本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年5月13日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
〇月忌は、黒部市で1軒(9時40分)・自坊で月忌(14時、浦山から来寺)をお勤めしました。
〇10時すぎ、入膳で墓碑リニューアル奉告のお勤めをしました。
〇13時20分、地元KY家取り壊しに伴い、不要となった人形10数体を持って来られる。内陣前に飾って、廃棄奉告のお勤めをしました。(今まで愛用されてきた、人形への感謝奉告と受け止めてお勤めしました。)(この後、業者によって廃棄予定)
〇17時過ぎ、宇奈月町栃屋RF家行。骨ガメを書き、通夜に備えて念仏しつつ、心身整えました。
18時、YF様(享年78男性)の通夜でした。法話はいつも通り、「葬儀は、亡き人への、『ご苦労様、ありがとうございました、故人をみ仏と敬って南無阿弥陀仏』を表す儀式」と結びました。
 
準法務 
〇13時過ぎ 県内射水いみず市の男性来寺。ご朱印帳に記帳押印しました。(この方は宗派別にご朱印をしていただいているとのこと。
私の記帳させていただいた朱印帳には、浄土真宗各派のご朱印が記帳してありました。「良くお考えて朱印を集めておられるなあ。」と感心し念仏しました。
〇14時 東京の女性来寺。ご朱印帳に記帳押印しました。
 
温泉入浴 11時台 総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワークしつつ心身を温めました。
 
フルート練習 16時台 1時間弱の練習にとどまりました。
 
   
就寝 21時30分  
 
(以上報告終わり)
夕方の通夜まで、月忌、お墓勤め等次々とお勤めが続いた。どのお勤めも聞法の姿勢で、元気に丁寧にお勤め出来た。息災であることを喜び念仏した。
 
〇今日の言葉
息災延命にさせていただいたお陰でまだまだ聴聞できる。・・と冥衆護持の益をいただいてゆくことができるであろう。
【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p27(冥衆護持の益)】
 
〇明14の外出予定
9時~13時30分 黒部(葬儀、月忌)・入善(月忌)
14時    温泉入浴
 
 
 
 
TOPへ戻る