本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年4月4日(土)

〇ご本尊への報告事項
 11時頃、3軒目の法務(旧お墓じまい・移骨・お墓建立奉告)を終えたところへ、黒部市民病院から電話。
坊守が救急車で緊急入院とのこと。
更に「奥様は急性大動脈解離で、緊急手術しなければなりません。富山中央病院へ救急車で移送準備中です。付き添いのため、すぐに来てください。」とのことでした。
【朝、法務に出かけるとき坊守は「背中が痛く起きることができない。」とのことだった。「入善タクシーで行くよ。携帯電話を枕元に置いたから、何かあったら連絡を頼む。」と言って法務に向かったのだった。】
11時すぎ入善タクシーで黒部市民病院へ向かい11時30分頃着きました。(滑川の長女Aさんはすでに着いていました。)
その後は以下のとおりでした。
12時30分頃救急車で富山中央病院へ。
→長女とともに緊急手術の説明を受け、同意書に署名等諸手続き。
→15時坊守がICU(集中治療室)に向かうとき長女とともに面会(穏やかな顔にほっとする)
→7時間30分の大手術・家族待機室でひたすら待つ
→22時30分、ICUから「手術は終わりました。こちらへ来てください。」の電話。
→「手術はほぼ先ほの説明通り完了しました。」と手術個所の映像とともに親切な説明を受ける。
 「今後、3日間ほどこの部屋、その後病室へ移ります。短くて3週間はかかるでしょう。目下当院は新型コロナウイルス対応で面会できません。こちらからの連絡を待ってください。」との言葉を聞く。
→長女の車で自坊へ送ってもらう。【4月5日0時30分頃、自坊着→お夕事・閉障】
 
明日(4月5日)からは坊守の無事退院を念じつつ、あなた(ご本尊)とともに、自坊を中心に地元念仏生活をいたします。
この、念仏実感日記等のHP更新公開も、休みます。(手書き日記は非公開で続けます)
 
 
 
今日の念仏所感
人生上り坂下り坂のほかに「まさか」という坂があるよ。
と聞いたことがある。
今日は、坊守緊急手術というまさにその日だった。念仏しつつ落ち着きなく一日を過ごした。
 
このHPを愛読してくださった有縁の皆様に感謝申し上げ、益々のご精進を念じ上げます。南無阿弥陀仏、ナムアミダブツ、なんまんだぶつ・・・・合掌
 
〇今日の言葉
  生きるんだ 生きるんだ 煩悩の一生を  生きるんだ生きるんだ無常の一生を 煩悩 無常が 人間の一生 ナムアミダブツと生きるんだー
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p19 生きるんだ】
 
〇今後外出 予定 無し
  ほぼ地元での念仏生活(4月のほとんどの日)
 
 
 
 
 
TOPへ戻る