本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年6月8日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
〇9時 地元で月忌を勤めました。
〇9時30分 黒部市栃屋で四七日勤めをしました。
〇12時50分 (法要に向かう途中)地元で月忌を勤めました
〇14時 入善町青木(通称 三ツ家)TT家でご尊父7回忌・ご祖父33回忌・ご祖母23回忌の法要でした。千葉県等から16名参集されました。
10時過ぎ 一旦同家に寄り 三尊奉掛場所の下見をして養照寺へ行き同家へ三尊、仏具をお渡しました。
11時台 再び同家へ行き三尊奉掛し尊前の荘厳。法要前の準備に精出しました。
14時からの法要では、養照寺様の助音じょいんを勤めました。
お勤め終わって、すぐに三尊・仏具撤去し(養照寺へ返却)、仏間はお斎会場となりました。
15時30分 お斎をいただきました。ご親戚久しぶりのお集りで、思い出話・最近の話題等和やかにいろんな話が飛び交いました。
【「十数年前まではこのような、仏間でのお斎が主流だった。懐かしいなあ。」と、仏間での和やかなお斎を、念仏し、喜びました。】
  
温泉入浴  
 
フルート練習 
 
就寝  21時
 
(以上報告終わり)
〇今日は 入善町青木(通称三ツ家地区)での法要中心の一日だった。三尊(本尊・従如上人絵像・厳如上人絵像)を奉掛しての法要は最近にないこと。久しぶりなので午前中に準備にとても気を遣った。お陰で、仏間に、厳かな雰囲気が漂った。「信は荘厳より生ず」というお言葉を実感念仏した。
〇朝から、「三尊奉掛をどのようにしようか。うまくいくかなあ。」「午後は坊守忙しそう。お斎後の、迎えは大丈夫だろうか。」「法要・法要準備と他の月忌、七日勤めの時間配分は?」・・等々、取り越し苦労の多い日だった。
18時、すべてを無事に終えて帰寺。「忙しい一日、心配な一日だったが、(具体的に目に見えるものとして)坊守協力運転・(目には見えないが、様々な)諸仏護念・冥衆護持で後味のよい一日とさせていただいたなあ。」とありがたく念仏した。
 
〇今日の言葉
転悪成善の徳で障りそのものが念仏によって徳となるのあります。それは妄念妄想のほかにはお念仏のありがたさを知らせてくれる種(たね)がないということであります。【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ2」p72】
〇明9の外出予定
 9時~12時 入善(法務)
 
 
TOPへ戻る