本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  なんまんだぶつの子守歌
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020年3月10日(火)

〇今日の法務・(=ご本尊への報告事項)
・法務
  ①9時 地元で 月忌1軒
  ②13時 入善町東狐で 五七日 勤め
  今日の法務はこの2軒でした。
 ②では五七日を迎えられたZ様の、奥様・お子様(3名)の4名がそろってお参りされました。4名の和やかな雰囲気をありがたく感じて、私も「和やかに、和やかに」と念仏しつつお勤めしました。
 
 
〇今日の念仏所感
・今日は法務に費やす時間よりも、樹徳会月例事務・(年1回の)確定申告に費やす時間が長かった。
特に、確定申告は毎年のことながら午前中準備に苦労。14時、「これで、提示書類大丈夫だろうか?」とオドオドと申告会場へ入った。係の方の親切さと手際よさによってすぐに終わった。「ああ今年もどうに済んだなあ」とホッと安堵の念仏をした。
・今日も一日、暗くて、先行き見えぬ新コロナウイルスに関するニュースに、念仏しつつも心をオロオロさせながら過ごした。
 
 
〇今日の言葉
身をすててこそと承るが
そのすてるちからが
私にはないので
ようすてぬまま
大悲の中を
ほくほくあるいている
【榎本栄一著「光明土」 p.70 下根げこん凡夫】
 
 
〇11日外出 予定
13時30分~15時 入善町椚山 (月忌) 
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月9日(月)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
・法務
  ①10時10分 入善町小杉で 五七日勤め
  ②10時40分 入膳17区で 月忌
今日の法務はこの2軒でした
  
 
 
・準法務
9時30分頃(入善町小杉へ向かおうとしていたところへ)大阪の3人(お父さんと娘さん2人)が来寺されました。上の娘さんのご朱印帳に記帳押印しました。3人の楽しく和やかなお姿に接し、喜びの念仏が出て下さいました。
 
 
〇今日の念仏所感
今日は午前中で法務・準法務が終わった。
後は自由時間。モタモタと、念仏しつつ温泉入浴・フルートを中心に過ごした。あっという間に一日が経った。
 
〇今日の言葉
私のにちにちは
懈怠と精進が
入りまじり
微妙なあじを醸かもしだす
【榎本栄一師「光明土」凡夫日々】
 
〇10日外出 予定
12時30分~15時 入善町東狐(五七日)・宇奈月市民サービスセンター(確定申告) 
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月8日(日)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
・法務
  ① 8時50分 地元で 月忌
  ②9時10分 ①に続いて地元で 月忌
  ③9時30分  黒部市下立 IA家で 三七日勤め
  ④11時 自坊へ入膳KI家、ご親戚(大人7名・子供3名)参集
    昨年4月1歳8か月で亡くなられたお嬢様の1周忌法要
    法要をされたことに深く敬意を表してフルート(ふるさと・千の風になって・なんまんだぶつの子守歌)
  以上4件の法務でした。
 
 
・準法務
16時30分頃(本堂でフルート練習中)富山の女性3名ご参詣。1名のご朱印帳に記帳・押印。
皆さんのお参詣を喜んでおられる様子に応えたくフルート(ふるさと)を披露しました。
 
〇今日の念仏所感
今日は特に④の法要が印象的だった。
朝から諸準備し、赤ちゃんの法要であることで、丁寧にしめやかにお勤めし、法話では「皆さんの、HIちゃんを思う気持ちに唯々敬意を表します。」とだけお話しし、
ご参集の皆様のまだ心の整理のつかない心情を拝察しつつフルートをした。
 お勤めとフルートが皆さんの心に沁みたような面持ちだった。
「朝から、準備した甲斐があったなあ。」とホッと念仏した。
 
 
〇今日の言葉
(死んだら仏に?への答えとして)仏にするという義務は残れる者にあるということであります。
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ1」p52】
 
〇9日外出 予定
9時30分~12時   入善(四七日・月忌) 
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月7日(土)

〇今日の法務(=ご本尊への報告事項)
・法務
  ① 8時地元(近隣)で 月忌
  ②10時 入善町野中で 月忌
  ③10時30分 入膳10区で 月忌
  ④13時30分 地元3区SS家で ご尊父の49日の勤め
  ⑤15時 入膳6区TT家で 奥様の祥月
以上5軒でした。
 このうち④は、同家奥様とご長男だけお参りで東京のご長女は新型コロナウイルスの影響で来られませんでした。
お勤め終わり「22日にご親戚の方に集まっていただき樹徳寺さんで49日法要の予定でしたが、コロナウイルスが心配で、取りやめます。」とSSさんが話されました。
【私も、そうなるかもと念仏相談し、今日のお勤めは、49日の如く厳粛にお勤めしました。】
また、⑤はTT様自身は立山町の介護施設入所中。同所は現在外出禁止、親族の面会も禁止とのことで、立山町の娘さん夫婦だけのお参りでした。【東京の娘さん夫婦も、コロナウイルスの影響で来られませんでした。】
 
 
〇今日の念仏所感
今日は、上記④⑤はもとより、どこへ行っても、どなたに会っても新型コロナウイルスの拡散・対応に関する話ばかりだった。
念仏しつつも心落ち着かなく過ごした。
宇奈月温泉街の静かさも気になる。
ともかく、「私なりに念仏相談しつつ穏やかに、ゆるゆる過ごさせていただこう」と思うのみ。
 
 
 
〇今日の言葉
生きるんだよ
生きるんだよ
どんなに
くるしくても
かなしくても
生きるんだよ
生きるいのちの中に
にょらいまします
 
ひとりじゃないんだよ
ひとりじゃないんだよ
生きる そのことが
にょらいの生
 【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p94 にょらいの生】
 
〇8日外出 予定
9時~10時   黒部市下立(三七日勤め) 
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月6日(金)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
・法務
  16時30分 入善町上田で 月忌1軒だけでした
 
・準法務
温泉入浴から帰ると、奈良県の女性2名が参詣、待機しておられました。
早速ご朱印帳2冊に記帳・押印しました。
お二人は、本堂内掲示の河合隼雄師の言葉
 「心の底にはたくさんの人が住んでいて
  その人たちと一緒に自分は生きている
  一人だけど一人でない
 みんな自分の人生を支えているとわかると
 『ありがとう』と言わざるを得ない」
が見て、「良い言葉ですね。」と写真を撮っておられました。
私もお二人に加わり「私も、大好きな言葉です。」とお互いに喜び合いました。
 
 
〇今日の念仏所感
今日も自由時間の多い日だった。フルートはあまりできなかったが、一つ一つを念仏とともに丁寧に対応させていただいた。
 
 
〇今日の言葉
仏法にふれるには
身辺の なんでもないことを
ただ心こめて
すること
【榎本栄一師「 煩悩林」ふれる
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p97相談】 
 
〇6日外出 予定
9時30分~12時   入善(月忌2軒) 
14時30分~16時  入善(祥月) 
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る