本文へ移動

住職の念仏実感日記

2018年12月2日(日)

2018-12-02
 
 
 
 
 
 
〇今日の念仏所感
 
(ご本尊への報告)
法務 ・7時40分 地元での月忌1軒。
・9時40分 黒部市浦山での四七日勤め1軒(故人の親友=女性94歳から頼まれ同女を
お連れしました。)
・11時10分 黒部市宮野山市営墓地で墓碑建立奉告法要勤め。
以上でした。
 
フルート  16時30分~17時30分 基礎練習メニューのみに1時間、集中しました。
 
その他   14時 セレネで澤和樹 蓼沼恵美子デュオリサイタルを坊守と共に楽しくいってきました。
 
就寝  21時15分 
(以上報告終わり)
 
〇墓碑建立奉告法要では願主(フルート法話常連の方・法友)の墓碑建立への思いに心をいたして早朝
 表白作成に小一時間掛けた。お勤めは朗々と喜びをもってさせていただいた。参集の方のお喜びが伝
 わってきた。「仏縁を結ぶ良い法要を勤めさせていただいたことよ。」とありがたく念仏した。
〇久しぶりに、ヴァイオリン・ピアノデュオを聞きにセレネに行ってきた。「地元でこのような超一流
 のリサイタルを聞ける忝(かたじけな)さよ。」と宇奈月温泉に生まれて、住むことを喜び念仏した。
 
〇今日の言葉
宗教というものは本当の人間の純粋なる感情を教養するものであるといってよいと思いま
す。感情の教養には芸術もあります。・・その純粋感情があってこそ浄土というものを身
近に感ずることが出来るのであります。
【東本願寺出版部発行金子大栄著 「現代人の信仰問答シリーズ3」往生浄土の道】
 
明日(3日)の外出等予定
 (ご来寺の方は、下記時間帯を避けて下さい)    
   8時30分~12時 入善方面
   13時台 温泉入浴
 
 
TOPへ戻る