本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年1月23日(木)

〇今日の念仏所感
法務は
10時ひすい野ホールで入善町東五十里MI様(享年86女性)の葬儀
12時 入善町上田HU家月忌
17時15分 黒部市浦山SI家祥月
だった。葬儀と火屋勤めを終えたところで体調復調の兆しを感じる。
「私自身が聞くつもりで、しっかりお勤めすると、私自身の心身が調律されるのだなあ。」
とつくづく実感、念仏した。
今日もできるだけ睡眠時間を取り、夜は焼肉と石焼ビビンバで体力復調に努めた。
「明朝から元の念仏生活リズムに戻れそうだ。フルートも楽しめそうだ。」と明日を念仏イメージしつつ19時30分床に就いた。
 
〇今日の言葉
音のもつ物理的な作用は人体にも多大な影響をおよぼしている。・・自然に発声された声の調子にはすべて、その人自身を癒す力がある。
【無名舎発行 ミッチェル・L・ゲイナー著「音はなぜ癒すか」p165 心身の調律】
 
〇24外出 予定
9時~12時 入善(月忌勤め)
 
 
 
TOPへ戻る