本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年11月20日(水)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①9時30分 入善町東狐RK家で月忌をお勤めしました。
   【私のお勤めCD(昨夜作成)を差し上げました。 思いがけなく、お礼をいただきました。
    このお礼をCDR購入に充てることにしました(夕方アマゾンで注文)。】
 ②10時30分 入善町上田 KY家で三七日をお勤めしました。
 ③11時15分 入善町野中 FA家で三七日をお勤めしました。
 
フルート練習 
①6:40~7:00 ②14:20~17:40  と、二回に分けて練習しました基礎メニュー(80%)・レパートリーA16曲、24日フルート法話予定曲2曲・同デュオ3曲を練習しました。
 
 
温泉入浴  12時 入善での3軒の法務を終えて総湯会館湯めどころで途中下車。念仏ルーティンワークしつつ冷え切った心身を温め、活力をいただきました。
 
(以上、報告終わり) 
朝のフルートは時間が短く、調子が出なかった。(早朝、しかも短時間だから仕方がない!)
しかし、午後の3時間余のフルートは、久しぶりに調子が良かった。
先ず、ロングトーンでは低音から高音までのびやかな音が出てくれた。その調子が、ずーっと持続してどの曲も存分に吹けた。
「今日は良い息遣いだなあ。唾液の出方もいいなあ」「フルートの方も、程良い空気が吹き込まれ、気持ちよく響いてくれるなあ。」「その日その日で口腔も、呼吸も、フルートも調子が違うなものだなああ・・・今日はすべていい調子!」と念仏の下に、口腔、腹筋、フルート・・と楽しく対話した。
 
〇今日の言葉
 1、体から発せられるシグナルを的確に捉え、自分なりにコントロールしていくことは、ひとりで生きていくうえでも大切な能力でしょう。・・・「あなたの体のシグナル”身体語”に耳を傾けよう。
【あなたの人生を誰かと比べなくていいp63(五木寛之著 PHP研究所発行)】
 2、体の発する「身体語」を学べば、人は孤独ではありません。考えてみれば、自分の体は生まれてきてから いちばん 長く付き合ってきているつれあいのようなものです。
夜寝る ときに「調子はどうだい?」「 実はこうなんです」などと会話 ができれば理想です。  
  【五木 寛之. なるだけ 医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣 (中経出版) (Kindle の位置No.221-230)】
 
 
〇21の外出予定
  9時 温泉入浴
  10時30分~12時 入善町上野(月忌)
  12時台   温泉入浴
  
  

2019年11月19日(火)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  
 ①9時 地元4区HK家で月忌をお勤めしました。HK様が善意送迎してくださいました。
 ②10時 地元3区SU家で月忌をお勤めしました。
 ③16時 地元3区SH家で月忌をお勤めしました。
 
準法務  ・9時半、17日申し込みをいただいた横浜市の女性用ご朱印紙作成しました。(10時 投函)
      
フルート練習 
①6:10~7:00 ②13:10~15:20  ③16:15~17:30 と、三回に分けて練習しました。①②で基礎メニュー(80%)・レパートリーA16曲、③で24日フルート法話予定曲2曲・同デュオ3曲を練習しました。
今日も十分にフルート練習できたことを喜び念仏しました。
 
温泉入浴  10時30分 3区SUけの月忌を終え法衣を脱ぎ、そのまま近隣 総湯会館湯めどころへ行きました。念仏ルーティンワークしつつ冷え切った心身を温め、活力をいただきました。
 
(以上、報告終わり) 
今日も地元での念仏生活なので、とても、ゆったり気分で過ごさせていただいた。
明日月忌に赴く入善町東狐RK家から一か月前、「毎朝、仏壇店で買ったお東の勤行CDを流しつつ正信偈をお勤めしていますが、どうもなじめません。樹徳寺さんのお勤めはなじんでいるので合わせやすい。あなたのCDを作ってください。」と頼まれていた。
ずーっと気になっていた。
「今日作らないと、来月になってしまう。」と夕方17時30分から取り掛かった。
Windows メディアプレイヤーで思ったよりスムーズにICレコーダーの音源をCDに書き込むことができた。
上手い下手は別として、私は『①はっきり、②ていねいに、③生き生きと』をモットーにしてお勤めしている。これだけは自信を持って言える。
「このようなお勤めを喜んでいただけるならば、縁ある人に私のCDを聞いていただきたいなあ。」と念仏イメージした。目立ちたがり屋の本性が湧いてきた。
 
〇今日の言葉
(なじむということは、その人にとって名曲だということであります)・・・声明(しょうみょう)の場合も、人それぞれになじんでいるのであります。宗派なら宗派の音色があり、寺には寺の、堂には堂の響きがあります。そういった音色や響きに懐かしさを感じ、そして仏や菩薩やそして故人を偲んでゆくことは、声明(しょうみょう)の大事な要素です。【大蔵出版発行菊村紀彦著「佛教と音楽」p.69】
 
 
〇20の外出予定
  9時~12時 入善・朝日(月忌・七日勤め)
  12時台   温泉入浴
  
  

2019年11月18日(月)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務  今月2回目の法務皆無の日でした。
 
準法務  ・10時半から、留守中申し込み用のご朱印紙を15枚作成しました。
       ・そのうちから3枚を17日受付石川県白山市の方3名(一括)郵送準備をしました。(15時投函)
       ・このような作業中11時頃神奈川県の男性がご参詣されました。ご朱印帳に記帳押印ししばらくお話ししました。
 
フルート練習 
①6:20~7:00 ②13:30~17:30 と、二回に分けて基礎メニュー(80%)・レパートリーA16曲・24日フルート法話予定曲2曲・同デュオ3曲を練習しました。
「じっくり練習できたことを念仏しつつ喜び、フルートを片付けました。
 
温泉入浴  9時30分 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 【8月6日購入の入浴券を昨日で使い果たしました。今日 3万6百円で75枚購入しました。】
 
(以上、報告終わり) 
今日は今月2回目の法務皆無日で、9時半の総湯会館入浴と15時の郵便物投函にポスト行き以外は、自坊生活だった。
24日のフルート法話の準備など計画していたが、早朝、笠原一男著「親鸞の生涯 幸せの一本道」を少し読んだだけだった。
朱印紙作成に思ったより時間を費やし、一日があっという間に過ぎた。
「別に、怠惰に過ごしたわけでもないが。もったいないことよ。」と念仏した。
 
〇今日の言葉
今日を生きる勿体なさ【これに「人間と生まれた有り難さ」 「仏法に遇える忝けなさ」を加えたのが金子先生の幸福三箇条(95歳の色紙から)】
 
 
〇19の外出予定
  11時 温泉入浴
  
  

2019年11月17日(日)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①10時 入膳13区 SU家で四七日をお勤めしました。
②11時30分 富山市豊田東 NT家で月忌をお勤めしました。
今日は2軒でしたが、9時30分自坊を発って、②の後は坊守協力運転で地鉄新黒部駅行き。その後地鉄電車で13時30分に、宇奈月温泉駅に着きました。
4時間かかりました。
 
フルート練習 
①6:00~7:00 ②13:40~17:30 と、二回に分けて基礎メニュー(80%)・24日フルート法話予定曲2曲・同デュオ3曲を練習しました。
 
温泉入浴  地鉄電車の車中で法衣を脱ぎ、総湯会館へ行きました。13時45分 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
(以上、報告終わり) 
今日はバランスの良い法務・フルート・温泉入浴の三本立て念仏生活だったことを喜び念仏をした。
いよいよ、今年最後のフルート法話が1週間後に迫ってきた。
「親鸞聖人を偲ぶ報恩フルート法話のつどい」なので、親鸞聖人とともに歩ませていただいていることを、心新たに深め、喜ぶつどいにしたい。今日はそのことを念仏思索しつつ過ごした。
 
〇今日の言葉
むずかしこの世に生まれ
曲がりくねって流れたが
いつからともなく
親鸞さまといっしょでした
榎本栄一師「煩悩林」ひとりごと
 
 
〇18の外出予定
  9時 温泉入浴
  
  

2019年11月16日(土)

〇今日の念仏所感
(ご本尊への報告)
法 務 
①8時 地元4区 SK家で月忌をお勤めしました。
②8時40分 地元2区 SK家で月忌をお勤めしました。
③10時 入善町東五十里HY家で月忌をお勤めしました。
 
 
フルート練習 
①6:10~7:00 ②13:30~17:30 と、二回に分けて基礎メニュー(80%)・レパートリー16曲、24日フルート法話予定曲3曲・同24日のデュオ3曲を練習しました。
 
温泉入浴  11時台 総湯会館湯めどころで念仏ルーティンワークしつつ心身を温めていただきました。
 
(以上、報告終わり) 
今日の法務(月忌3軒)を10時30分に終え、11時台温泉入浴し、午後はフルート中心に過ごした。
とても能率的な法務・フルート・温泉入浴の三本立て念仏生活となった。
特に、総湯会館は貸し切り状態だったし、午後は来寺の方がなく、4時間もじっくりフルートとのみ対話して過ごした。
「今日は、一人を楽しむ良い日だった。」と念仏しつつ喜んだ。 
 
〇今日の言葉
たのしみは 人も訪いこず 事もなく 心をいれて 書(ふみ)を見る時(橘曙覧作)
  今日は誰も訪ねてくる様子もないし、とりたててしなければならない用事もない。誰からも邪魔されず精神を集中して書物を読むことが出来そうだ。ああ、こんなときだよ、何ともいえず楽しい気分になるのは。(新井満の自由訳)【新井満著「楽しみは 橘曙覧タチバナアケミ・独楽吟の世界」p53】
【註】今日の私の場合 「書(ふみ)を見る時」でなく「温泉に浸り、フルートする時」だが
 
 
〇17の外出予定
  9時30分~13時 入善・富山
  14時 温泉入浴
  
  
TOPへ戻る