本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年5月23日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  8時30分 地元での月忌1軒だけでした。
 
準法務 
〇17時、兵庫県(宝塚市)の女性来寺。ご朱印帳に記帳、押印しました。『HPで樹徳寺朱印に『う・な・つ・き』織り込み法語がついていることを知り、是非いただきたいと思って、やってきました。」とのこと。ご朱印が念仏助縁になっていることを実感、来寺者益々増加の念仏イメージを膨らませました。
〇兵庫の女性がお帰りになった後、気分がご朱印作成モードなので、姿勢を崩さず、一昨日受付の、柏崎市女性へのご朱印紙作成、押印しました。その後直ぐに郵送準備をして投函しました。
 
温泉入浴  11時台 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。(今日は貸し切り状態で、念仏ものびやかに口を割り出てくれました。)
 
フルート練習 午前(9時過ぎから)約1時間強、午後も(15時30分から)1時間強の練習をしました。基礎メニュー(70%)レパートリーA、全21曲しました。音が澄んで、伸びてきていることを感じました。(「この調子が、フルート法話当日まで持続しますように。」と願いつつ念仏しました。)
 
就寝  21時 
 
(以上報告終わり)
今日も「26日フルート法話」のを気に掛けながらではあるが【気が付くと「フルート法話のことに心が囚われいた。いけないいけない。」と思うことがしばしばあった】、どの時間帯もそれなりに丁寧な姿勢で、過ごせたことを喜び念仏した。
 
〇今日の言葉
この世のできごとは、何事も何事も お念仏の助縁とおもうべし
【信楽峻麿著「真宗の大意」p70 信楽先生が卒業式で学生から頼まれたとき、好んで書き続けた言葉とのこと】
 
〇明24の外出予定
10時~11時30分 入善
13時 温泉入浴
TOPへ戻る