた感じだなあ。」と淋しく念仏しました。
 〇13時地元・18時入善町八幡でそれぞれ1軒の月忌を勤めさせていただきました。
  
フルート 午前2時間弱・午後も2時間弱を掛けて、基礎練習メニュー(70%)とレパートリー全39曲浚いました。このように長時間フルートを楽しめたことをに喜び、念仏しました。
 
温泉入浴 13時30分 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつしつつ心身を温めました。
 
 
就寝   22
 
(以上報告終わり)
〇早朝は、昨日の劇団民藝観劇を念仏しつつ振り返り、感想のようなことをHPに記すのに時間が掛かってしまった。早朝読書等早朝ルーティンワークはできなかったが、「せっかくの観劇だ。見っぱなしはいけない、振り返って念仏思索して実感日記に記してこそ、私の精神生活の本当の糧となるのだ。」と自分に言い聞かせた。
〇法務3軒を能率勤めさせていただき、午前・午後とフルートの時間が十分とれたことが嬉しかった。「午前午後に分けて練習すると、集中力が持続すのでいいなあ。これからもこのような日に恵まれますように。」と今後の練習方法を念仏イメージした。
 
〇今日の言葉
仏教は知識ではない。 生活のノウハウでもない。 この生き難い世に生きていく私たちの魂の食べものなの だ。 私はそう感じている。五木寛之. 眠れぬ夜のために―1967-2018 五百余の言葉―(新潮新書) (Kindle の位置No.306-307). 新潮社. Kindle 版
 
〇明25の外出予定
10時~12時 入善
13時台 調髪
17時台 温泉入浴
 
 
   
TOPへ戻る