本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年4月12日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 11時すぎ入善で月忌1軒を勤めました。
 
準法務  明日49日のSY家行。養照寺から受けてきた本尊を奉掛し、事前準備をしました。
 
フルート 14時 パソコン室で基礎練習メニュー50% →休憩20分→16時 本堂でレパートリーA8曲・B1曲しました。早朝からのフルート法話チラシ送付作業で疲れ気味で、集中力はありませんでした。
 
温泉入浴  17時40分 湯快リゾート宇奈月グランドホテルでサウナ・温泉入浴をしました・念仏ルーティンワークも十分しました。 
 
 
就寝   21時30分
 
(以上報告終わり)
〇昨日菅野印刷さんにから封筒・フルート法話チラシが届いたので、今朝は4時から10時20分まで、封筒に(手書きで)宛名を書きいれ、チラシとコメント(7時頃急いで作成)の封筒詰めをした。
200人ほど郵送の予定であったが、時間がなく135通の封筒を郵便局に持って行った。切手貼りは同局でしてくださるとのこと。「ああこれで、今年のフルート法話の目途が少しは立ったなあ。」とホッと念仏した。「明日・明後日にあと60通ほど郵送したいなあ。その後は、4月28日の『花まつりフルート法話のつどい』に心を向けよう。」と念仏イメージした。
〇上のような次第で、いつもの早朝日課はほとんど止めた(と言うより出来なかった。)「今日は、特別の日となったが、明日からは、早朝の諸作業を怠らないようにしたいものだなあ。」と念仏イメージ
〇「それにしても、わずか6時間程で一気に135通郵送出来たものだなあ。坊守の協力も含め、様々に、仏力のお働きがあればこそ。」とありがたく念仏した。
 
〇今日の言葉
我々は仏のまことを念仏申すところに知らせて頂くのである。その念仏にこそ、どこまでもおのれに立ち返り、自分に責任を負っていく力がある。念仏衆生摂取不捨とは念仏するところに仏力が現れてくると言うことである【(樹徳寺パソコン内保存)金子先生み言葉集】
 
〇明13の外出予定
  8時20分~17時 内山・入善・黒部(吉田)方面
  17時台  温泉入浴
TOPへ戻る