本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年5月14日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務
 10時 黒部市前沢 カトレアホールやすらぎで宇奈月町栃屋YF様(享年78男性)葬儀。導師養照寺様の助音じょいんを勤めました。「人生は長さではない 深さです 幅です」の言葉を思い浮かべつつ、労いと感謝のお勤めをさせていただきました。
②11時40分 黒部市中新で月忌を勤めました。
③12時20分 入善町幸町で月忌を勤めました。
④13時10分 (地元KY家が6月中に住宅を解体、更地にされるので)仏壇廃棄奉告の勤めをしました。平成15年頃まで月忌勤めに行っていたお家なので、様々なご縁を思い出しつつ「長い間、勤めさせていただきありがとうございました。」と報恩講和讃を勤めました。仏壇の中の法名は樹徳寺で預かることになりました。地元のご信徒が1軒なくなることに淋しく念仏し、同家をお暇しました。。
 
温泉入浴 14時台 総湯会館湯めどころで、温泉入浴。今日は、お話し好きの方と一緒となり、念仏ルーティンワークはほとんどできませんでしたが、会話を楽しませていただきました。
 
フルート練習 15時40分から2時間弱、基礎メニュー(70%)とレパートリーA15曲をしました。
   
就寝 21時30分  
 
(以上報告終わり)
今日は法務・温泉入浴・フルートの、バランス良い念仏生活の日となった。一つ一つ丁寧に取り組むことが出来たことをありがたく振り返り念仏した。
 
〇今日の言葉
要するに日常生活を、ほんとうにお念仏を申して喜んで生活をしておるならば、日常生活すなわち六度万行なのでないのでしょうか。【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p163(心多歓喜の益)】
 〈註〉六度万行=お釈迦さまは、私たちが実行しやすいように、善を6つにまとめられました。それが、六度万行(六波羅蜜ともいう)です。
その六つを挙げ、現代語で表現すると次のようになります。 1)布施=親切  2)持戒=言行一致  3)忍辱=忍耐  4)精進=努力  5)禅定=反省 6)智慧=修養  この6つに数え切れないほどの善がおさまっています。 しかも、どれか1つでも実行すれば、 6つ全部したと同じことになるのが六度万行の特色です。
 
〇明15の外出予定
9時30分  温泉入浴
12時30分~17時  入善
TOPへ戻る