本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  なんまんだぶつの子守歌
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020年1月31日(金)

〇今日の念仏所感
〇今日の法務は入善町で月忌4軒(10時・10時30分・11時・11時30分)を念仏イメージどおりの時間配分で、念仏対話しつつお勤めした。
〇1月26日、27日留守中にご朱印申し込み2組(3名)あった。早朝、ご朱印紙3枚作成、14時40分郵送した。わずか3枚だが、念仏しつつ、作業に集中し、心的エネルギーを使った。
〇温泉入浴はいつも通り。フルートは、昨日よりも、吹きなれて、気持ちが良かった。念仏とともに楽しく心を浄土に遊ばせていただいた。
〇20時30分就寝の予定だったが。高松葬祭スタッフF氏から、同氏ご親戚MS様(享年82女性)の死去案内を受ける。ひすい野ホールで枕勤め。葬儀は2月2日13時30分と決める。
22時30分帰寺。
 「F家・M家の皆さんの困惑に寄り添い、丁寧にお葬儀させていただこう。」と念仏する。
〇今日の言葉
念仏は・・凡夫のささやき・・自我の崩れるうめき・・善知識に遇うた喜びの声・・大悲を感ずるものの心音(こころね)
【金子先生み言葉集(住職が勝手に選び名づけた6枚のコピーの中の言葉)】
 
〇1日外出 予定
10時~11時30分 入善(月忌1軒)
 
 
 
 

2020年1月30日(木)

〇今日の念仏所感
〇今日の法務は入善で月忌1軒(9時10分)・黒部市で月忌1軒(10時)・魚津で祥月1軒(11時)を念仏イメージどおりの時間配分で、丁寧にお勤めした。
〇10時40分(魚津へ向かっているとき)開進堂楽器センターから、「フルート オーバーホール完了」の携帯電話あった。「何と良いタイミングだろう。」と喜びの念仏。
 魚津での祥月を終え回転寿司で昼食を取り開進堂へ喜び勇んでいった。念仏イメージしていた通りピカピカになったゴールドフルートを「待っていたよ。」と念仏しつつ受け取った。
〇16時から1時間余ピカピカのフルートで基礎メニューをした。とても快く練習を終え、「明日から毎日、お付き合いをお願いします。」と念仏しつつフルートを仕舞った。
 
 
〇今日の言葉
拝めば機械も人間となる。・・・私の知っている人で、もう故人となりましたんですが、彼は、自転車で檀家回りをしておる。帰ってくるときれいに掃除をして「ご苦労であったなあ」いうそうであります。・・・生物でないものを拝むことができないということはいえないんでないでしょうかな。
 そういたしますれば、念仏していけば知識も「智慧」となる。知識のうちに「智慧」を 感ずることができる・・・・
 【(財)真宗大谷派名古屋別院維持財団発行 金子大栄講義録「智慧の念仏」 p44】
 
〇31日外出 予定
9時30分~12時30分 入善(月忌4軒)
 
 
 
 

2020年1月29日(水)

〇今日の念仏所感
今日の法務は地元での月忌1軒(11時)で、終日地元念仏生活だった。
温泉入浴(9時台)とフルート(14時~17時)の地元三本立て念仏生活だったが、以下の二つの事情で、集中力のない一日となった。
①早朝、魚津税務署・黒部市役所宛の報告書作成に時間が掛かった。毎年決まった事務だが、今年ももたついた。
②13組組長さんからいただいていた組会関係資料をどこに置いたか思い出せず。フルート時間の後半はこのことでフルート練習がおろそかになった。
14日から10日間、葬儀4件・京都東本願寺行きで、生活が落ち着かなかった。いろんな寺務がおろそかになったいた。「そのツケが回ってきたようだ。」とモタモタ捜しまわった。(書類は、居間で見つかり一件落着。)
 
〇今日の言葉
どこそこへ行ってきたか、いや忘れた。こういうことを忘れるのは明らかに不徳でありまして、煩悩の中に失念というものを数えてあることは、よほど注意せられたことだと思うのであります。
【コマ文庫発行 金子大栄著「人・仏」業と煩悩(大随煩悩)p156】
 
〇30日外出 予定
8時40分~13時 入善・黒部・魚津
 
 
 
 

2020年1月28日(火)

〇今日の念仏所感
今日は法務(月忌勤め)1軒の予定だったが、昨夜同家から「インフルエンザに罹りました。今月は休んでください」の電話。
法務皆無の日となった。
月例血圧検診・月例ヒアルロン酸注射と満天の湯入浴で、のんびりと一日を過ごさせていただいた。
フルートもどうにか30分手に取らせていただいた。
念仏に呼びかけられて、一日をもったいなく過ごさせていただいた。
 
〇今日の言葉
いつもお念仏の外に居る 外に居るのに内に居る こんなおかしいことはない こんな不思議なことはない 外に居るのは私の性(しょう) 内に居るのはご恩徳 ナムアミダブツのご恩徳 ナムアミダブツ ナムアミダブツ
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p165ご恩徳】
 
〇29日外出 予定
終日 地元念仏生活
 
 
 
 

2020年1月27日(月)

〇今日の念仏所感
早朝は、養照寺声明しょうみょう会の資料作りに専念した(資料は、上記掲載)。声明会は19時からで、それまでに・温泉入浴・六七日勤め・フルートをした。
しかし、その間が、ずーっと声明会の稽古について、
 〇正信偈をお勤めることの意義と喜びをもっともっと実感できるようにしたいなあ。
 〇念仏のおのずと湧いてくる稽古の時間としたいなあ。
と、ずーと念仏イメージして過ごした。
 
〇今日の言葉
親鸞聖人の端正で力のこもった文章をとおして聖人にふれることは、とても大切な道であると信じます。
ですから丁寧に読むとともに、ぜひ声に出して読んで、直接に聖人の語りかけにふれる工夫を大切にしたいと念じます。
【寺川俊昭「親鸞に出会う言葉」より】
 
〇28日外出 予定
9時30分~18時 入善(宝田医院)・魚津(満天の湯)・黒部(たまのクリニック)
 
 
 
 
TOPへ戻る