本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年11月25日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
 ①8時40分 地元2区NN家で月忌をお勤めしました。
 ②9時45分 黒部市生地 ET家で祥月をお勤めしました。
     
 
温泉入浴   12時20分  総湯会館湯めどころで 粗々と念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
フルート練習 16:00~17:30 基礎メニュー(80%)を練習しました。
 
(以上、報告終わり)
昨日の「親鸞聖人を偲ぶ 報恩のつどい」=(樹徳寺報恩講)を終え、快い疲れとホッとした気分の一日だった。
のんびり、やわやわと一日を過ごさせていただいたことを、念仏しつつ喜んだ。
 
 
〇今日の言葉
人生にも楽と言うものがあるのである。けれどもその楽は重荷を下ろした楽しみなのだ.。人生と言うものは荷を下ろしても又担ぐように出来ているのであって、始終何か担がなければならない。その荷を一寸と下ろした時にホッとする、そのホッとするのを、ああ楽だと言っているのであって、いつまでも荷を下ろしておられないで、下ろした次に又担がなければならぬ。楽は消極的であり悩の方は積極的であるから、(お釈迦様は)「人生は苦なり」と言う風に御説きになったに違いない。
【コマ文庫発行金子大栄著「人・仏」四聖諦p186】
 
 
〇26日の外出予定
  10時~12時 黒部
  15時台 温泉入浴
  
  
  

2019年11月24日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  16時~18時 「親鸞聖人を偲ぶ 報恩フルート法話のつどい」を滞りなく元気に勤めさせていただきました。(30名ほどご参集)
  午前中は、次のとおり法務5軒でした。
    ①10時 入膳14区ST家で月忌をお勤めしました。
    ②10時30分 入膳17区KY家で月忌をお勤めしました。
    ③11時 入膳13区SU家で五七日をお勤めしました。
    ④11時40分 入善町八幡SS家で月忌をお勤めしました。
    ⑤12時30分 地元に戻り3区EH家でお勤めしました。
     
準法務  15時15分 京都のご夫妻がご参詣。ご朱印帳に記帳・押印しました。
 
温泉入浴   
 
フルート練習 
 8:30~9:15  ロングトーンと今日のフルート法話「デュオ曲」を浚いました。
後はフルート法話会でデュオ曲(瀬戸の花嫁・昴・故郷)・聖親鸞・しんらん様・あの空見ればを演奏しました。
 
(以上、報告終わり)
「親鸞聖人を偲ぶ 報恩のつどい」=(樹徳寺報恩講)を約30名参集の下、滞りなくお終え、ホッとありがたく
元気に明るく前向きに終えることができたのは
 冥衆護持・至徳具足・諸仏護念・諸仏称賛等々・・・
の恵みがあればこそとありがたく実感念仏した。
 
〇今日の言葉
我々は仏のまことを念仏申すところに知らせて頂くのである。その念仏にこそ、どこまでもおのれに立ち返り、自分に責任を負っていく力がある。念仏衆生摂取不捨とは念仏するところに仏力が現れてくると言うことである
【(樹徳寺パソコン内保存)金子先生み言葉集】
 
 
〇25の外出予定
  9時~12時 黒部・入善(祥月・宝田医院定期健診)
  12時台 温泉入浴
  
  
  

2019年11月23日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  ①13時 入善町上田HU家で月忌をお勤めしました。
      ②15時 養照寺で入膳T家S家の合同上げ法事。養照寺様の助音じょいんを勤めました。
 
温泉入浴   
 
フルート練習 
①8:45~9:15  9時15分からのデュオ最終リハーサルに備え、ロングトーンをしました。
②9:15~10:40 9時15分入善町浦山新NH様来寺。(ギター・フルート)デュオ曲3曲を4回練習しました。呼吸が合ってきていることを念仏実感しました。
「明日はリラックスして楽しく演奏できそうだ。」と念仏イメージしました。
 
 
(以上、報告終わり)
いよいよ「親鸞聖人を偲ぶ 報恩のつどい」=(樹徳寺報恩講)が明日となった。
今回のつどいは次の願いをもって進めたい。
 ①勤行は正信偈・和讃「三朝浄土の大師等次第三首」(念仏讃三淘)の予定。皆さんに伝承されてきた大谷派声明を味わっていただきたい。そして、正信偈・和讃をお作りされた親鸞聖人への思いを深めていただきたい。
 ②ギターのNH氏とのデュオを休憩前に予定。このフルート法話の願いは、皆さんに純粋感情を深めて心を浄土に遊ばせていただき、心を明るくして頂くことにある。心をひらき、深めめていただくことを願いつつ演奏したいと思う。
 ③親鸞様とともに歩ませていただいていることを少しでも実感したい。
 
楽しいつどいになりますように、私も、お集りの皆様も。共に元気をいただくつどいとなりますように・・・ナムアミダブツ、ナムアミダブツ
 
〇今日の言葉
宗教というものは本当の人間の純粋なる感情を教養するものであるといってよいと思います。感情の教養には芸術もあります。・・その純粋感情があってこそ浄土というものを身近に感ずることが出来るのであります。【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ3」往生浄土の道p23】
 
 
〇24の外出予定
  9時30分~12時30分 入善(月忌3軒、七日勤め1軒)
  
  
  

2019年11月22日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  ①8時30分 地元5区KT家で月忌をお勤めしました。
      ②11時 魚津市友道 IO家で祥月をお勤めしました。
 
温泉入浴  法務①の帰りに総湯会館へ行きました。9時すぎ 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ冷え切った心身を温め、活力をいただきました。
 
 
フルート練習 
①12:40~13:30  13時30分からのデュオリハーサルに備え、ロングトーンをしました。
②13:30~14:30 13時30分入善町浦山新NH様来寺。(ギター・フルート)デュオ曲3曲を3回練習しました。
 
 
(以上、報告終わり) 
〇早朝は24日フルート法話の勤行紙作成に2時間かけた。11月は「親鸞聖人を偲ぶ 報恩のつどい」=(樹徳寺報恩講)なので、お勤めは正信偈・和讃「三朝浄土の大師等次第三首」(念仏讃三淘)の予定。皆さんに「どこをどのように勤めているか」が分かるよう和讃念仏讃を節譜付きのA3紙を作成した。
大変時間が掛かったが「これを見つつお勤めを聞いてほしい。きっと、伝承されてきた大谷派のお勤めを楽しんでいただけるだろう」と、当日皆さんがお勤めに感心を持って下さることを念仏イメージした。
〇13時30分から入善町浦山新NH様と24日のデュオのリハーサルをした。1週間連日練習していたので、スムーズにリハーサルが進んだ。
明朝、最後の音合わせの予定。
本番ではNH様に率直な仏教感や親鸞様への思いも聞く予定。「きっと皆さんに喜んでいただけるデュオとトークショーになるだろう」と明るく念仏イメージした。
 
〇今日の言葉
声明(しょうみょう)や歌を通じて、ことばに関心をむけるのも、また世界を広げてくれて楽しいことではないでしょうか。
【タイトルの典拠法蔵館発行岩田宗一著「声明(しょうみょう)は音楽のふるさと」声明・歌・ことばp94】
 
 
〇23の外出予定
  12時30分~16時30分 入善(15時養照寺で上げ法事)
  
  
  

2019年11月21日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  入善町上野 TS家で月忌をお勤めしました。
      今日の法務は、この1軒だけでした。
 
準法務  13時40分頃、男性ご参詣。ご朱印帳に記帳・押印しました。お所を訪ねると「台湾です。」とのご返事。
「台湾ではご朱印帳はない。」とのことでした。
日本を一人旅行中のご様子。朱印帳にはたくさんのご朱印が押印してありました。 
 
フルート練習 
①6:20~7:00 ②13:00~13:40 ③15:45~17:00  と、三回に分けて練習しました。というより、②は13時からずっとする予定だったのですが、ご朱印の方・雪囲い設置の方・損害保険鑑定人の方が相次いでご来寺で、13時40分で中断ししました。15時近くから暇になったのですが、やる気になれず、本堂整備をしました。その後③でフルート法話予定曲(デュオを含む)だけ浚いました。
 
温泉入浴  9時すぎ 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ冷え切った心身を温め、活力をいただきました。
 
(以上、報告終わり) 
今日は落ち着かなく怠け気味に一日を過ごした。特に、13時から17時は、来寺の方や、電話で、集中できなかった。
そのような中で、ずーっと、24日フルート法話の内容が気になり、親鸞聖人の三御影(鏡の御影・安城の御影・熊皮の御影)について語ろうと念仏思索した。
 
〇今日の言葉
怠けてはいけない。
 しかし時には、
 怠けを許す余裕も必要。
      【三行の智恵 生き方について (葉 祥明)p28 〈日本標準発行〉】
 
 
〇22の外出予定
  9時 温泉入浴
  10時30分~12時 魚津市(祥月)
  
  
  
TOPへ戻る