本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年1月16日(木)

〇今日の念仏所感
〇法務は魚津で葬儀、入善で通夜だった。一日の大半をこの二つの仏事に集中できたことに「ありがたいことよ。」と念仏した。
 葬儀の方は、一人導師として、葬場勤行から還骨勤行までずーっと喪主、ご遺族と行動を共にした。
 「これこそが、葬儀に携わる僧侶の在り方だ。」と念仏しつつ自分に言い聞かせた。
〇2回予定変更した京都行。明日は行くことができそうだ。「待てば海路の日和あり」を思い出し念仏した。
 
〇今日の言葉
(死というものによって呼び醒まされるのは)本当に何人をも見送り、また生き延びている自分も心の深いところで落ち着いてゆけるという、一つの永遠の安穏の天地であります。その永遠の安穏を求めるという境地をみな忘れているのを、僧侶は黙って実行しているのである。【コマ文庫発行 金子大栄著「大無量経講話(下)」p101 死の領域、僧侶の生活】
 
〇17外出 予定
 8時45分~12時 入善葬送会館で葬儀 
 13時45分 自坊を出て坊守と京都行・宿泊
 
 
TOPへ戻る