本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年11月5日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①9時 地元5区MH家で月忌をお勤めしました。
 ②12時30分 入善町上野 持専寺の報恩講(満日中)に参勤しました。(組合7ケ寺参勤)
 ③ ②が終わって中休みの後、14時 同寺前坊守1周忌法要に参勤しました。(組合寺院7ケ寺・親戚寺院3ケ寺参勤)
 
フルート練習  ①6時台②16:00~17:30 の2回に分けて基礎メニュー(80%)とレパートリーA4曲・24日フルート法話のつどいのH氏とのデュオ3曲を練習しました。
 
温泉入浴  9時40分 総湯会館湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温め、今日のエネルギーをいただきました。
 
  
(以上、報告終わり) 
今日は持専寺報恩講に引き続き前坊守1周忌だった。寺院報恩講は大変集中力が要る。それに加えての1周忌なので、なおさら集中力が要った。終わるとホッと念仏しつつ気分を軽くさせていただいた。
 西組7ケ寺のお勤めはとても揃っていて気持ちがよい。「今日は報恩講・法要の朗々の響きに浸らせていただいた。非日常的世界へ心を誘っていただいたことよ。快い疲れ中に心の元気をいただいたことよ。」と喜びの念仏。お陰で、帰寺後、元気にフルートに向かうことができた。
 
 
〇今日の言葉 
〇音のもつ物理的な作用は人体にも多大な影響をおよぼしている。・・自然に発声された声の調子にはすべて、その人自身を癒す力がある。【無名舎発行 ミッチェル・L・ゲイナー著「音はなぜ癒すか」p165 心身の調律】
〇音楽は本質において、念仏念法念僧の声をもっているものである【雄山閣出版発行 菊村紀彦編「永遠の親鸞ー金子大栄のことば」 p89】
 
〇6の外出予定
  9時 温泉入浴
  13時~15時30分 入善(円林寺報恩講お逮夜)
TOPへ戻る