本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年10月19日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①9時 地元4区HK家で月忌をお勤めしました。【行きは念仏徒歩、戻りは奥様の善意運転でした。】
 ②12時30分 入善町吉原 光誓寺で 報恩講満日中を西組寺院9名でお勤めしました。今日は昨日より声が続きました。声が続いたので、自分自身ありがたく感じてお勤め出来ました。
 ③16時 地元3区SH家で月忌をお勤めしました。
 
準法務 8時30分 上越市のご夫妻がご参詣されました。奥様のご朱印帳に記帳・押印しました。
 
温泉入浴  14時40分 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ報恩講満日中お勤めの疲れを癒していただきました。
 
フルート練習  早朝5時40分~7時20分 基礎メニュー(85%)・レパートリA8曲を新鮮な気分でしました。
 
 
(以上、報告終わり) 
 
〇昨朝に続いて、今朝も5時40分から約1時間半、フルート練習の時間が取れた。朝これだけ練習すると、「今日はフルートをどの時間帯に取ろうか?」の気がかりや、「今日は練習できなかったなあ。」の不完全燃焼感がなくて済む。「今夜も、19日HPの編集等を済ませたので、じっくり早朝練習ができそうだ。」と明日の早朝日課を明るく念仏イメージした。
と公開
〇7ケ寺報恩講の1ケ寺が終わった。22日から27日まで浄慶寺・養照寺・専徳寺と続く。身体と念仏対話し心身管理に心がけて、日々、私自身喜びを感じて元気に楽しくお勤めに励みたい。
 
〇今日の言葉 
1、体から発せられるシグナルを的確に捉え、自分なりにコントロールしていくことは、ひとりで生きていくうえでも大切な能力でしょう。・・・「あなたの体のシグナル”身体語”に耳を傾けよう。
【あなたの人生を誰かと比べなくていいp63(五木寛之著 PHP研究所発行)】
 2、体の発する「身体語」を学べば、人は孤独ではありません。考えてみれば、自分の体は生まれてきてから いちばん 長く付き合ってきているつれあいのようなものです。
夜寝る ときに「調子はどうだい?」「 実はこうなんです」などと会話 ができれば理想です。  
  【五木 寛之. なるだけ 医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣 (中経出版) (Kindle の位置No.221-230)】
 
 
〇20の外出予定
 9時台 総湯会館入浴
 12時~15時 富山行き(月忌)  
 
 
 
TOPへ戻る