本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年2月10日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  〇9時地元月忌1軒を勤めました。
〇今日は、これだけのつもりでしたが、私の入浴外出中に地元某ホテルから「2月7日夕方、男大浴場で、急死の方(朝日町79歳)がありました。その場所でお勤めしてほしい。」との電話を坊守が受けとのことです。それで、急きょそのホテルへ行きました。
11時某ホテル大浴場に三つ折り本尊を設置して、葬場勤行の如く、お勤めしました。某ホテルのお勤めに対する思いは厄払い的な祈祷目的だろうと思います。しかし、私は「今日本葬が行われているであろうから、それに準ずるお葬儀の気持ちでお勤めし、亡き人への労い、感謝、敬いを少しでも深めさせていただこう。」との思いを込めてお勤めしました。(参列は、当時ご遺体搬送等に係わられた従業員1名だけでした。)
 
 
温泉入浴   9時30分 総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワークをしつつ昨夜の富山での堀内国春氏祝賀会の疲れをすっかり癒していただきました。  
 
フルート  13時から17時30分まで(途中1時間の休憩を入れて)正味3.5時間練習しました。レパートリーB6曲まで行くことが出来ました。(1時間の休憩は、ほとんどキンドル読書「松本清張『疑惑』」で気分転換しました。)
 
就寝 21時45分
 
(以上報告終わり)
  今日は、地元で自坊中心にゆったりと三本立て念仏生活が出来たことを喜び念仏した。
  特に、某ホテルでの入浴中急死(三日前)の浴場でのお勤めは「このような亡くなり方をされた方への労い・感謝・敬いの心を少しでも深めさせていただこう。」と三つ折り本尊の下、ゆけむりの中で葬場勤行のつもりでお勤めした。お勤めの声が大浴場内に厳かに響き、自分の声ながら、ありがたかった。
 
〇今日の言葉

(死者が)仏になるかならないかでなくて、仏にするかしないかであります。仏にするという義務は残れる者にあるということであります。
【タイトルの典拠】東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ1」p52
 
 
 〇明11日の外出予定
 
 9時30分~10時30分   温泉入浴
13時30分~15時 入善
16時~19時 宇奈月地区大新年会(セレネ)
 
 
TOPへ戻る