本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年7月31日(水)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
 〇9時30分自坊を発って
   ・10時 入膳13区KY家月忌
   ・11時 黒部市吉田 YY家 二七日
   ・11時45分 黒部市若栗 EO家月忌
  を、お勤めして12時30分帰寺となりました。
〇朝、入膳17区従弟のMT氏から「母が身罷りました。」との連絡を受けました。その後同家では養照寺様に枕勤めに来ていただき、「通夜2日19時、葬儀3日10時」と決めたのこと。
 16時30分坊守協力運転で同家へ行き 17時枕勤めをして、同家の皆さんを労い、帰寺は18時過ぎとなりました。
 
準法務  13時過ぎ 念仏午睡から起きようとしていたところへ長野県の男性来寺。ご朱印帳に記帳、押印しました。
 
温泉入浴 13時台 総湯会館湯めどころへ行きました。ほとんど貸し切り状態でした。「このような暑い日、長風呂は無理だなあ。」と念仏対話、念仏ルーティンワークを半分にして、20分程、汗を流し心身をすっきりさせました。脱衣場では20分程念仏仮眠しました。
 
フルート練習 15時から 1時間ロングトーンのみ練習しました。16時30分からの法務のため、今日はこれだけしか出来ませんでした。 
 
就寝  20時30分
 
(以上報告終わり)
今日は、自坊本堂でも30度を超える暑い日だった。外は35度近くだったろうと思う。午前中の法務を終えると、疲れがどっと来た。それで。午後は、何度もマッサージチェア休憩・念仏仮眠等で、更にフルートは1時間にペースダウンしてのんびりした。
まだ気だるさはあったが16時30分、再び入善へ行き、義叔母MT様の枕勤めを丁寧にさせていただいた。「暑い中、法務だけは、元気に、滞りなく出来た。有難いことだなあ。」と念仏しつつ喜んだ。
 
〇今日の言葉
 1、体から発せられるシグナルを的確に捉え、自分なりにコントロールしていくことは、ひとりで生きていくうえでも大切な能力でしょう。・・・「あなたの体のシグナル”身体語”に耳を傾けよう。
【あなたの人生を誰かと比べなくていいp63(五木寛之著 PHP研究所発行)】
 2、体の発する「身体語」を学べば、人は孤独ではありません。考えてみれば、自分の体は生まれてきてから いちばん 長く付き合ってきているつれあいのようなものです。
夜寝る ときに「調子はどうだい?」「 実はこうなんです」などと会話 ができれば理想です。  
  【五木 寛之. なるだけ 医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣 (中経出版) (Kindle の位置No.221-230)】
 
〇明8月1の外出予定
 11時台 温泉入浴
 終日 地元生活
 

2019年7月30日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  9時自坊を発って9時30分入膳8区ON家、続いて、10時、幸町YM家月忌を勤め、11時帰寺となりました。今日の法務はこれだけでした。
 
準法務  16時40分頃 フルート練習中、京都からのご家族(4名?)ご来寺。入学生らしい息子さんのご朱印帳に記帳、押印しました。
 
温泉入浴 11時台 総湯会館湯めどころへ行きました。ほとんど貸し切り状態。じっくりと念仏ルーティンワークしつつ、汗を流しました。
 
フルート練習  14時~17時40分(マッサージチェア念仏休憩を入れて、正味2時間)、基礎メニュー(70%)とレパートリーA22曲、B4曲を練習しました。レパートリー後半はフルート法話本番の時のようにオーディオとマイクを使いました。「本堂前の道を通る人が聞いて下さるかも・・」と想定しつつ練習しました。 
 
就寝  20
 
(以上報告終わり)
今日は、11時から20時頃まで坊守は富山教務所での学習会行だったので、午後は留守番しつつのんびり本堂生活だった。一応フルートは正味2時間したが、午睡やマッサージチェア念仏休憩等何かダラダラ過ごした時間が多かった。晩酌もダラダラとなってしまった。「一人生活だと、空気が澱み、非活動的気分になるなあ。もったいなく一日を過ごしたなあ。」と念仏内観した。
 
〇今日の言葉
怠けてはいけない。
 しかし時には、
 怠けを許す余裕も必要。
      【三行の智恵 生き方について (葉 祥明)p28 〈日本標準発行〉】
 
〇明31の外出予定
 9時30分~12時30分 入善・黒部方面
 13時台 温泉入浴
 

2019年7月29日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  地元3区SH家の月忌1軒だけでした。
 
準法務  10時20分頃 聾唖の女性2名ご来寺。それぞれのご朱印帳に記帳・押印しました。筆での「何県?」の質問に、「ティ・バ」と聞き取れたので「千葉県」と書くと、素晴らしい笑顔で頷かれました。帰り際 お一人の女性から握手を求められ「心の通いあい」を喜びました。
 
温泉入浴 11時台 総湯会館湯めどころでじっくりと念仏ルーティンワークしつつ、昨日の汗を流しました。
 
フルート練習  14時~16時30分(マッサージチェア、念仏休憩、や2回の電話応対で正味2時間弱)、基礎メニュー(60%)とレパートリーA16曲練習しました。久しぶりのレパートリー練習。曲が進むにつれて心の深まりを味わいました。 
 
就寝  20
 
(以上報告終わり)
昨日の、フルート法話に対する種々プレッシャーからすっかり解放され、地元での、のんびり法務・フルート・温泉入浴の三本立て念仏生活だった。
しかし、「今月は早くから『テーマ聖徳太子』と決め毎日、聖徳太子億念していたので、話の組み立てが楽だった。8月のテーマは何にしょう?」と早くも8月フルート法話が心に掛かってきた。「苦労性だなあ。」と念仏対話した。
 
〇今日の言葉
人生にも楽と言うものがあるのである。けれどもその楽は重荷を下ろした楽しみなのだ.。人生と言うものは荷を下ろしても又担ぐように出来ているのであって、始終何か担がなければならない。その荷を一寸と下ろした時にホッとする、そのホッとするのを、ああ楽だと言っているのであって、いつまでも荷を下ろしておられないで、下ろした次に又担がなければならぬ。楽は消極的であり悩の方は積極的であるから、(お釈迦様は)「人生は苦なり」と言う風に御説きになったに違いない。【コマ文庫発行金子大栄著「人・仏」四聖諦p186】
 
〇明30の外出予定
 9時~11時 入善方面
 11時台 温泉入浴
 

2019年7月28日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
〇11時 入膳11区MY家月忌をつとめました。
〇13時 地元3区EH家五七日を勤めました。
〇16時 緑陰フルート法話を汗だくになりつつ滞りなく終えさせていただきホッと安堵の念仏をしました。20名以上の方がお集り下さいました。以下のように進めました。
真宗宗歌→衆会(フルート)→仏教聖典朗読→聖徳太子について→みほとけは(フルート)→休憩→聖徳太子への親鸞聖人の敬いの心(太子和讃6首を朗誦)→夏の思い出・花の待・なんまんだぶつの子守歌・恩徳讃Ⅰ、Ⅱ(フルート)
 
準法務  
〇8時頃 川口市のご家族ご一行(5,6名)来寺 そのうちお二人のご朱印帳に記帳押印しました。
〇14時40分頃(フルートリハーサル中)、男性1名来寺(お所を聞きましたが、失念)。ご朱印帳に記帳押印しました。
〇17時40分(フルート法話終わりごろから待機されていた)石川県の男性に御朱印紙を作成お渡ししました。ご自身の日常生活の悩みを真剣に話されました。唯々聞かせていただきました。
 
フルート練習  14時台 ロングトーン・ふるさと全音階移調練習・リハーサル(少々)をしました。 
 
温泉入浴  
 
就寝  20
 
(以上報告終わり)
〇4月に「フルート法話年間予定表」を配布したが、あれから2か月も経った。「6月は20人以下だったし、今月はますます少なくなるのでは。数人になるのでは。」との妄念妄想と念仏葛藤した。しかし、大変暑い日にも拘わらず20名以上の方がお集り下さった。「フルート法話が皆さんの中に定着してきていることだろうな。」と嬉しくありがたく念仏した。
〇今月は聖徳太子をテーマにしてお話しした。7月初めからずーっと聖徳太子様に思いを寄せて念仏生活させていただいた。今日のフルート法話の終わりごろ、親鸞様の「和国の教主聖徳皇 広大恩徳謝し難し 一心に帰命し奉り 奉讃不退ならしめよ」のお心をほのかに念仏実感させていただき、有難かった。
 
〇今日の言葉
転悪成善の徳で障りそのものが念仏によって徳となるのあります。それは妄念妄想のほかにはお念仏のありがたさを知らせてくれる種(たね)がないということであります。
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ2」p72】
 
〇明29の外出予定
 11時台 温泉入浴
 

2019年7月27日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
8時35分(坊守協力運転で)自坊を発ち、11時帰寺までに、次のとおり相次いで法務を勤めました。
・9時 入善町上田 HU家 五七日勤め
・9時30分 入膳12区 TT家月忌
・10時 入膳10区 HY家 三七日勤め
 
●今日の法務はこれだけでした。しかし「今日は19時から、養照寺声明会の日だ。」と思い込んで、早朝と17時台に準備し養照寺へ出かけました。同寺入り口で「今月は、養照寺声明会音楽イベントの日で、お勤め稽古はないのだった。」とようやく気付き。坊守にすぐ電話、坊守もまだ近くだったので、引き返してもらった。大変、時間を浪費したこと情けなく念仏しました。
 
温泉入浴  11時台20分  総湯会館湯めどころで 今日は、念仏ルーティンワークをしっかりしながら心身をすっきりさせていただきました。やはり総湯会館の方が落ち着いて入浴できます。
 
フルート練習  13時30分~15時までと時間を掛けましたが、明日のフルート法話が気になり、集中力なく基礎メニュー(40%)とレパートリー数曲をどうにか練習しました   
 
就寝  21時
 
(以上報告終わり)
〇「緑陰フルート法話のつどい」の前日で心落ち着かない日だった。そのような中で「今月は養照寺声明会はお勤め稽古無しの月」であることをすっかり失念、種々準備して出かけ同寺入り口で空戻りする大失敗をしてしまった。念仏しつつ、乱れる心(落ち着かなさ・自己嫌悪感)と葛藤した。
〇いよいよ「緑陰フルート法話のつどい」が明日となり、早朝日課で明日の掲示物を準備した。今日は、かなり空き時間があったはずだが、具体的準備はこれだけに終わった。
〇明日は、早朝からフルート法話モードとなって、皆さんと楽しいフルート法話のつどいにしたいと心を新たにして就寝前に念仏した。
 
〇今日の言葉
乱れる心を静め、濁れる心を浄めるものは礼拝念仏の他ありません
【東本願寺出版部発行金子大栄著 現代人の信仰問答シリーズ6 p31】
 
 
〇明28の外出予定
 10時30分~12時 入膳(法務1軒)
 
TOPへ戻る