本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年4月2日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  11時、入善町荒又で月忌1軒のみでした。(10時30分発、12時頃帰寺)
 
準法務  3月30日受付の日進市一家(4名)・4月1日受付の北名古女性(1名)、計5名分の朱印紙作成、2通のコメントと封筒あて名書きをしました。これだけのことですが、念仏しつつ、モタモタながらも慎重に進め40分以上も掛かってしまいました。
 
温泉入浴 総湯会館湯めどころは火曜日休館なので、15時台湯快リゾート宇奈月グランドホテル行き。いつもは浴場が替わると落ち着かないのですが、今日は、そのようなことはなく、ゆったりと念仏ルーティンワークしつつ入浴・サウナ入浴が出来ました。
 
フルート 13時30分から1時間30分、居間で基礎メニュー(1時間)、温泉入浴後、16時30分から1時間強 本堂でレパートリーA16曲を練習しました。
 
就寝   21時30分
 
(以上報告終わり)
〇今日は、5枚の朱印紙作成と2か所への封筒あて名書きに1時間以上掛かった。朱印帳記帳の場合は、やり直しがきかないので一気に記帳するのだが、朱印紙なので「チョット字が不ぞろいだなあ」とか「押印が不鮮明だ。マズいなあ」・・・等々、集中力不足で、やり直し何枚も無駄にした。
 「朱印紙作成は、自分の精神状態がもろに反映されるなあ。念仏と共に、もっともっと人格向上に励もう。私の生きざまが朱印紙に現れるのだから。『たかが朱印紙、されど朱印紙』」と念仏。
外出時投函しホッと安堵の念仏をした。
 
〇夕方、北名古屋の次女Kさんと孫Nさん、Sさん、K君の4人が来た(今夜一泊で明日午後帰る予定。坊守も4泊の予定で付いて行く)。Sさんの高校受験で正月は来れなかったので、今年初めての顔見せ。
 Sさんはめでたく志望の高校に決まり、いよいよ明後日は入学式とのこと。来年はNさんが大学受験、再来年はK君の私立中高一貫校受験・・・と次女家は次々大変そうだ。「穏やかに、事が進みますように。」と孫たちの成長を念仏イメージした。
 
〇次女K家4人の宇奈月着に合わせて、滑川から長女Sさん、孫Aちゃんが来てくれた。総勢8名で蕎麦処「わらびや」で楽しく賑やかに会食した。みんなの健やかな姿を嬉しく眺めて念仏しつつ熱燗2合を頂いた。
 
〇今日の言葉
仏教の基本的な立場とは、人間が仏に成っていく道、ありのままなる現実の人間が、あるべき理想に向かって、人間成長、人間成熟をとげていく道を教えるものです。すなわち、成仏道です。
【信楽峻麿著「真宗聖典学〈4〉教行証文類 (真宗学シリーズ)」p54】
 
〇明3日の外出予定
  8時30分~11時 入善
  13時台  温泉入浴
  17時30分~20時30分 入善いずみホール(通夜)
 
  
  
 
 
 
  
 
 

2019年4月1日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 8時30分~9時40分、地元で2軒の月忌、その後坊守協力運転で黒部市若栗へ行、祥月1軒を勤めました。
 
温泉入浴 14時台 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。
 
フルート 16時から1時間30分 パソコン室で基礎メニュー(1時間)、本堂へ行ってレパートリーA8曲(30分弱)を練習しました。
 
就寝   22時40分
 
(以上報告終わり)
〇5月からの新時代に備えて、新年号が発表された。万葉集の中の「初春の令月」・「風和ぎ」を典拠とした「令和」とのこと。法務からの帰り車中テレビで知り、家に戻り「令」には「良い」「立派な」「優れた」と言う意味があることを知った。そして、「品のある年号だなあ。」と念仏した。
 テレビでは多くの国民が喜んでいる映像がズーッと流れていた。
 「品のある新鮮な言葉は人の気分を転換するもののようだなあ。」とフィーバーぶりを善意に受け止めた。「だから、(み仏自ら発表され、私たちに与えて下さった)名号(南無阿弥陀仏)を唱えると、心がみ仏の世界と向き合う気分になるのだろうなあ。」と、ありがたく念仏した。
 
〇いよいよ今月からフルート法話、再開だ(4月は28日)。「今年は4月に1回だけ年間予定表を有縁の方に郵送しよう。11月まで保存し活用していただけるよう、見栄えの有るものにしたいなあ。」と菅野印刷さんに、チラシ作成をお願いした。レイアウトに日数が掛るとのことだが、来週中の発送を念仏イメージして、「何とか、10日ごろまでに・・」とお願いした。
 
 
〇今日の言葉
おこころ おこころ おこころ おこころ   となえ あらわれ 呼びかけたもう   おこころ おこころ おこころ おこころ【永田文昌堂発行木村無相著p152 おこころ 】
 
〇明2日の外出予定
  10時30分~11時30分 入善
  13時台  温泉入浴
 
  
  
 
 
 
  
 
 

2019年3月31日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 今日は以下のとおり、富山での49日法要(お斎付き)1件でした。
 8時15分  坊守協力運転で富山市太郎丸YY家行。(9時15分に着き、坊守はその後15時まで、大和フェリオで買い物、食事、更にYY家周辺で待機となりました、長時間の待機で大変だったことと推察しています。)
 9時15分から、おけそく盛りや蝋燭準備等をしました。(広い仏間なので、法要会場らしく厳かになりました。)
 10時から49日法要で、養照寺様の助音じょいんをしました。縁借りの地元犬嶋正覚寺様・親戚西養寺様と若院がご相伴され、5人でお勤めしました。5人の声が調和し、気持ちよくお勤めしました。
 11時呉羽ハイツ送迎バスで移動。途中近隣のお墓で私と西養寺様、同若院の3名で納骨奉告のお勤めをしました。
 12時過ぎ 呉羽ハイツでお斎をおいしくいただきました。13時過ぎにはお食事が終わったのですが、「送迎バスは14時過ぎ出発」とのことで、50分近く、時間を持て余し勿体なく過ごしました。(念仏したり、正信偈や文類偈を唱えたりしましたが、「坊守は、うまく時間を過ごしているかなあ。イライラしていないかなあ。・・」等々心が散って落ち着きませんでした。予定通りに進まぬことにイラつく心狭い自分を姿を念仏内観しました。)
 14時20分送迎バスでハイツを発って、YY家へ行き、(長時間待機)の坊守協力運転で、無事16時過ぎ自坊へ帰り、ホッと安堵の念仏をしました。
 
温泉入浴   16時30分総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワークしつつ気分転換させていただきました。
 
フルート  「少しでもフルートを楽しみたい」の思いから、晩酌後に拘らず18時から45分間基礎メニュー(70%)をしました。
 
就寝 22時30分
 
(以上報告終わり)
〇日中の大半(8時15分~16時過ぎ 約8時間)を富山での法要のために費やしたが、あまり疲れることがなく、その後、温泉入浴・フルートが出来たことを喜び念仏。
〇行き帰りそして、長い待機時間の坊守に「よく、協力してくれたことよ。」と唯々ありがたく念仏した。
 
 
 
〇今日の言葉
南無阿弥陀仏と念仏申せば万の仏はそれぞれの徳においてお護り下さる【弥生書房発行 金子大栄著現生十種の益p85(諸仏護念の益)の要約】 
 
〇明1日の外出予定
  10時30分~11時30分 黒部で祥月
  14時台  温泉入浴
 
  
  
 
 
 
  
 
 

2019年3月30日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
  〇9時 入善町横山で祥月。今年も、3兄弟(それぞれ同伴)が参集。皆さんと正信偈を唱和しました。「ありがたい祥月となったことよ。」と喜び念仏しました。
  〇10時20分 黒部市上田家野新かみたいえのしんで月忌。お一人暮らしで、せっせと応対していただきました。「大変なことだなあ。」と思い遣り、ありがたく念仏しつつ、お茶を頂きました。
  〇16時 入善町一宿いちやどりで、仏壇前で納骨奉告のお勤めをして、お墓へ行き、三誓偈を勤め納めました。ご家族と近隣親戚の方合わせて10名以上参集。仏壇での正信偈の時は皆さん元気に唱和さ れました。「参集の方とお勤めすると、力が出るなあ。」と嬉しくいさみの念仏をしました。
 
準法務  
 〇11時10分 午前中の2軒の法務を終えて帰寺。直ぐに(昨日留守中 申し込みいただいた)神戸女性用ご朱印紙を作成しました。明日発送しようと思います。
 〇14時 富山市太郎丸YY家で、明日の49日法要の準備をしました。本尊を奉掛、その右に法名・お骨壇を設けました。広い仏間なので、ゆったりとした厳かな式場となりました。「きっと明日は、厳かな49日法要になるだろう。」と念仏イメージしました。
 
温泉入浴  
 
フルート  すべての法務・準法務を終えて17時過ぎ帰寺。「少しでも、フルートに触れたい。」と約20分 基礎メニューを30%ほどしました。「わずかでも、このようにフルートに触れると、心が楽になることよ。」と嬉しく念仏しました。
 
 
 
就寝 21
 
(以上報告終わり)
起床と同時に「今日は、入善・黒部・富山と法務、準法務に移動しなければならないなあ。うまく行くかなあ。」ととても気になり、念仏相談しつつ一日の行動日程を一覧表にして、坊守に渡した。
そして途中、念仏相談しながら時間微調整し、①8時~11時  ②12時15分~17時と2回に分けて、外出、法務、準法務に勤しんだ。
ほぼ順調・穏やかに、予定通り進行できたのは、早朝の行動日程表作成と、事ごとに念仏相談しつつ細かく時間調整したお陰。「念仏相談は大切だなあ」と喜んだ。
 
 
〇今日の言葉
相談 相談 いっさい相談 ナンマンダブツさまに ご相談ー  ”ナンマンダブツ ナンマンダブツ ナンマンダブツ” と ご相談ー 【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p97相談】 
 
〇明31日の外出予定
  8時10分~14時 富山で49日法要 ・お斎(呉羽ハイツ)
  15時台  温泉入浴
 
  
  
 
 
 
  
 
 

2019年3月29日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  午前(10時)入善、午後(16時30分)地元で一軒ずつ月忌勤めがありました。
 
温泉入浴  入善での法務を終えての帰途、総湯会館湯めどころで下車。10時40分、同所で念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。
 
フルート  13時30分~16時20分、じっくりと練習しました。 前半は、パソコン室で基礎練習メニュー・後半は本堂で、音響装置を使ってレパートリーA16曲・B2曲を練習しました。
 
準法務  入浴中に大阪の女性来寺ご朱印紙依頼を坊守が受付。「13時頃取りに来ます。」とのこと。入浴後、朱印紙作成、13時ご依頼の女性来寺、「元気に良い旅を続けて下さい。」と話し、お渡ししました。
 
就寝 20時30分
 
(以上報告終わり)
昨夜遅くまでのテレビ観劇【松本清張原作「砂の器」】で睡眠時間は4.5時間となってしまった。今日は夕方までずっと睡魔と格闘の一日となった。
そのような中、念仏仮眠・二度寝・(長時間)念仏午睡をしつつ法務・フルートの念仏生活をすることが出来たことを喜び念仏した。
 更に(時間的にはわずかながら)準法務として大阪の女性に朱印紙応対できたことに対して、「一期一会」と喜び念仏した。
そういえば金沢の女性から「先日はご丁寧にご朱印の郵送ありがとうございました。お留守の場合、書き置きのご朱印があるのは多々ですが、このように郵送と言うのは初めてで、私にとって忘れられないご朱印となりました。・・・」のはがきを今日受け取った。このことでも「一期一会」と喜びの念仏をした。
 
〇今日の言葉
一期一会(いちごいちえ)の みんなかなしく なつかしく【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p106 一期一会】
 
〇明30日の外出予定
  8時30分~11時 入善・黒部
  12時30分~17時 入善→富山→入善
  17時台 温泉入浴
 
  
  
 
 
 
  
 
 
TOPへ戻る