本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年3月25日(水)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
今日は法務・準法務皆無の日でした。
 
〇今日の念仏所感
法務皆無日で午前中温泉入浴・フルート①、午後はフルート②③と、充実した念仏生活をさせていただいた。
その中で次のことを念仏実感した。
1、澄み切った青空とそれに映える後ろ立山連峰に思わず「きれいだなあ!」念仏がほとばしった。
今日の天気を「一円玉天気」と言うことを早朝のラジオで知った。なるほど「一円玉は崩すことはできなあ。夕方まで崩れない天気のことか」と念仏しつつ微笑んだ。
 
2、朝之山が大関に昇進した。伝達式の口上
「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし一生懸命努力します」
次の2点で素晴らしく感じ思わず念仏が込み上げてきた。
 まず、難しい四文字熟語でないので気持ちがスーッと伝わったこと。
 次に、愛と正義が富山商業高校校から取ったとのこと。「この言葉は朝之山の心に沁み込んだ言葉だなあ」と感じ「自分に染み付いた言葉が他人に伝わるのだなあ」と思ったこと。
 
3、オリンピックが約1年延期になったこと。
これに対する多くのコメントに「新型コロナウイルスとの戦争に打ち勝つためにやむを得ない」という言葉があった。
私はこの言葉に不穏な響きを感じてならない。
新型コロナウイルスの蔓延は「私たちが、『大自然の恩恵を忘れていることへの警鐘。』と受け止め日ごろの人間本位の生活をみなすことが迫られている。」と念仏した。
 
 
〇今日の言葉
 念仏とは敬虔感情(けいけんかんじょう・深く敬い慎む心)であり、敬虔感情とは「無限者(如来・大自然)の前に有限者(自分)が自己(如何にしても救われようのない自分)を発見して、自己全体を挙げて無限者に帰依(念仏の救いを信じて頼み、ゆだねる)する心」である。
【金子大栄先生のお言葉】
 
〇明日外出 予定
  9時30分~12時 入善(祥月)→黒部 (月忌)
 
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る