本文へ移動

住職の念仏実感日記

序文

私はすべての生活がみ仏のお見守りの下・み仏の願いの中に営まれていることを信じています。
そのことは念仏を申すことによって実感しています。この日記はそのときそのとき念仏をとおしての実感の記録としたいと存じます。
今日の仏教讃歌  なんまんだぶつの子守歌
今日の仏教讃歌  光はみちて
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020年3月28日(土)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
 11時30分 入善町東五十里 FI宅で ご主人HI様の3回忌。
 お勤めし3分間法話、フルート(ふるさと・千の風になって・ナンマンダブツの子守歌)
「このような(新型コロナ不安で)気分が落ち込むとき、歌いましょう、きっと歌声が私たちの気持ちを明るく、シャンとしてくれることでしょう。」と語りかけてからフルートをしました。8名程参集の皆さんが声を出して喜んでくださいました。
 
今日の法務はこの1軒だけでした。
 
〇今日の念仏所感
今日の法務は1軒で午前中で終わった。午後は温泉入浴ととフルート。あっという間に一日が経ってしまった。
 
〇今日の言葉
 「自分にだけ」
 
 いつも 自分にだけきこえてきている
 口のなかの なむあみだぶ
ほのかに 阿弥陀さまのおひかりが
 
 
〇明日外出 予定
  9時~10時30分 黒部市下立(六七日)
  6時~20時30分 朝日町 ひすい野ホール(通夜)
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月27日(金)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
 ①9時30分 入膳8区で 祥月
 ②19時 入膳 養照寺で 3月例会 フルート(真宗宗歌〈フルート〉→正信偈・同朋奉賛和讃→ 恩徳讃〈フルート〉  正味20分
  今日の声明会は20名足らずご出席でした(新型コロナウイルスで自粛された方が多いようでした)
今日はこの2件の法務でした。
 
 
〇今日の念仏所感
今日は月忌1件、養照寺声明会でのお勤め。あとは温泉入浴(1時間)とフルート(5時間)だった。
この頃の深刻な新型ウイルスニュースと自粛ムードで、気分が滅入りがちだが、
お勤めとフルートの音色が気持ちを明るく前向きにしてくださることに「お勤め出来、フルートに没頭出来て、ありがたいことよ。」「もしお勤め・フルートなかりせば・・」と喜びの念仏をした
 
 
〇今日の言葉
 1,浄土は光の世界であると同時に音楽の世界である。  2,涅槃の響きを与えなければ仏教の音楽ではないのです。
【雄山閣出版発行 菊村紀彦編「永遠の親鸞ー金子大栄のことば」仏教と音楽p54】
 
〇明日外出 予定
  10時~12時 入善町東五十里 (3回忌)
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月26日(木)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
 ①9時50分 入善町上田で 祥月
 ②10時45分 黒部市舌山で 月忌
今日はこの2軒の法務でした。
9時20分坊守協力運転で自坊を発ち、帰りは入善タクシーで12時に自坊へ戻りました。
①のYU家ではご夫妻から「いよいよ来月から『フルート法話』が始まりますね。楽しみにしていただきます。」の言葉をいただきました。
「このように待っていて下さる方がおられるのだなあ。」と励まされ、諸仏護念を実感、念仏しました。
 
〇今日の念仏所感
今日は法務2軒が能率的に終わって、時間があったにもかかわらず。フルートは正味2時間足らずだった。
「今日から、フルート法話の案内状送付準備をしよう。」と思っていたが、昨日注文の「ローランドSD/CDレコーダー」がアマゾンから届き梱包解き試用に心奪われた。
結局、モタモタと一日を過ごしてしまった。
 
 
〇今日の言葉
 モタモタ苦にすることはない モタモタやめろは聖道門 モタモタのままが浄土門  モタモタめあてのご名願(みょうがん)モタモタのままナムアミダブツ ナムアミダブツ ナムアミダブツ
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p155 浄土門】 】
 
〇明日外出 予定
  9時~10時30分 入善(月忌)
 18時~20時 養照寺(声明会)
 
 
 
 
 
 

2020年3月25日(水)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
今日は法務・準法務皆無の日でした。
 
〇今日の念仏所感
法務皆無日で午前中温泉入浴・フルート①、午後はフルート②③と、充実した念仏生活をさせていただいた。
その中で次のことを念仏実感した。
1、澄み切った青空とそれに映える後ろ立山連峰に思わず「きれいだなあ!」念仏がほとばしった。
今日の天気を「一円玉天気」と言うことを早朝のラジオで知った。なるほど「一円玉は崩すことはできなあ。夕方まで崩れない天気のことか」と念仏しつつ微笑んだ。
 
2、朝之山が大関に昇進した。伝達式の口上
「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし一生懸命努力します」
次の2点で素晴らしく感じ思わず念仏が込み上げてきた。
 まず、難しい四文字熟語でないので気持ちがスーッと伝わったこと。
 次に、愛と正義が富山商業高校校から取ったとのこと。「この言葉は朝之山の心に沁み込んだ言葉だなあ」と感じ「自分に染み付いた言葉が他人に伝わるのだなあ」と思ったこと。
 
3、オリンピックが約1年延期になったこと。
これに対する多くのコメントに「新型コロナウイルスとの戦争に打ち勝つためにやむを得ない」という言葉があった。
私はこの言葉に不穏な響きを感じてならない。
新型コロナウイルスの蔓延は「私たちが、『大自然の恩恵を忘れていることへの警鐘。』と受け止め日ごろの人間本位の生活をみなすことが迫られている。」と念仏した。
 
 
〇今日の言葉
 念仏とは敬虔感情(けいけんかんじょう・深く敬い慎む心)であり、敬虔感情とは「無限者(如来・大自然)の前に有限者(自分)が自己(如何にしても救われようのない自分)を発見して、自己全体を挙げて無限者に帰依(念仏の救いを信じて頼み、ゆだねる)する心」である。
【金子大栄先生のお言葉】
 
〇明日外出 予定
  9時30分~12時 入善(祥月)→黒部 (月忌)
 
 
 
 
 
 
 

2020年3月24日(火)

〇今日の法務・準法務(=ご本尊への報告事項)
・法務 
 ①8時30分 地元(2区)で 月忌
 ②10時 入膳14区で 月忌
 ③10時30分 入膳17区で 月忌
 ④11時10分 入善町八幡で 月忌
 ⑤13時 地元(3区)で月忌
  
以上5軒の法務(すべて月忌)がありました。5軒とも「はっきり・丁寧・生き生き」とお勤めしました。
 
・準法務
 6時30分 22日申し込みのあった黒部市・魚津市のお二人(女性)宛のご朱印紙作成・9時ごろ投函しました
 
〇今日の念仏所感
 6時30分、(準法務)ご朱印紙作成に始まり、8時30分からは法務に専念。13時30分に終わってホッと安堵の念仏をした。
 その後フルート練習1時間40分楽しんだ。
今日は、その後が忙しかった。
 1、17時、まずデイサービスセンター「あいの風」での運営推進会議に出席(滞りなく理事長挨拶・ホッと念仏)。
 2、19時20分 宇奈月公民館運営審議委員会に20分遅刻で出席し1委員として審議に加わった。
この運営審議委員会が終わったのが20時30分で、自坊まで念仏徒歩だった。
公民館前は急な坂道で、ここ数年膝の痛みで難儀していた。
しかし、今夜はさほど痛くなく、スムーズに坂を下りることができ、とても快調に帰宅できた。
「日ごろ、温泉入浴の度に膝を労いたわている。そのお陰だろうなあ。」と嬉しく、帰寺後両足をさすって「ご苦労掛けているなあ。」と念仏した。
 
 
〇今日の言葉
 ああ 手のご恩 足のご恩 五体をあげて みなご恩  一生お世話になりまする 煩悩熾盛(ぼんのうしじょう)の わたしとて いかいご苦労 かけまする ああ手のご恩 足のご恩
【永田文昌堂発行木村無相著「念仏詩抄」p56 ご恩】
 
〇明日外出 予定
  15時30分~18時30分 黒部 たまのクリニック (法務皆無日)
 
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る