本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2018年12月8日(土)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務    〇午前中、地元で月忌2軒(9時20分~10時)を勤めました。
        〇13時過ぎ 入善でMY家3回忌法要(併せて蝋燭を立て替えて先代夫妻の追恩法要)
         を勤めました。(5名参集)
 
準 法 務  〇昼食直前 横浜の男性来寺朱印帳に記帳しました。
                  〇午後フルート練習中(16時過ぎ)京都の観光女性2名来寺。1名にご朱印帳記帳、
          もう1名には朱印紙をお渡し,ちょうどフルート練習中だったので「ふるさと」を聞いて
                    いただきました。喜んでいただきました。        
         
温泉入浴  月忌勤めの帰り。総湯会館前で坊守の車から降りてゆったりと入浴しました。
 
フルート  15時30分~17時30分、正味1.5時間練習しました。レパートリーは16曲
     しました。特にレパートリーは快調ペースでした。
  
就寝  22時
 
(以上報告終わり)
 
 〇3回忌法要は、一昨年12月29日にご逝去の方。一人導師でお葬儀をさせていただいたし、
  その後の仏事も一人で勤めさせていただいている。ご縁の深いご家庭だ。
  今日の法要は何となく力が入り、自分がお勤めしつつ、自分自身がしっかりとお勤めの
  響きに浸り念仏させていただいた。
 〇12月になって温泉街はシーズンオフとなったのに今日は3名ご朱印に来寺された。「淋しさを
  転じていただいたことよ。」とありがたく念仏した。
 
〇今日の言葉
 法事もおたいやもせめて僧侶は求道の志にて聞法の態度でありたいものである。
【昭和43年に木村無相さんから頂いた手紙の一部。(おたいや=月忌勤め)。
この文の前に金子大栄先生の「求道は必ず聞法でなくてはならぬものがあるようである。しかし、その道念あれば誦経もそのままに聞法となる。(出典不明)」を引いてある。】
 
明日(9日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
  9時台 浦山方面 
 11時~14時 入善・黒部方面
 
  
  
    
    
   
 
 

2018年12月9日(日)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務      浦山で七日勤め1軒→地元で祥月1軒→入善で月忌1軒→黒部市中新で祥月1軒を
         勤めました。8時30分に自坊出発 、(途中チョット自坊休憩20分)、14時に帰りまし
         た。
         坊守にお願いした通り、念仏イメージとおり勤めることが出来たことを喜び念仏しました。
                          
         
温泉入浴  昨夜遅くからの降雪(日中は断続的)。そのような中での法務を終え、冷え切った身体を
        温めていただきました。「寒い時は温泉にかぎる。」と喜びの念仏を口に浮かべつつ入
        浴しました。
 
フルート  15時45」~17時30分、正味1.5時間練習しました。基礎練習メニューだけで終わりました。
     しました。特にレパートリーは快調ペースでした。
  
就寝  22時30分
 
(以上報告終わり)
 
 〇朝起きて外を見ると10センチほどの雪。今シーズン初めての温泉街降雪だった。「法務への影響は
   ないなあ。」と、ホット念仏した。
  
 〇明日は、東京へ行く予定(今年3度目の観劇が主目的)。早朝は地下鉄・東京メトロバス・新宿末廣亭
   近辺調べなどに時間を費やした。一日中明日明後日の東京生活を念仏イメージしていた。
  
 
 
〇今日の言葉
 右脳のイメージ力を総動員して、一日の仕事絵を描いてみるのです。そこから、豊かなイマジネーションが涌いてきて、仕事の見通しがつき、・・・問題点などが具体像として浮かび上がってくるのです。
【ごま書房新社発行 品川嘉也著「5分間睡眠で脳率があがる」】
 
明日(10日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
  6時 自坊を発って東京行き (東京泊)
 
  
  
    
    
   
 
 

2018年12月7日(金)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務    〇11時40分自坊で魚津市NU家の祥月(手帳に記入していながら朝、確認作業怠り、同
         家からの直前電話で気づかせてもらいました。大失態の一歩手前でした。「朝の手帳確
         認を確実にしよう」と自分に言い聞かせました。
        〇13時 地元月忌1軒 
       今日の法務はこれだけ。楽な日でした。
         
温泉入浴 雨は降っていたし、足も疲れ気味なので久しぶりに徒歩3分の近隣湯快リゾートホテル入浴。
       17時台は入浴の方まばらでしたが、落ち着きませんでした。正信偈等、途切れ途切れに口
       へ浮かべました。
 
フルート  14時~16時台、正味2時間強練習しました。今日は集中力があり、レパートリーは10曲
     しました。気分爽快念仏と共に終えることが出来ました。
  
就寝   21時
 
(以上報告終わり)
 
 法務の確認忘れヒヤリとしたが、それ以外は穏やかな一日だった。「二日間連続の忘年会の疲れは残って
いないのがなにより。」とホッと念仏した。
 
〇今日の言葉
 本当におんはからいに任すという感情を抱かせるのが念仏
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ5」p37】
 
明日(8日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
 12時30分~15時 入善方面
  
  
    
    
   
 
 

2018年12月6日(木)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務    地元での祥月1軒(16時)でした。平成7年12月6日命日。短大1年の冬休みに急逝され
    た。とても思い出深い方です。念仏対話しつつお勤めさせていただきました
 
温泉入浴  昨夜の忘年会の疲れを癒したく9時30分に総湯会館湯めどころへ行きました。
   風呂で、正信偈(順読み・逆読み・飛ばし読み)や嘆仏偈を口に浮かべて心身を温めほぐしまし
   た。
 
フルート  13時~15時台、2回に分けて正味2時間。、基礎練習メニュー(80%)とレパートリー6曲
  をしました。
その他  魚津の料亭「三弦」でデイサービス「あいの風」忘年会でした。15名参集。開会に当たり理事
長挨拶をしました。料理がとても良く、スタッフの皆さんと心を交わし日本酒をいただきました。
 
就寝   22時30分
(以上報告終わり)
 
 朝から、夜の忘年会での挨拶を気にしつつ、法務、入浴、フルートをした。法話・講話・人前での挨拶が
あると、それが終わるまで落ちかけない。そんな自分を念仏内観した。
 
〇今日の言葉
 熱意を生み出すのは、一緒に働く人たちとの間の信頼関係であり、「その人達のことが好きだ」という気持ちなのです【WAVE出版発行佐々木常夫著「働く君に贈る25の言葉」P183
 
明日(7日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
  10時~12時 黒部方面
     12時台 温泉入浴 
  
    
    
   
 
 

2018年12月5日(水)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務    地元での月忌2軒(9時、16時)でした。2軒とも、ご夫妻でお参りされました。お勤め後、
   ご夫妻と和やかに歓談しました。「2軒とも御同朋御同行を感じる良い月忌勤めとなったことよ。」
   と喜び念仏しました。
 
温泉入浴  朝の月忌勤めを終えて、すぐに総湯会館湯めどころへ行きました。広々とした静かなお
   風呂で、正信偈や嘆仏偈を口に浮かべて心身を温めほぐしました。
 
フルート  14時・15時台、正味1時間30分、基礎練習メニュー(80%)とレパートリー4曲をしまし
    た。レパートリー練習になると念仏も「いさみの念仏(元気をいただく念仏)」となりました。
 
その他  ホテル延楽での養照寺役員忘年会に参加しました久しぶりに役員の皆さん(6人)と楽し
    く飲み歓談しました。2次会では、今後の養照寺の在り方を心配する話が飛び交いました。
   「ただひたすら、それぞれの与えられた職務を丁寧に喜びをもって果たさせていただくほかない。
   大いなるお働きが良い方向に導いて下さることを信じて。」と念仏しつつ自分に言い聞かせて21
   時30分自坊へ帰りました。
就寝  23時 
(以上報告終わり)
 
 今日は一日を、念仏と共に六度万行を心がけてゆったりと過ごさせていただいた。
 
〇今日の言葉
 要するに日常生活を、ほんとうにお念仏を申して喜んで生活をしておるならば、日常生活すなわち六度万行なのでないのでしょうか。
【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p163(心多歓喜の益)】 
〈註〉六度万行=お釈迦さまは、私たちが実行しやすいように、善を6つにまとめられました。それが、六度万行(六波羅蜜ともいう)です。
その六つを挙げ、現代語で表現すると次のようになります。
1)布施=親切  2)持戒=言行一致  3)忍辱=忍耐  4)精進=努力  5)禅定=反省 6)智慧=修養  この6つに数え切れないほどの善がおさまっています。 しかも、どれか1つでも実行すれば、 6つ全部したと同じことになるのが六度万行の特色です。
 
明日(6日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
   9時台 温泉入浴 
   17時~21時 魚津行
    
    
   
 
 
TOPへ戻る