本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  なんまんだぶつの子守歌
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020年2月5日(水)

〇今日の念仏所感
〇「今日・明日とのんびりできそう。」と楽しく念仏イメージしていたが昨朝に続き早朝の死去案内。今回は宮本葬儀店通しで入善町東狐ZM様(享年90男性)。宮本葬儀店と養照寺の連絡がうまくいかず7時過ぎようやく通夜は今夜19時、葬儀は明日11時、共にご自宅で執り行うこととなった。
〇月忌勤めは地元2軒(9時14時だった)
〇通夜は東狐ZMご自宅で19時からお勤めし法話した。
〇宇奈月地区は14時頃から本格的雪(入善の方は雨)で、17時30分降りしきる雪の中坊守は、上手に運転してくれた。ありがたいことよと念仏した。
 
〇今日の言葉
生の意義とは ミダに遇うこと 遇うたらこの世がよろこべる 雨がふろうが 風がふこうがー  ”よび声を ただたよりけり 旅のそら 雨ふらばふれ 風ふかばふけ”
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p93 生の意義と喜び(二)】
 
〇6日外出 予定
10時~14時30分 入善(葬儀・月忌)
 
 
 
 

2020年2月4日(火)

〇今日の念仏所感
〇法務皆無の予定だったが、朝6時20分入善町小杉HA様からご尊父(MA様享年95)の死去案内を受ける。
養照寺様へ連絡するようにお教えする。養照寺様との話し合いで(友引があるので遅くなり)7日18時通夜・8日9時30分葬儀となったとのこと。
このようなことで早朝は不規則で落ち着かなく念仏しつつ過ごした。
〇MA様とは平成14年1月の同氏奥様死去以来の深いお付き合い。樹徳寺へもよくご参詣された。一緒に宇奈月のホテルお酒を精一杯いただいたこともあった(2度だったと思う、あの頃はM様は80歳前後だった。「元気だったなあ」と念仏回想)。13時過ぎ淋しく、懐かしく同家で枕勤めをした。
7日が友引なので、葬儀は8日9時30分となった(通夜は7日18時)。
 
〇今日の言葉
一期一会(いちごいちえ)の みんなかなしく なつかしく
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p108 一期一会】
 
〇5日外出 予定
終日地元念仏生活
 
 
 
 

2020年2月3日(月)

〇今日の念仏所感
今日の法務は入善町荒又での祥月1軒(9時30分)だった。
後の時間は自由自在に、念仏しつつ
準法務(昨日お預かりしたご朱印帳への記帳・押印、先日郵送したが番地記入違いで返送されたご朱印封書の再送)
温泉入浴
フルート(基礎メニュー80%・レパートリーA20B8曲)
を楽しんだ。
 
 
〇今日の言葉
仏道を学んでそれを身につけた人は、いかなる状況にあろうとも、決して他人の評価に左右されることもなく、また他人からの援助をもとめることもなくて、いついかなる時間と場所においても、まさしく自ら由って立つところの自由人として生き、また自らにおいて在るところの自在人として生きていくことができる。
【信楽峻麿著「真宗学概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】
 
〇4日外出 予定
13時~17時 魚津(満天の湯他)
 
 
 
 

2020年2月2日(日)

〇今日の念仏所感
今日は、8時15分自坊を発ち(途中15時台一旦地元に戻り月忌1軒があったが)17時帰寺までに次のとおり法務に勤しんだ。
 ①8時45分 祥月(入善町荒又)
  ②10時 49日法要(3分間法話とフルート)(黒部市生地)
 ③11時30分 三七日勤め(魚津市立石)
 ④13時30分 ひすい野ホールで珠洲市の方(享年82、女性)家族葬→火屋勤め
 ⑤15時20分 月忌(地元)
 ⑥ 16時30分(③の続き)還骨勤行(入善町新上野)
早朝6時頃からの諸準備を入れると一日中法務に心身のエネルギーを使った。
しかし、どのお勤めも親鸞聖人をはじめ諸仏とともに勤め、念仏していることを念仏イメージしてお勤めした。特に念仏は称えつつ聞かせていただいたので、お勤めの都度、たくさんのエネルギーをいただいた。聞名から賜るありがたさを実感しつつ勤しませていただいた。
 
 
〇今日の言葉
十方世界の無量の諸仏が、私に向かって阿弥陀仏の名号を称えるように勧めるために、声をそろえていっせいに称名している、そこでその諸仏の称名の声、そのコーラスに参加することによってこそ、私の称名行が成立してくる。
【信楽峻麿著「真宗聖典学〈4〉正信念仏偈 (真宗学シリーズ)」p62】
 
〇3日外出 予定
9時~11時 入善→黒部→魚津
 
 
 
 

2020年2月1日(土)

〇今日の念仏所感
〇今日の法務は8時から地元2軒の月忌3軒(8時、8時30分、9時)、続いて入善で祥月(10時20分)、地元に戻り二七日勤めをさせていただいた。
〇午後は、温泉入浴・本堂を雪のカーニバルイベント控室に模様替え・フルートと忙しかった。
〇夜は、日記付けしつつ、雪のカーニバルを眺めさせていただいた。雪のない雪のカーニバルなので、(温泉街の雰囲気は)何となく淋しかったが、今年も例年どおり、本堂をイベント控室として使っていただけたことがありがたかった。
〇とりとめのない一日だったが、「一つ一つ丁寧に丁寧に」と念仏しつつ過ごさせていただいた
 
〇今日の言葉
いま目の前にいる誰かと会っている時間とか、いま食べているもの、いま家で休めることの幸いなど、そういう一つひとつをもっと丁寧に感じてもいいのではないでしょうか。
【天童荒太師の言葉 (真宗会館発行 ザインVol.3 P24)】
 
〇2日外出 予定
8時15分~15時 入善→黒部→魚津→ひすい野ホール
16時~17時30分 入善
 
 
 
TOPへ戻る