本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年1月12日(日)

〇今日の念仏所感
法務=入善町舟見と野中でそれぞれ四七日・五七日。14時から入膳10区HY家でご尊父1周忌。
 温泉入浴=9時過ぎ、念仏ルーティンワークとともに、今日一日のエネルギーをいただく。
 フルート= 16時台、心全く落ち着かず。ロングトーン少々・月の砂漠全音階移調練習のみ。
 
〇1月16日は姉の1周忌だ(このところずーっとどのような1周忌にしようかと気にして念仏していた)。
今日フルートをしていた時「私がお勤めするのではなく、本山(東本願寺)へ行き申し経を勤めていただこう。」と突然ひらめいた。
フルート練習しつつ、15日の京都宿泊の予約をした。「坊守と、15日午後出発16日本山でお参りし夕方まで帰ろう。」と念仏イメージした。
 
〇今日の言葉
何事にもあれ、いよいよそれを行おうと思いたつ心になるまでには、よくよく因縁の熟せることに依るであろう。「思いたった」が吉日というのはこのことである。この思いたつ心を仏法においては発心(ほっしん)といい発菩提心(ほつぼだいしん)という。【(樹徳寺パソコン内保存)金子先生み言葉集18日のページ】
 
〇13の外出 予定
 9時~10時30分 生地方面(法務) 
TOPへ戻る