本文へ移動

住職の念仏実感日記

2019年2月7日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  10時黒部市カトレアホールやすらぎで黒部市栃屋YF様(享年82女性)の葬儀。導師養照寺様の助音じょいんを勤めました。引き続き、11時入善町一宿いちやどりKY家で七日勤めをしました。今日はこの二つの法務でした。
 
フルート  13時30分から15時20分 基礎メニュー70%・レパートリーA7曲を練習しました。(坊守の従妹夫妻来訪を待ちつつ、落ち着かなく練習。夫妻来寺で練習を終えました。)。
 
温泉入浴  従妹夫妻と共に湯快リゾート行き。17時、ご主人ST様と入浴、今日は念仏ルーティンワークをせず、ST様と歓談しつつ入浴しました。  
 
就寝 22時30分 
 
(以上報告終わり)
  
高岡市から坊守の従妹夫妻(ST夫妻)来寺。同夫妻とは数年ぶりの再会だが、年齢が近いこともあり、打ち解けて楽しくお話しをし湯快リゾート入浴、会食した。
 ご夫妻は昨年までST氏ご母堂を介護しておられた(今は、施設住まいとのこと)。そのご苦労を聞かせていただいた。ご母堂はアルツハイマー型認知症ではなくピック病認知症とのこと。初めてピック病のことを教えていただき、「大変な病気なのだなあ。よく介護されたなあ。」と感心しつつお聞きした。
また、お主人ST氏は「一人暮らしになったても、うろたえぬようにしたい。女性が長生きなのは食事の準備に常に頭と身体を使っているからだ。それを見習おう。」とお考えになり3年前から昼食を担当しているとのこと。「今ではレパートリーがいくつも出来た。」と、その苦労と楽しみを語ってくださった。その真摯な生活姿勢に感心した。「自由人・自在人として人生を歩んでおられる方だなあ。」と人柄に爽やかさを感じ、心嬉しく念仏した。
 〇今日の言葉
仏道を学んでそれを身につけた人は、いかなる状況にあろうとも、決して他人の評価に左右されることもなく、また他人からの援助をもとめることもなくて、いついかなる時間と場所においても、まさしく自ら由って立つところの自由人として生き、また自らにおいて在るところの自在人として生きていくことができる。
【信楽峻麿著「真宗学概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】 
 
 
 〇明8日の外出予定
 10時台 温泉入浴
 16時~18時 黒部行(たまの整形外科クリニック他)
 
TOPへ戻る