本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年4月16日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 8時台 地元2軒の月忌を相次いでお勤めし、9時過ぎ、今日の法務は終わりました。
 
準法務 13時30分、フルート準備中、宮崎県の女性(東京のご子息と伴に)がご朱印に来寺。記帳、押印してフルート(ふるさと)を披露させていただきました。「すばらしい歓迎ですね。」と喜んでいただきました。
 
フルート 13時45分から約3時間、本堂で基礎練習メニュー(80%)・レパートリーA21曲・B18曲を練習しました。久しぶりに、目下のレパートリー全曲浚うことが出来たことを喜び念仏しました。
 
温泉入浴  火曜日は総湯会館休館日なので、湯快リゾート宇奈月グランドホテルで、念仏ルーティンワークしつつサウナ・温泉入浴しました。
 
就寝   19時 
 
(以上報告終わり)
2月3日大井清文家49日法要の折り、ご本人からお土産にと、「大井清文川柳句集 朴念酔い桜」を頂いた。早速読み「川柳とは、なんと奥の深いものか。短編ドラマでもあり、自己内観して見えてくる心の風景画のようだなあ。」と楽しませていただいた。しかし、感想の礼状を書こうと思いつつ、いつの間にか忘れていた。
 昨日、「最近出会った方に、フルート法話予定表を送りたいなあ。誰かおられないかなあ?」と思いを巡らして念仏、ふと、「大井さんに、まだ礼状を書いていない。礼状に、予定表を同封しよう。」と思い立った。
 今朝は、いつもの早朝日課を止めて、句集(過日、チェックしてあった箇所)を拾い読みして、感想を書き、追伸の形で「フルート法話年間予定表を同封した。
 以下は、同本の中の私の心に残った川柳。
  ライトアップ された紅葉の 不眠症
  比較的 今日は涼しい 三十度
  自分への 褒美はやはり 酒にする
  短編のドラマ ローカル線の旅
  スピーチの 順が来るまで 酔えぬ酒
  秋深く 酒は美学と知る 野武士
  長調の 声に転じた 南風
 
この念仏実感日記ご愛読の方で、「フルート法話年間予定表」郵送希望の方は、問い合わせメール等で、ご一報願います。喜んでお送りいたします。】
 
〇今日の言葉
 詩は ひたすらに 名利心を 忌む
 詩は ひたすらに いのちをうたわんことを 求む
 おお わが詩よ ひたすらに わがいのちをー
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p184 わが詩よ】
 
〇明17の外出予定
 9時30分~11時 入善
 11時台 温泉入浴
  
  
TOPへ戻る