本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年2月12日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  11時30分 入善での月忌1軒だけでした。
 
温泉入浴  今日は総湯会館は火曜定休日なので、坊守と久しぶりに魚津満天の湯へ行きました。念仏ルーティンワークも忘れて、岩盤浴・マッサージ風呂に入り、心身を温めほぐしました。  
 
フルート  9時50分約40分、基礎練習メニューを粗々と50%ほどしました。「フルートに全然触れない日とならなくてよかった。」と安堵の念仏をしました。
 
その他  〇14日の富山での葬儀に備え、「久しぶりの、富山市西番にしのばんセレモニー富山行きだな。道の下見をしておこう。」と坊守に案内しつつ立山I。C。経由で目的地へ行ってきました。事前下調べと、土地勘(数年前までは2年に1回ぐらい出かけていた)によってスムーズに下見をしました。
  〇姉の厚生年金未払い分受領申請のためには姉の除籍謄本が必要とのことで、富山市役所へ出かけました。大変混んでいましたが、滞りなく除籍謄本を発行していただきました。
 
就寝 21時
 
(以上報告終わり)
  今日は、昨夜の大新年会飲酒で朝の日課は乱れたし、三本立て念仏生活も落ち着かなかった。しかし、雑用(セレモニーホール富山の下見・姉の除籍謄本をいただきに富山市役所行き・樹徳会事務)には心身を集中した。
 どの用事もモタモタしながらも念仏しつつどうにか穏やかに終えることが出来たことを喜び、「明日からは、しっかりと三本立て基本念仏生活をしよう」と念仏イメージした。
 
  
〇今日の言葉
要するに日常生活を、ほんとうにお念仏を申して喜んで生活をしておるならば、日常生活すなわち六度万行なのでないのでしょうか。
【弥生書房発行 金子大栄著「現生十種の益」p163(心多歓喜の益)】 
〈註〉六度万行=お釈迦さまは、私たちが実行しやすいように、善を6つにまとめられました。それが、六度万行(六波羅蜜ともいう)です。
その六つを挙げ、現代語で表現すると次のようになります。 1)布施=親切  2)持戒=言行一致  3)忍辱=忍耐  4)精進=努力  5)禅定=反省 6)智慧=修養  この6つに数え切れないほどの善がおさまっています。 しかも、どれか1つでも実行すれば、 6つ全部したと同じことになるのが六度万行の特色です。
 
 
 〇明13日の外出予定
 
 時~11時 黒部・入善行き
 
 
TOPへ戻る