本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年8月19日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務   次の4軒の月忌をお勤めしました。
 ①10時 地元3区SU家
 ②11時 入膳13区SU家
 ③15時45分 地元4区HK家
 ④16時30分 地元3区SH家
 
準法務 一昨日(17日)留守中お申込みいただいた福井県の男性用朱印紙を9時30分ごろ作成。コメントを添えて郵送準備をして10時投函しました。
 
温泉入浴 11時 総湯会館 湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ温泉入浴しました。終始、貸し切り状態でした。
 
フルート練習 14時~15時40分と17時~17時45分の2回に分けて、基礎メニュー(70%)とレパートリA23曲B4曲を練習しました。練習が進むにつれて気だるさが取れてくることを念仏実感しました。
 
就寝  21時30分
 
(以上、報告終わり)
 昨日よく動き回ったからか、それとも、昨日お昼のお斎のお酒のせいか、朝から午睡まで、気だるさが残り、ちょっと動くと、少々動悸がすることが気になった。そのような中で身体と念仏対話しつつ、ヤワヤワと昨日の本堂の片づけや二つの月忌、入浴等をした。特に温泉入浴は「入浴短時間・脱衣場ゆったり」に心がけた。
 午睡直後も、気だるかったが、思い切って本堂へ向かい念仏しつつフルートを手にした。はじめはロングトーンも不安定だったがだんだん音が伸びてきて、気分がスッキリしてきた。基礎メニューの終わりごろはすっかり復調を実感した。「身体との念仏対話・フルートのお陰」と念仏しつつ喜んだ。
 
〇今日の言葉 
1、体から発せられるシグナルを的確に捉え、自分なりにコントロールしていくことは、ひとりで生きていくうえでも大切な能力でしょう。・・・「あなたの体のシグナル”身体語”に耳を傾けよう。
【あなたの人生を誰かと比べなくていいp63(五木寛之著 PHP研究所発行)】
 2、体の発する「身体語」を学べば、人は孤独ではありません。考えてみれば、自分の体は生まれてきてから いちばん 長く付き合ってきているつれあいのようなものです。
夜寝る ときに「調子はどうだい?」「 実はこうなんです」などと会話 ができれば理想です。  
  【五木 寛之. なるだけ 医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣 (中経出版) (Kindle の位置No.221-230)】
 
〇20の外出予定
11時 温泉入浴  
13時~17時 入膳
 
 
 
 

2019年8月18日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 今日は、以下のとおり滑川市下梅沢KW家49日法要及び関連仏事で10時から16時(帰寺)までを過ごさせていただいた。
 〇10時 寺内へ同家・ご親戚14名参集の下、49日法要・一分間法話・フルート(千の風になって・なんまんだぶつの子守歌)
 〇12時 富山市水橋 茶寮「かぐら」でお斎
 〇14時 富山市長岡墓地で納骨奉告のお勤め
 〇15時 富山市下梅沢KW家で、仏壇、姉宅から移転安置奉告のお勤め。
KW氏は現在50歳、小学5年から中学時代の5年間宇奈月生活で、私の学習塾生だった。その後富山市へ移転。高校卒業後しばらく社会人だったが一念発起,北信越柔整専門学校を受験、見事一発合格された。受験に際し何か月間か、わざわざ富山から受験勉強に私の塾へ通われた(私は、すっかり忘れていたが、社会人なので夜の塾、帰宅は深夜になられたとのこと)。
これが、深い縁となり、同氏ご祖母・ご尊父そして今回のご母堂葬儀等一連の仏事に携わらせていただくようになった。
今日は、同氏の善意運転で宇奈月~富山を往復、その間、念仏の下、懐かしく40年前をありがたく振り返らせていただいた。
 
準法務 
〇9時台、昨夜宇奈月温泉ホテル宿泊の礪波市ご家族4名ご参詣。ご主人の朱印帳に記帳、押印しました。
〇16時帰寺すると奈良県の女性が待っておられました。「4月30日参詣。朱印紙申し込みました。数日後に心のこもった朱印紙とコメントが届き感激しました。今日はそのお礼が言いたく、佐渡へ行く途中寄りました。」とのこと。嬉しくお話しして、写真も何枚も撮っていただきました。最後は握手してお別れしました。
〇引き続いて新潟県(だったと思う)の男性がご参詣。ご朱印帳に記帳押印しました。
 
フルート練習 9時台にほんの20分ほど、法要でのフルート演奏のリハーサルをしました。
 
温泉入浴  
 
就寝  21時30分
 
(以上、報告終わり)
 〇日中の大半をKW家49日法要・お斎・納骨等の仏事に、ありがたく懐かしくそして楽しく過ごさせていただいた。
 〇夜は、恒例の宇奈月温泉花火大会だった。今年は寺内(マッサージチェア室)で、子供のころから約70年間ほとんど欠かさず観てきたことを念仏回想しつつ楽しんだ。
 〇花火大会イベントの一つとして、公園特設会場でフラダンスがあった。樹徳寺は、フラダンスの皆さんの更衣室・控室として利用していただき、「地域に開かれた寺院」としての願いを果たした。
 
〇今日の言葉 
一期一会(いちごいちえ)の みんなかなしく なつかしく
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p106 一期一会】
 
〇19の外出予定
  10時30分~12時 入膳
  12時台  温泉入浴
 
 
 

2019年8月17日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 16時入膳12区KA家で同家ご、10数名参集の下、尊父の1周忌法要をお勤めしました。お勤め後「法話に代えてサプライズとして、フルートを演奏します。」と前置きし、ふるさと・千の風になって・なんまんだぶつの子守歌を演奏しました。とても皆さんに喜んでいただきました。
 今日の法務はこの1軒だけでした。
 
準法務  15日留守中に1件ご朱印紙申し込みがあり、ようやく9時からご朱印紙・コメント作成し郵送準備をしました。10時45分 総湯会館へ行く途中投函しました。
 
温泉入浴  10時45分、総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワークしつつ、ゆっくりと温泉入浴しました。帰途、会館近隣のお店でかき氷。風呂上がりの汗がすっかり引きました。
 
フルート練習 13時から14時40分分まで、基礎メニュー(80%)と16時からの法要後演奏のリハーサルをしました。
 
就寝  19時
 
(以上、報告終わり)
 〇早朝受信メールの中に、一昨日ご朱印郵送したSY氏からのメールがあった。メールにはご朱印紙受領の挨拶とともに「実は、私は、習志野で葬儀をしていただいたFYの長男です・・・」と書いてあった。「やはり、そうだったのだなあ。」と念仏しつつ喜んだ。
 申し込み書のSYの字を見た途端『もしや、FY氏のご子息では。でも、同姓同名かもしれない。』と思い、コメントにはさり気なく「また、お寄りください」と書き、(ひょっとしたら何か便りが届くかもと)封書の表に私のメールアドレスを書き加えてご朱印紙を郵送したのだった。
 FY氏は私の小中学校の同級生で、無二の親友でもあった。平成26年7月11日習志野市で死去、(ご子息SY氏が、私とFY氏の深い交友を知っておられ、同氏の願いによって)私は12、13日と同所へ行き通夜・葬儀に携わった。
 メール拝読後、さっそくSY氏に返信メール作成に30分以上没頭した。
〇早朝の上記メールの件で興奮したからか、あるいは夏バテが始まったのか、朝食後15時過ぎまで、何をしていても気だるさが続いた、熱っぽさも感じた。
 そのような状態で16時からのKA家法要に臨んだ。お勤めに集中し、フルート演奏しているうちに気分がスッキリしてきた。「お勤めとフルートのお陰だなあ。」と喜び、益々いさみの念仏をした。
 
〇今日の言葉 
我々がいただく称名は、いさみの念仏であります。生きる勇気を頂くような念仏です。如来の本願、われらを救うと信じ、如来の大悲の中に私は生かされていると知った人は嬉しいではないか。【真宗大谷派大阪教区二十四組編集 寺川俊昭師講演録「いさみの念仏」p13】
 
〇18の外出予定
  11時~16時 富山方面【10時自坊で滑川市KW家49日法要後、納骨会食等に富山行き。】
 
 
 

2019年8月16日(金)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
①8時 地元4区SK家月忌をお勤めしました。
②8時40分 地元2区SK家月忌をお勤めしました。
③9時30分 地元3区SH家 お盆のお勤め(結願)をしました。今年も4日間お勤めしました。「もう、50年以上、同家二代に亘って、よく続けさせていただいているなあ。先代様も当代様も毎年丁寧にお参りされ、応対される!なかなかできないことだなあ。」とありがたく念仏回想に耽りました。
今日の法務はこの地元3軒のみ。2時間で終えることができ、「あとは、晩酌まで自分の思うように過ごせるぞ。」と念仏しつつ喜びました。
 
準法務  12日~14日留守中に5件6枚ご朱印紙申し込みがあり、昨日は2件郵送。今日は、念仏しつつ、10時から小一時間かけて残り3件(4枚)を郵送準備作業をしました。11時、温泉入浴に向かう途中投函しました。
 
温泉入浴  11時台、総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワーク(80%)しつつ、久しぶりにのんびりと温泉入浴しました。
 
フルート練習 13時30分から17時20分まで、途中マッサージチェア念仏休憩(20分)をして、正味3.5時間、基礎メニュー(80%)・レパートリA23曲・B12曲を練習しました。十分できた満足感に浸り念仏しました。
 
就寝  19時30分
 
(以上、報告終わり)
 お盆最終日は終日地元生活。しかも、法務は10時で終了。10時台は準法務(ご朱印紙郵送)。あとは、18時晩酌まで、念仏しつつ温泉入浴・フルートを楽しんだ。
 
〇今日の言葉 
たのしみは 人も訪いこず 事もなく 心をいれて 書(ふみ)を見る時(橘曙覧作)
  今日は誰も訪ねてくる様子もないし、とりたててしなければならない用事もない。誰からも邪魔されず精神を集中して書物を読むことが出来そうだ。ああ、こんなときだよ、何ともいえず楽しい気分になるのは。(新井満の自由訳)【新井満著「楽しみは 橘曙覧タチバナアケミ・独楽吟の世界」p53】
【註】今日の私の場合 「書(ふみ)を見る時」でなく「温泉に浸り、フルートする時」だが】
 
〇17の外出予定
  11時台 温泉入浴
  15時15分~17時30分 入膳(法要1軒)
 
 

2019年8月15日(木)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
①8時 地元近隣 NY家で月忌をお勤めしました。
②9時30分 養照寺で入善小学校自卑同窓会追悼法要。養照寺様の助音じょいんを勤めました。この追悼法要は7年ごとに行われています。今回50名弱の会員・ご遺族が参集されました。今日のメイン仏事で、フェーン現象の影響で蒸し暑く、汗だくになりました。「7年後は、お勤めしているのだろうか?多分、していないだろうなあ。」と漠然と念仏イメージしました。
③14時 入膳12区YT家で月忌をお勤めしました。
④16時30分 地元3区SH家お盆のお勤め(三日目)をしました。
 
準法務  12日~14日留守中に5件6枚(12日2件3枚・13日2件2枚・14日1件1枚)ご朱印紙申し込みがありました。6時台にご朱印紙6枚作成。12日1件(1枚)13日1件(1枚)の郵送準備、この分だけ8時30分投函しました。
 
フルート練習 15時10分から約1時間、ロングトーン・月の砂漠の全音階移調練習・レパートリA4曲を練習しました。
 
温泉入浴  17時台、総湯会館湯めどころで、念仏ルーティンワーク(70%)しつつ、短時間温泉入浴し、一日の汗を流し、すっきりさせていただきました。
 
就寝  19時
 
(以上、報告終わり)
 〇台風10号が四国に上陸、中国地方を通過し、各地に被害が出た。富山県はフェーン現象で富山市では37℃を超える猛暑日となった。こちらの方も蒸し暑く、養照寺での入善小学校自卑同窓会追悼法要では準備はゆっくりゆっくりと心がけたがこの準備段階ですでに汗だくになった。しかしお勤めについては、「不思議と気持ちが切り替わり集中できたようだなあ。朗々のお勤めになったことよ。」と念仏しつつ自問自答した。
〇動けばすぐに汗になるので、特に歩行は慌てないように「ナーーー・ムーーー・アーーー・・・」と極ゆっくり念仏牛歩徒歩に心がけた(「こんなにゆっくり歩くのもいいものだなあ。」と、楽しませていただいた。といった方がよいかもしれない)
 
〇今日の言葉 
人生の前半期で50年かけて山の頂をめざしていく。後半生、残りの50年で、ゆっくと下山していく。【宝島社発行 五木寛之著「元気に下山 毎日を愉しむ48のヒント」】
 
〇16の外出予定
  11時台 温泉入浴
  終日 地元生活
 
 
TOPへ戻る