本文へ移動

住職の念仏実感日記

2018年12月4日(火)

〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法 務    住職の法務皆無日でした(12月第一回)。坊守は入善町舟見で月忌1軒。
 
満天の湯入浴  15時から約2時間 魚津満天の湯で岩盤浴等。十分に発汗し、心身軽やかに念仏し
 ました。(今月から4月まで毎火曜日は総湯会館が休みになります。フルート法話の休みの月でもあり
ます。 心身余裕がありますので出来だけ、いろんなお風呂に行きたいと思っています。)
 
フルート  9時10分から正味1時間30分、基礎練習メニュー(80%)のみしました。
 
その他  富山教務所へ行き、重願寺・明願寺の代務者申請書を提出しました。
 
就寝  21時30分 
(以上報告終わり)
 
 今日は法務皆無の日だった。フルート法話のある月は、法務皆無でもフルート法話の日をめざして念仏
つつ心身落ち着かなく過ごしていた。(そのくらいフルート法話は私の念仏生活の大きな位置を占めてい
る。)
 「今月から、3月終わりまで、法務皆無の日は、自由人自在人の念仏生活をしたいなあ。」と明るく今後の
法務皆無日を念仏イメージした。
 
 
〇今日の言葉
 仏道を学んでそれを身につけた人は、いついかなる状況にあろうとも、決して他人の評価に左右されることもなく、また他人からの援助を求めることもなくて、まさしく自ら由って立つところの自由人として生き、また自らにおいて在るところの自在人として生きていくことが出来る。
【信楽峻麿著「真宗学概論 (真宗学シリーズ2)」自由人・自在人】
 
明日(5日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
   10時台 温泉入浴 
    
   
 
 
TOPへ戻る