本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年3月13日(水)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 9時30分 黒部市吉田で月忌1軒。13時30分自坊で(浦山からKT様来寺)月忌。以上2軒の月忌を勤めました。
 
温泉入浴   10時40分 総湯会館 湯めどころで 念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。入浴後、4階のマッサージ機で全身マッサージをしました。帰途の念仏歩行がいつもより軽快でした。
 
フルート  15時40分から17時30分まで正味1時間30分フルート出来たことに喜びの念仏。(練習の初めは集中出来ませんでしたが、レパートリー練習になって気分高揚、レパートリーA12曲B
2曲まで行きました。
 
就寝 20時30分
 
(以上報告終わり)
〇久しぶりに法務・温泉入浴。フルートの三本立て念仏生活になったことを喜びつつ念仏。
〇そのような中に、14時過ぎ黒部市沓掛 堀内国春氏来寺で今日を一層楽しくさせていただいた。
 堀内氏(77歳)は昨年11月図書館活動貢献で瑞宝単光章を受章され、ひと月前(2月9日)に高志会館で盛大に受賞記念祝賀会をされ、私も招待に応じて出席させていただいた。
 今日は、その挨拶に来られた。当日のことを楽しく振り返りつつお話しし、更に同氏の人生観や(今まで知らなかった若い時の趣味)翡翠収集の事、現在のご母堂介護のご苦労等々とても和やかにお話を聞かせていただいた。
「二人でこのようにお話しするのは20年ぶりなのに、話が弾むのは、、氏が自分を飾らず、人生をしっかり見つめて謙虚にお話しされるからだろうなあ。」と良き友のありがたさを感じて念仏した。
 お帰りになった後、フルートをしたが、篤い余韻が覚めず、なかなかフルートに集中できないくらいであった。(小一時間経って、ようやくフルートに集中できるようになった。)
 
〇今日の言葉
 朋(とも)あり 遠方より 来るという たのしきかな  大量師お歌に「もろともに語りあわさん法(のり)の友 機のつたなさと法(ほう)のとうとさ」
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p80 たのしきかな】
 
〇明14日の外出予定
 9時30分~11時30分 黒部・入膳
 11時30分 温泉入浴 
13時30分~15時 入善(東狐)
 
  
 
 
TOPへ戻る