本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年10月6日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①10時 地元2区NY家で月忌をお勤めしました。
 ②13時30分 入善町上田 HU家で月忌をお勤めしました。
 
準法務
①【上記法務①で外出中、富山市の女性3名、さらに立山町の男女2名ご参詣、待機。坊守、急遽、迎えに来てくれました。】
 10時25分  富山市女性の方々のご朱印帳2冊(3名中ご朱印帳ご持参は2名)に記帳押印。続いて立山町の男女のご朱印帳2冊に記帳押印しました。
  【立山町の女性は ,「先日のテレビ紹介によって、『是非 会って記帳を!』とやってきました。お会いできてよかったです。」と喜んでおられました。】
②16時頃(フルート練習中)東京の老ご夫妻がご参詣され、お二人それぞれのご朱印帳に記帳押印しました。宇奈月温泉、樹徳寺の歴史についてお話ししました。
 
温泉入浴   11時 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ、「ご苦労掛けているなあ。」と身体と念仏対話し、癒しました。
 
フルート練習  14時50分から17時30分まで(途中ご朱印応対等で中断)正味2時間強、基礎メニュー(80%)・レパートリーA21曲、B2曲を練習しました。
 
(以上、報告終わり) 
 〇昨朝に続いて早朝日課が乱れた。
  「毎朝3時アラーム音」と設定の時計電源が外れて、アラームが鳴らなかった。5時自然に目が覚め慌てて起床した。
  そのためHP編集公開完了が7時となって、早朝日課は不完全燃焼となってしまった。
  「『8時間睡眠し5時自然に目が覚めたと』いうことは、普段の3時台起床は無理起きしていることなのかなあ?
しかし、HP編集公開を早朝日課としている間は、3時台起床はやめられないなあ。
昼間マッサージチェア念仏休憩仮眠を2,3回取っているから大丈夫だと思うが・・」と起床について日ごろの体調を省み、身体としばらく念仏相談した。
 
〇10月16日の名大オケ(昭和38年入団)同期会【13時30分名古屋市中区「巌本真理メモリアルホール」でミニライブ・場所を変えて懇親会】
についての私自身の日程を時刻表見つつ念仏相談。
  15日11時頃自坊出発・夕方北名古屋次女T家行き、宿泊・16日同期会出席、再び同家宿泊・17日朝同家出発・12時頃帰寺
このように決め、次女KTさんに同家2泊願いの便りを作成した。
  (KTさんには8月帰省のおり予告依頼してあるので)了解返事を念仏イメージして10時投函した。
 
〇今日の言葉 
 相談 相談 いっさい相談 ナンマンダブツさまに ご相談ー  ”ナンマンダブツ ナンマンダブツ ナンマンダブツ” と ご相談ー 
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p97相談】 
 
〇7の外出予定
9時30分~11時 入膳(月忌)
11時台 温泉入浴

2019年10月5日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①8時 近隣MY家で月忌をお勤めしました。
 ②11時 地元5区MH家で月忌をお勤めしました。
 ③13時 セレモニー東部ホールで入善町東狐KK様(享年74男性)の葬儀。導師養照寺様の助音じょいんを勤めました。
 
温泉入浴  9時 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ今日の心身の活力を補給していただきました。
 
フルート練習  16時から1時間半ロングトーン・浜辺の歌(全音階移調)・レパートリーA4曲を練習しました。
 
就寝  21時
 
(以上、報告終わり) 
 早朝日課が全く乱れた。
起床後の最初の日課として、昨4日の念仏実感日記の編集に取り掛かった。昨日の坊守に対する怒り、不愉快さを綴るのに時間をかけすぎ、保存ボタンを押したがタイムアウトで公開不可能となった。突然の出来事に慌てて10月3日の念仏実感日記も消してしまった。
念仏し、気を取り直して、10月4日の念仏実感日記に再び取り組んだ。心が乱れているせいか、誤字脱字・訂正の繰り返しでなかなかはかどらず。くどくどと、書いていた坊守への非難の言葉も短くし、さり気なくした。ようやく7時過ぎ編集終了、保存ボタンを押し、どうにか公開となった。【10月3日の分は夜、内容短くして編集公開した。】
 そのようなことで、5日の信徒名暗唱・計量(体重)等の日課はできなかったし晨朝も簡単に済ませざるを得なくなった。
今回の出来事について、「坊守への怒りと非難を、心任せに、書くのはよくないよ。」との如来のお諭さとしと受け止めた。
更に、「よく念仏して、心沈めて、姿勢を正しなさい。そして、保存ボタンを押し忘れず日記を書きなさい。」との如来のご催促と念仏しつつ受け止めさせていただいた。
 
〇今日の言葉 
 乱れる心を静め、濁れる心を浄めるものは礼拝念仏の他ありません
【東本願寺出版部発行金子大栄著 現代人の信仰問答シリーズ6 p31】】
 
〇6の外出予定
11時 温泉入浴
13時~14時30分 入善(月忌)
 

2019年10月4日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 19時セレモニー東部ホールで、入善町東狐KK様(享年74男性)の通夜をお勤めしました。
 同地区の通夜が2週間前にもあり、共通の参列者多数。法話を慎重にいたしました。
 
準法務  
 〇9時30分ごろから 10月1日受理の東京女性3名のご朱印紙作成。郵送しました。(12時過ぎ投函)
 〇10時40分 京都の和光舎さんご来寺。夏物法衣13点の洗濯をお願いしました。併せて、その前に冬物をタンスから出してすぐ使えるよう整えました。
 
温泉入浴 
 
フルート練習 
〇9時 約30分ロングトーンを練習しました。
〇13時 入善町浦山新NH様ご来寺。11月24日のフルート法話でのギター・フルートデュオに備えて2回目の音合わせを楽しみました。休憩中の仏教を話題にした会話もとても楽しかったです。 
 おお帰りになった後、基礎メニューを少しだけしました。  
 
就寝  21時45分
 
(以上、報告終わり) 
 9時過ぎ坊守は担当の月忌1軒に入善町舟見へ出かけたものの12時を過ぎても戻ってこなかった。
堪り兼ねて12時15分、こちらから電話した。
「今、コンビニ弁当を買って、向かっています。」とののんびりした応答に立腹。
玄関んに入る坊守に「12時を過ぎるなら電話ができなかったものか。そんな社会的常識、夫婦間のエチケットの心得もないのか!」と立腹した。
念仏しつつも、おさまらず。しかし平静を装い昼食、午後の日課を果たした。
通夜から戻っての晩酌も食前食後の言葉を発するのみ無口で済ませ、事務室へ籠った。
「この状態、しばらく続きそう。」と念仏思案した。
 
〇今日の言葉 
 煩悩具足のボロ家にナムアミダブツがすみついてあかりがついてボロ家の おんボロボロが見えまする ナムアミダブツと見えまする
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p120 あかり】
 
〇5の外出予定
10時 温泉入浴
12時~15時30分 入膳→セレモニーホール東部(葬儀)
 

2019年10月3日(木)

〇今日の念仏所感
 10月5日、編集の際、手書き日記以外すべた消してしまった
当日の内容を思い出しつつ次のことだけ記録する。(10月5日夜 記す)
 
「今日は、河上事務機さんによってパソコン机を入れていただいた。パソコン、コピーのもつれるようになっていたコードがきっちり机裏に収納され、すっかり事務室らしくなった。
念仏しつつ『今回が最後の事務室移転がとなるであろう。心身の不調で使えなくなるまで終の事務室としたい。よろしく・・』と事務室に挨拶した。」
 
 
 
2019-10-05
TOPへ戻る