本文へ移動

住職の念仏実感日記

2020年1月4日(土)

〇今日の念仏所感
〇法務皆無の日。(準法務として、2日受付朱印紙作成、郵送・朱印帳2冊記帳・押印)
〇12月から「フルート(ゴールド)を4年ぶりにオーバーホールしたい。」と思っていたが12月後半法務忙しく行けなかった。
「今日が、良い日だ。」と念仏判断。坊守協力運転で富山の開進堂月忌センターへ行き、受け付けていただいた。扱いが乱雑なので汚くなっているし、キーのバランスも悪くなっているように思う。
「リペアー担当に診てもらいます。どのように修理するかは電話します。」とのことだった。
「どうか、きれいになって戻ってください。快く音が出るようになってきてください。」と念仏しつつ、お預けした。
 
〇今日の言葉
拝めば機械も人間となる。・・・私の知っている人で、もう故人となりましたんですが、彼は、自転車で檀家回りをしておる。帰ってくるときれいに掃除をして「ご苦労であったなあ」というそうであります。
・・・生物でないものを拝むことができないということはいえないんでないでしょうかな。
 そういたしますれば、念仏していけば知識も「智慧」となる。知識のうちに「智慧」を 感ずることができる・・・・
 【(財)真宗大谷派名古屋別院維持財団発行 金子大栄講義録「智慧の念仏」 p44】
〇5の外出 予定
 9時30分~11時 入善方面
TOPへ戻る