本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年10月5日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①8時 近隣MY家で月忌をお勤めしました。
 ②11時 地元5区MH家で月忌をお勤めしました。
 ③13時 セレモニー東部ホールで入善町東狐KK様(享年74男性)の葬儀。導師養照寺様の助音じょいんを勤めました。
 
温泉入浴  9時 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ今日の心身の活力を補給していただきました。
 
フルート練習  16時から1時間半ロングトーン・浜辺の歌(全音階移調)・レパートリーA4曲を練習しました。
 
就寝  21時
 
(以上、報告終わり) 
 早朝日課が全く乱れた。
起床後の最初の日課として、昨4日の念仏実感日記の編集に取り掛かった。昨日の坊守に対する怒り、不愉快さを綴るのに時間をかけすぎ、保存ボタンを押したがタイムアウトで公開不可能となった。突然の出来事に慌てて10月3日の念仏実感日記も消してしまった。
念仏し、気を取り直して、10月4日の念仏実感日記に再び取り組んだ。心が乱れているせいか、誤字脱字・訂正の繰り返しでなかなかはかどらず。くどくどと、書いていた坊守への非難の言葉も短くし、さり気なくした。ようやく7時過ぎ編集終了、保存ボタンを押し、どうにか公開となった。【10月3日の分は夜、内容短くして編集公開した。】
 そのようなことで、5日の信徒名暗唱・計量(体重)等の日課はできなかったし晨朝も簡単に済ませざるを得なくなった。
今回の出来事について、「坊守への怒りと非難を、心任せに、書くのはよくないよ。」との如来のお諭さとしと受け止めた。
更に、「よく念仏して、心沈めて、姿勢を正しなさい。そして、保存ボタンを押し忘れず日記を書きなさい。」との如来のご催促と念仏しつつ受け止めさせていただいた。
 
〇今日の言葉 
 乱れる心を静め、濁れる心を浄めるものは礼拝念仏の他ありません
【東本願寺出版部発行金子大栄著 現代人の信仰問答シリーズ6 p31】】
 
〇6の外出予定
11時 温泉入浴
13時~14時30分 入善(月忌)
 
TOPへ戻る