本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年7月8日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 〇月忌は地元2軒でした。9時から1時間、念仏徒歩で勤めさせていただきました。
 〇入善タクシーで富山市水橋クレールみずはし式想会館を往復し、水橋中村KW様(享年81女性)の通夜を勤めさせていただきました。(家族葬とのことでしたが50名程参集、喪主KW氏の日頃のお付き合いの賜物だろうと拝察しました。)
 W家は宇奈月温泉を離れられて富山市生活30年以上にもなるのに、このようにお葬儀を依頼されました。喪主KW氏(かつの塾生)が私を慕って下さる心情・同家との変わらぬ心のつながりをありがたく感じてお勤めし、KW様への思いを深めて法話をしました。
 
準法務   15時(フルート練習中)大阪の男性1名来寺されました。ご朱印帳記帳押印し、少し旅の様子をお聞きしました。。
 
温泉入浴 11時台 総湯会館湯めどころ行きました。念仏ルーティンワークし、通夜の交通手段、法話内容を念仏イメージしつつ入浴をしました。
 
フルート練習 14時に始めて16時40分フルートを片付けました。その間、電話応対、ご朱印等来寺の方への応対があり、正味2時間弱で。基礎メニュー(50%)・レパートリーA8曲を練習しましたs
 
就寝  21時15分
 
(以上報告終わり)
 午前中は、昨日動き回った疲れ・きときと寿司での過分のお酒の影響で、モタモタしながら早朝日課や、月忌を勤めた。温泉入浴によって気分をすっきりさせていただき、温泉入浴できることをありがたく感じて念仏した。
 午後はフルート中心に過ごしたが通夜を控えているので念仏しつつ落ち着かなく過ごした。
通夜の行き帰りについては、坊守が町内女性会懇親会のため協力運転できないので、交通手段をあれやこれやとモタモタ念仏相談し結局入善タクシーを利用することにした。
「何故、『タクシー利用』と即決できないのだろう。今回の場合これが最良のはずなのに。」と優柔不断な自分を念仏内観した。
 
 
〇今日の言葉
不思議な不思議なナムアミダ いろいろゴタゴタおこるけどナムアミダブツが顔出すといつしかゴタゴタとけっちゃう 不思議な 不思議なナムアミダ
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p99不思議な】
 
〇明9の外出予定
9時30分~15時過ぎ クレールみずはし行き
15時30分~17時 黒部行き
 

2019年7月7日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 今日は法務複雑だったので以下順次報告します。
〇8時 地元近隣NY家月忌
〇10時 入膳13区KY家 四十九日法要 養照寺様の助音じょいんを勤めました。
〇10時45分 魚津市営宮津霊園でKY家納骨奉告の勤め
〇13時20分 地元3区YT家月忌
〇13時40分 地元3区EH家 二七日
〇14時30分頃 富山市下梅沢KW氏から「母が身罷りました。17年前の父の時同様葬儀をお願いします。クレールみずはし式想会館にいますので来てください。」との電話。早速。クレールみずはし式想会館の場所を調べ・諸準備をして坊守協力運転で15時20分に出て16時頃スムーズに同館着・枕勤めをし、打ち合わせで「8日19時通夜、9日11時葬儀」となりました。 
 
 
準法務   13時埼玉県の女性3名でご参詣にご来寺。1名にご朱印帳記帳押印、1名に朱印紙をお渡ししました。
 
温泉入浴 12時40分 孫K君を連れて総湯会館湯めどころ行きました。熱いお湯が苦手のK君の様子を気にしながら、念仏ルーティンワークもそこそこにして手短に入浴をしました。
 
フルート練習 
 
就寝  20時 
 
(以上報告終わり)
14時頃まで、ほぼ予定通りの念仏生活だった。「この後剣玉・閉眼片足をしてフルートをしよう。15時30分にセレネへ行き澤クヮルテット七夕コンサートを聞き、18時からは一人晩酌日曜日テレビタイムを楽しもう。(18時から坊守は滑川長女Sさん宅へ三女Wさん一家を迎えに行き、途中で食事をしてくるだろう。)」と思っていた。
その矢先、KW氏(中学までの宇奈月在住時代の塾生、その後も北陸柔専受験の世話や祖母様、ご尊父の葬儀等深くお付き合い)からのご母堂死去の電話で一転した。
クレールみずはし式想会館は長女Sさん宅と近かった(車で10分程しか離れていない)。それを幸いに、枕勤め打ち合わせ後、Sさん宅に寄り三女Wさん一家と合流した。Sさん一家と共に8名できときと寿司での夕食となった。
「全く思いがけない14時以降となったなあ。18時45分帰寺までは念仏相談しつつ慎重に対応させていただいた。しかし、帰寺後就寝までは酔いのため念仏相談疎かにダラダラと過ごしてしまったなあ。」と振り返り念仏した。
 
 
〇今日の言葉
相談 相談 いっさい相談 ナンマンダブツさまに ご相談ー  ”ナンマンダブツ ナンマンダブツ ナンマンダブツ” と ご相談ー 【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p97相談】 
 
〇明7の外出予定
10時台 温泉入浴
17時30分~21時 クレールみずはし行き
 

2019年7月6日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
〇午前は、入善町上田の3軒を次のとおり、順次お勤めしました。
 ・9時30分 二七日勤め
 ・10時 月忌勤め
 ・10時30分 祥月勤め
〇 午後は14時地元で月忌1軒勤めました。
 
準法務   フルート練習中、17時ごろ、長野県の男性来寺。ご朱印帳に記帳、押印しました。
 
温泉入浴 12時40分 孫K君を連れて総湯会館湯めどころ行きました。熱いお湯が苦手のK君の様子を気にしながら、念仏ルーティンワークもそこそこにして手短に入浴をしました。
 
フルート練習  15時30分から17時40分までフルート時間に充てましたが、1時間程、基礎メニュー(60%)をしたら眠くなり20分念仏仮眠。その後、ご朱印ご来寺への応対があり、40分程のレパートリー9曲となりました。
 
 
就寝  20時45分 
 
(以上報告終わり)
昨夕、アトランタの3女母子3人が一時帰省し、5人生活となった。今日の三本立て念仏生活は何となく落ち着かなかったが、心楽しかった。
特に、K君(もうすぐ10歳)を温泉入浴に誘ったら喜んでくれたことが嬉しかった。少々心配だったが入浴態度もしっかりしていた。
「昨年、誘ったときは、『いやだ』と言いダメだった。(6年前)2013年11月、台北生活だったWさん一家を訪問した時(K君4歳)、台湾のホテル加賀屋でK君と入浴したが湯舟に浸からなかった。今日は立派だなあ。」とK君の成長ぶりが嬉しく念仏した。
夕方、滑川の孫Aちゃんがきて、6人で夕食を賑やかに頂いた、更に、20時過ぎSちゃん、Aちゃん、K君の合同誕生会でケーキを頂いた。「団欒の喜び」を頂いたことをありがたく念仏した。
 
 
〇今日の言葉
〇楽しみは 妻子(めこ)むつまじく うちつどい 頭(かしら)ならべて 物をくう時
〇楽しみは 三人(みたり)の児(こ)ども すくすくと 大きくなれる 姿みる時
            【橘曙覧(たちばなのあけみ)『独楽吟』から】
 
〇明7の外出予定
9時~12時 入善・魚津
16時~18時 セレネでコンサート鑑賞
 
 

2019年7月5日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
〇9時 地元で月忌1軒勤めました。
〇10時 自坊でSA様(黒部市三日市から来寺)依頼の法要(同女のご主人13回忌、お姑さん23回)をお勤めしました。
  SA様、ご主人、お姑様は長く宇奈月温泉で生活されていた(しかも樹徳寺近隣だった)ので、当時のことを振り返り親しくお話しし、丁寧にお勤めし、先立たれたお二人を偲ぶ心を深めていただきました。
 法要とお茶は終わりましたが、SA様はその後も坊守と親しく歓談(私は温泉入浴行き)。12時過ぎ、坊守が途中まで送って行きました。
 
温泉入浴 11時総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。ほとんど貸し切り状態でのんびりしました
 
フルート練習  13時から約2時間、基礎メニュー(60%)とレパートリー11曲を練習しました。
 
その他  アトランタ在住の三女と孫二人が一時帰省しました。3週間ほど滞在予定。私の念仏生活も少し賑わいが増しそうです。
 
就寝  19時30分 
 
(以上報告終わり)
〇今日の法要は、かつて、自坊近隣で生活され、よく行き来していたお家の寺内法要だった。お勤めしているうちに、段々とご親戚の法要のような心情にさせていただいた。
「よく知る方の法要は私自身の懐かしい心を深めさせていただけるなあ。」とありがたく実感念仏した。
〇アトランタから三女Wさん、孫Sちゃん(12歳)K君(誕生日が来ると10歳)が一時帰省。アトランタ生活、満2年となり落ち着いた感じを受けた。二人の孫が素直に成長していることがとても嬉しく念仏した。
 
 
〇今日の言葉
われらはどうしても世間をはなれることはできないのであり、名利愛欲の世をはなすことはできないのです。しかしできないけれども何かそこに仏教化していく道はないであろうかというところから、念仏往生の道が開けたのであります。【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ2」聖道と浄土の教え p26】
 
〇明6の外出予定
9時~11時30分 入善
13時台 温泉入浴
 
 

2019年7月4日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 舟橋村無量寺での祠堂経会二日目でした。二日目は、9時30分からの晨朝(すぐ続いて)日中勤行と11時45分からの教如上人寿像御開帳のお勤めだけでした。今日はフルート演奏がないので昨日と違いとてものんびりとした気分でお勤めしました。12時に同寺心尽くしの昼食を頂き12時45分に同寺をお暇し、新幹線、タクシー利用のお陰で14時10分に自坊へ戻りました。
 
フルート練習  無量寺から戻り念仏午睡をしましたが、まだ少し疲れが残っていました。しかし、15時から1時間45分基礎メニュー(60%)とレパートリー12曲を練習しているうちに気分をすっきりさせていただきました。
 
温泉入浴  夕方になると総湯会館まで歩くのが億劫になり、昨日に続いて近隣湯快リゾート宇奈月グランドホテルへ行きました。念仏ルーティンワークしつつ、気分爽やかにしていただきました。
  
就寝  21時30分 
 
 
(以上報告終わり)
〇今年も無事 二日間の無量寺祠堂経会に参勤出来たことに、「み仏の大きなお力添えがあったればこそ。」と二日間の種々の護念・護持のお働きを振り返りつつ念仏した。
〇無量寺からの帰りについては、時刻表を見ないで「出たとこ任せだ」と超近隣越中舟橋駅へ行った。タイミングよく富山行電車が来たので乗車した。富山駅では、ほとんど待ち時間なく新幹線に乗車、13分間で黒部宇奈月温泉駅下車。舟橋駅からわずか40分程で黒部宇奈月温泉駅に着いたこことになった。
「不思議なくらい順調に進んだことよ。」とありがたく念仏し、あとは、「もう歩くのはイヤだ。」とチョット贅沢をしてタクシー自坊横づけで戻った。
「スムーズ進行のお陰で、午睡後、十分にフルート出来ことよ。」と喜び念仏。
 
 
〇今日の言葉
我々は仏のまことを念仏申すところに知らせて頂くのである。その念仏にこそ、どこまでもおのれに立ち返り、自分に責任を負っていく力がある。念仏衆生摂取不捨とは念仏するところに仏力が現れてくると言うことである【(樹徳寺パソコン内保存)金子先生み言葉集】
 
〇明5の外出予定
13時台 温泉入浴
15時30分~18時30分 黒部(たまのクリニック他)
 
TOPへ戻る